タイムアップのホイッスルが響いた瞬間、中村敬斗はその場に立ち止まり、腰に手を当ててまっすぐに前を見つめていた。

 12月17日のプレミアリーグ参入戦・三菱養和SCユースvs.富山第一。三菱養和のエース中村敬斗は最前線で何度も仕掛けたが、富山第一の激しいマークの前にゴールを決められないまま、1−4の完敗を味わった。

 中村は今、高校2年生である。普通に考えれば“来年こそ”となるのだが、彼はこの試合を「高校ラストゲーム」と位置づけて臨んだ。

 なぜなら彼は「高3でプロになる」という決断を下したからだ。

 中村は2016年から1年生ストライカーとして注目を集めていた。プリンスリーグ関東ではゴールを量産すると、AFC U-16選手権にも出場してスカウトの動きも激しくなった。そして2017年初めにはガンバ大阪、FC東京、ジェフユナイテッド市原・千葉の練習に参加し、これらクラブ以外にも獲得に向けて水面下で動いていたチームもあった。

「“若い”という言葉に甘えている時ではない」

 環境が変化する中で、彼の中には一貫した将来像があった。

「プロとして海外でプレーをする。これは自分の中で重要なことなんです」

 その目標を達成するためには、人よりも早く経験を積んで、そのステージに早く辿り着かないといけない。当時16歳の彼はすでに“年齢”を気にし始めていたのだ。

「世界だと17、18歳でトップレベルのリーグでプレーして、19、20歳で代表に入ったり、ビッグクラブに入団している。もう“若い”という言葉に甘えている時ではないんです。だからこそ、僕はより早くレベルの高い場所で経験を積みたい」

 中村のプロ志向の強さを感じさせる言葉は、これ以外にもある。

「最初にJクラブの練習に参加した時、あまりのスピードの速さと巧さに衝撃を受けたんです。でも2日目以降は徐々に慣れてきた。そこから練習参加するたびに、刺激や得るものが凄く多くて“こういう高いレベルでやれば、もっと成長できる”と確信が持てたんです」

 自分の考え方は間違いないと感じるとともに、こんな想いも強くなっていた。

「チームをプレミアに上げてからプロに行く。それが自分の責任」

U-17W杯で活躍も、イングランド相手に差を感じた。

 三菱養和は2014年までプレミアリーグEASTに所属していたが、現在はその1カテゴリ下のプリンス関東に在籍し、今年で3年目を迎えていた。

 だからこそ、気持ちよくプロに行くために“置き土産”を残したい。

 決意を胸に秘めた中村は、10月のU-17W杯でも鮮烈な世界デビューを果たした。グループリーグ初戦のホンジュラス戦でハットトリックを達成すると、第3戦のニューカレドニア戦でもゴールを決めた。

 ただ決勝トーナメント初戦、同大会で優勝を遂げるイングランド戦で大きな差を味わった。

 エースのジェイドン・サンチョ(ドルトムント)は不在だったが、技巧派のフィル・フォデン(マンチェスター・シティ)、司令塔のカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)、その他にもリアン・ブリュースター(リヴァプール)やアンヘル・ゴメス(マンチェスター・ユナイテッド)など、将来のイングランドを支えるメンバーが並んだ。

 日本は猛攻に耐えて0−0で90分間を終えたが、PK戦で敗れた。中村も54分に交代を命じられた。

「イングランドはレベルが全然違った。プレー強度が全然違って、日本が引かざるを得なかった。でもイングランドは僕らが引いても、個で剥がしてくる力がある。ピッチで目の当たりにして、本当に世界は凄いと思いました」

W杯という舞台よりも所属チームを優先する衝撃。

 試合以上に衝撃だったのは、サンチョがドルトムントの意向で不在だったことだ。

「U-17とはいえ、W杯という舞台よりも所属チームを優先するという……。正直、僕らからしたら分からない感覚が、凄く違うなと思いました。彼は以前、マンチェスター・シティのユースにいて、中3の頃(サンチョと)対戦した。もちろん当時から飛び抜けてうまかったですが、僕らはそれなりに戦えた。

