バイデン大統領は10日、G7サミットを前に演説し、ファイザーの新型コロナウイルスのワクチン5億回分を購入し、およそ100か国に提供すると表明しました。

バイデン大統領「私の指示によりアメリカはファイザーのワクチン5億回分購入し、途上国など約100か国に提供する」

バイデン大統領は、今年2億回分、来年3億回分を国際的な枠組み=COVAXを通じて提供し、8月から発送を始めると表明しました。

アメリカ政府高官は、ファイザーから利益を含まない価格で購入することで合意した、としています。

演説には、ファイザーのブーラCEOが同席しました。

バイデン大統領は、「一国が提供する数としては最大だ」とアピールしつつ、「われわれは条件は付けない。見返りを求めたり、圧力をかけたりもしない」として、中国などが進める、いわゆる「ワクチン外交」との違いを強調しました。