G7(=主要7か国)首脳会議は日本時間の11日夜、イギリスで始まります。現地では、アメリカのバイデン大統領とイギリスのジョンソン首相が会談し、両国の共通理念を明記した「新大西洋憲章」を発表するなど、首脳外交が始まっています。

G7首脳会議は、イギリス南西部のコーンウォールで日本時間の11日夜に始まる予定です。

こうした中、すでに現地入りしているアメリカのバイデン大統領とイギリスのジョンソン首相が10日に会談し、民主主義の擁護や公正な貿易システムの構築など、8分野にわたる合意事項をまとめた「新大西洋憲章」を発表しました。

今回のG7サミットでは、経済や軍事面で圧力を強める中国にどう対処していくのかが大きな焦点で、両国としては首脳会議を前に、こうした課題に毅然(きぜん)とした態度で臨む姿勢を強調する狙いがあります。