 でも、サンチョはさらに上のレベルに行ってしまって対戦できなかった。その事実を目の当たりにして、“やっぱり海外では、どんどん上のレベルに引き上げていくというのが当たり前なんだ”と思ったんです。日本はどちらかと言うと“じっくりユースでやってから”という風潮があると思うので、自らの意思で上のレベルの環境に飛び込んでおかないと、自分の状況は変わらないなと」

イングランド、ドイツに単身で渡って練習参加。

 このままでは彼らに突き放される。U-17W杯だけでなく、もっと世界を感じたい。そう思った彼は、11月に単身でヨーロッパに渡り、イングランドのリーズとドイツのシュツットガルトの練習に参加した。

「リーズはフィジカルが強い、典型的なイングランドサッカー。パスを出すより、個で相手の守備網を破壊ししりいうベースですが、その中でも状況判断を意識して、自分の良さを出そうとしました。ただそれ以上にいいイメージでプレーできたのがシュツットガルト。11対11のゲームは出来なかったのですが、6対6などで(浅野)拓磨君やバンジャマンという選手と一緒にやりました。U-17W杯でプロでやっている選手と真っ向からぶつかり合っていたからこそ、物怖じせずに堂々と練習参加できた。そこで自分を出せたと思うし、高いレベルでの経験は自分を成長させてくれると確信しました」

シュツットガルトで浅野拓磨から受けた貴重な助言。

 刺激的な日々を過ごす中で、ヨーロッパと日本代表で活躍する浅野からも貴重なアドバイスを受けた。

「僕が強い海外志向を持っていることを知っていて、移動中や食事の場などで凄く色々な話をしてくれました。僕も“海外で成功するためにはどうしたら良いか?”とか“最終的にはプレミアリーグに行きたいです”など、具体的に話しました。拓磨君には、海外でも当たり負けしないので、どういう風に身体を作っているのかも聞きました。拓磨君は“あまりガッツリ筋肉をつけるのではなく、自分の筋肉バランスを把握して、自分の特徴を生かせるように作って行かないといけない”と細かいアドバイスもしてくれました。本当に良くしてもらいました」

 練習参加中には、日本vs.ブラジルにも足を運んだ。スタンドではフローニンゲンで活躍する堂安律と会い、激励も受けた。

 自分の将来への展望、願望がさらに深めた中、高3でのプロ入りの最終局面を迎えている。まだ正式に決まっていないが、具体的なクラブ名を出す報道があるなど、プロ入りは確実だ。

「僕は10代のうちに海外に行きたい」

 話は冒頭の“高校ラストゲーム”に戻る。中村は立ち上がりからドリブルで相手守備陣、前半だけで3本のシュートを放った。しかし後半早い段階で三菱養和は1−3とリードを奪われ、相手が守備を固めたこともあり、中村は後半シュートゼロに終わった。

 チームメイトに“置き土産”を残すことが出来なかった。彼は無念そうな表情を浮かべながらも、いつものはっきりとした口調でこう語った。

「三菱養和としてラストゲームで、上(プレミア)に上げたかったけど……仕方ないですね。最後まで苦しい試合でした」

 これで彼の三菱養和での日々は終わりを告げ、来年からはプロとしてのサッカー人生がスタートをする。

 改めて中村に「高3でプロ。何を求めている?」と聞いてみた。彼は即座にこう答えた。

「自分の成長曲線を考えると、なるべく早く海外に行きたい。卒業まで待ってJリーグに入って、2年間プレーして海外に行くと“もう20歳”です。20歳って海外サッカーではそこまで若くはない。現にU-17W杯に出ていた海外のトップ選手は、もうユース年代ではプレーしていない。僕は10代のうちに海外に行きたいという思いが強い分、やはりこのタイミングでプロに行かないといけないと思ったんです。もちろん“早く行ったから良し”ではなく、そこで結果を残さないと、意味がないので。自分に厳しく、信念を持ってやっていきたい」

 彼の中でプロ、海外は“憧れの場所”ではなく“辿り着くべき地点”である。

 U-17W杯やヨーロッパでの練習参加を決して“良い経験”という抽象的な表現にせず、強烈な危機感と目的意識を持って。中村敬斗はサッカー人生を逆算して生きている。

文=安藤隆人

photograph by Takahito Ando