近年の甲子園で、大阪桐蔭という学校は別格になった感がある。

 私は最近、少年硬式野球の取材をしているが、大阪のリトルシニアやボーイズ、ヤングの有望な野球少年に「高校はどこへ行きたい?」と聞くと、別の高校の名前をいくつか出すので「大阪桐蔭は?」と聞いたら、「あそこは無理無理」と大きく手を振って全否定したりする。

 大阪桐蔭は全国から選りすぐりの人材が集まる。しかも少数精鋭で部員数は3学年合わせて60数人だから、野球部に入るだけで大変なのだ。

 そして甲子園での応援も別格だ。別に音楽の専門家ではないが、聞こえてくる吹奏楽の音が違う。失礼ながら初出場の高校などと比べると、試合前にアルプススタンドから聞こえる音からして、はっきり差がついていたりする。

 今季、大阪桐蔭は春夏連覇がかかっている。大阪桐蔭は2012年に1度達成しているから2回目となる。これは史上初。

 100回を数える夏の甲子園、90回を数える春の甲子園で「春夏連覇」は7回しかない。育ち盛りの高校生は良くも悪くもどんどん変化していく。どんなに強いチームでも、その強さを1シーズン通して維持するのは至難の業だ。しかもトーナメントは失敗が許されない。

 春夏連覇はよほどの実力差があって、しかも運に恵まれないと難しい。

 7つの春夏連覇の戦績を見ていこう。

<作新学院(栃木)>

1962春2回戦○5−2久賀(山口)
1962春準々△0−0八幡商(滋賀)延長18回引き分け
1962春準々○2−0八幡商(滋賀)
1962春準決勝○3−2松山商(愛媛)延長16回
1962春決勝○1−0日大三(東京)

1962夏1回戦○2−1気仙沼(東北・宮城)延長11回
1962夏2回戦○7−0慶応(神奈川)
1962夏準々○9−2岐阜商(三岐・岐阜)
1962夏準決勝○2−0中京商(愛知)
1962夏決勝○1−0久留米商(福岡)

 戦前は春夏連覇は一度もなし。最初の例は作新学院。大エースの八木沢荘六(のちロッテなど)が春の優勝投手だが、夏前に赤痢にかかったため夏は控え投手の加藤斌(中日)で連覇を果たす。エースが変わって連覇したのはこの一例だけ。

唯一の公立校・箕島には石井毅がいた。

<中京商(愛知)>

1966春1回戦○5−2PL学園(大阪)
1966春2回戦○6−5高鍋(宮崎)
1966春準々○11−2米子東(鳥取)
1966春準決勝○5−4宇部商(山口)延長15回
1966春決勝○1−0土佐(高知)

1966夏1回戦○2−0秋田(西奥羽・秋田)
1966夏2回戦○5−4岡山東商(東中国・岡山)
1966夏準々○4−2桐生(北関東・群馬)
1966夏準決勝○2−1報徳学園(兵庫)
1966夏決勝○3−1松山商(北四国・愛媛)

 エースは加藤英夫(近鉄)。サイドスローの技巧派投手だった。しかしプロでは2勝止まり。

<箕島(和歌山)>

1979春2回戦○10−4下関商(山口)
1979春準々○5−1倉吉北(鳥取)
1979春準決勝○4−3PL学園(大阪)延長10回
1979春決勝○8−7浪商(大阪)

1979夏2回戦○7−3札幌商(南北海道)
1979夏3回戦○4−3星稜(石川)延長18回
1979夏準々○4−1城西(東東京)
1979夏準決勝○3−2横浜商(神奈川)
1979夏決勝○4−3池田(徳島)

 唯一の公立高校の春夏連覇。エース石井毅(西武)は、夏3回戦の星稜戦では延長18回を1人で投げぬいた。

<PL学園(大阪)>

1987春1回戦○3−1西日本短大付(福岡)
1987春2回戦○8−0広島商(広島)
1987春準々○3−2帝京(東京)延長11回
1987春準決勝○8−5東海大甲府(山梨)延長14回
1987春決勝○7−1関東一(東京)

1987夏1回戦○7−2中央(群馬)
1987夏2回戦○7−2九州学院(熊本)
1987夏3回戦○4−0高岡商(富山)
1987夏準々○4−1習志野(千葉)
1987夏準決勝○12−5帝京(東東京)
1987夏決勝○5−2常総学院(茨城)

 PLは3年に野村弘樹(横浜)、橋本清(巨人)、立浪和義(中日)、片岡篤史(日ハム、阪神)、2年に宮本慎也(ヤクルト)らを擁し、先輩のKK(桑田真澄、清原和博)もできなかった春夏連覇を果たした。PLの全国制覇はこの年が最後。

横浜の連覇は松坂の活躍に尽きる。

<横浜(神奈川)>

1998春2回戦○6−2報徳学園(兵庫)
1998春3回戦○3−0東福岡(福岡)
1998春準々○4−0郡山(奈良)
1998春準決勝○3−2PL学園(大阪)
1998春決勝○3−0関大一(大阪)

1998夏1回戦○6−1柳ヶ浦(大分)
1998夏2回戦○6−0鹿児島実(鹿児島)
1998夏3回戦○5−0星稜(石川)
1998夏準々○9−7PL学園(大阪)延長17回
1998夏準決勝○7−6明徳義塾(高知)
1998夏決勝○3−0京都成章(京都)

「怪物」松坂大輔(西武、MLB、ソフトバンク、中日)の活躍に尽きるだろう。春の東福岡戦では村田修一(横浜、巨人)、夏の鹿児島実戦では杉内俊哉(ソフトバンク、巨人)に投げ勝っている。夏の決勝はノーヒットノーラン。

<興南(沖縄)>

2010春1回戦○4−1関西(岡山)
2010春2回戦○7−2智弁和歌山(和歌山)
2010春準々○5−0帝京(東京)
2010春準決勝○10−0大垣日大(岐阜)
2010春決勝○10−5日大三(東京)延長12回

2010夏1回戦○9−0鳴門(徳島)
2010夏2回戦○8−2明徳義塾(高知)
2010夏3回戦○4−1仙台育英(宮城)
2010夏準々○10−3聖光学院(福島)
2010夏準決勝○6−5報徳学園(兵庫)
2010夏決勝○13−1東海大相模(神奈川)

 興南のエースは島袋洋奨(ソフトバンク)、プロ入り後は故障に苦しみ、今は育成選手になっている。

<大阪桐蔭(大阪)>

2012春1回戦○9−2花巻東(岩手)
2012春2回戦○5−3九州学院(熊本)
2012春準々○3−2浦和学院(埼玉)
2012春準決勝○3−1健大高崎(群馬)
2012春決勝○7−3光星学院(青森)

2012夏2回戦○8−2木更津総合(千葉)
2012夏3回戦○6−2済々黌(熊本)
2012夏準々○8−1天理(奈良)
2012夏準決勝○4−0明徳義塾(高知)
2012夏決勝○3−0光星学院(青森)

 藤浪晋太郎(阪神)、森友哉(西武)の凸凹バッテリーの活躍は記憶に新しい。春の1回戦では大谷翔平の花巻東を大差で下している。

 春夏ともに決勝戦の相手は田村龍弘(ロッテ)が中軸に座る光星学院だった。

夏春の連覇は学年が変わるので難易度アップ。

 夏春連覇は、学年が変わるだけに難易度はさらに高くなる。4例しかない。

<広島商(広島)>

1930夏1回戦○14−4浪華商(大阪)
1930夏2回戦○2−1小倉工(北九州・福岡)
1930夏準々○3−1大連商(満州)
1930夏準決勝○4−1和歌山中(紀和・和歌山)
1930夏決勝○8−2諏訪蚕糸(甲信越・長野)

1931春2回戦○4−0坂出商(香川)
1931春準々○3−0松山商(愛媛)
1931春準決勝○10−8八尾中(大阪)
1931春決勝○2−0中京商(愛知)

<中京商(愛知)>

1937夏1回戦○12−1竜山中(朝鮮)
1937夏2回戦○2−1慶応商工(東京)延長11回
1937夏準々○9−0長野商(信越・長野)
1937夏準決勝○3−1海草中(紀和・和歌山)
1937夏決勝○3−1熊本工(南九州・熊本)

1938春2回戦○5−0防府商(山口)
1938春準々○4−0海草中(和歌山)
1938春準決勝○2−0海南中(和歌山)
1938春決勝○1−0東邦商(愛知)

 戦前に2例。1947年までの甲子園は「全国中等学校優勝野球大会」だった。中等学校は5年制で、春夏通じて最大10回甲子園に出場できた。それだけ投手の完成度が高くなった。

 1930-31年の広島商にはエースで4番の灰山元治、のち南海の大監督になった鶴岡一人などがいた。

 1937-38年の中京商は野口二郎(セネタース、阪急など)がエース。春の準々決勝、海草中戦はノーヒットノーラン。

2年連続で大エースが登場した稀有な例も。

 戦後は4例。

<法政二(神奈川)>

1960夏1回戦○14−3御所工(紀和・奈良)
1960夏2回戦○4−0浪商(大阪)
1960夏準々○8−0早稲田実(東京)
1960夏準決勝○6−0鹿島(西九州・佐賀)
1960夏決勝○3−0静岡(静岡)

1961春2回戦○4−1北海(北海道)
1961春準々○3−1浪商(大阪)
1961春準決勝○10−1平安(京都)
1961春決勝○4−0高松商(香川)

 のち巨人V9の先頭打者として活躍した柴田勲がエース。1960年夏2回戦と1961年春準々決勝では「怪童」尾崎行雄(東映)と投げ合い、ともに勝っている。

<池田(徳島)>

1982夏1回戦○5−2静岡(静岡)
1982夏2回戦○4−3日大二(西東京)
1982夏3回戦○5−3都城(宮崎)
1982夏準々○14−2早稲田実(東東京)
1982夏準決勝○4−3東洋大姫路(兵庫)
1982夏決勝○12−2広島商(広島)

1983春1回戦○11−0帝京(東京)
1983春2回戦○10−1岐阜第一(岐阜)
1983春準々○8−0大社(島根)
1983春準決勝○2−1明徳(高知)
1983春決勝○3−0横浜商(神奈川)

 '82年夏は畠山準(南海、大洋)、'83年春は水野雄仁(巨人)と2年続けて大エースが登場し、夏春連覇。こういう例は1例だけ。

 こうしてみていくと、春夏連覇には大エースの存在が不可欠だということがわかる。

 しかし春夏連覇に貢献した投手で、プロ入り後、200勝した投手は野口二郎(237勝)だけ。100勝投手も松坂大輔(112勝)、野村弘樹(101勝)だけ。

 甲子園のマウンドを1人で守り切ることの消耗度の高さを思わずにはいられない。

 今年の大阪桐蔭は柿木蓮、根尾昂、横川凱とドラフト候補と目される投手が3人いる。個々の投手への負担は大エース1人の場合よりもかなり軽いだろう。

 史上初の2度目の春夏連覇の可能性はかなり高いのではないか。

文=広尾晃

photograph by Kyodo News