決して忘れることのできない2つの山岳事故を背負った男がいる。プロトレイルランナーの奥宮俊祐(39)だ。

 2017年11月18日、奥宮が大会実行委員長を務め、埼玉県秩父・奥武蔵エリアで行われたトレイルランニングレース「FunTrails100k」で、滑落事故が起きた。制限時間33時間以内に105kmの山道を走るこの大会で、スタートから4時間後の朝9時過ぎ、約15km付近でその事故は発生した。

 滑落場所は、秩父・大持山(1291m)にさしかかる直線的でなだらかな下りの稜線。事故の目撃者は「事故現場までの道のりをゆっくりと進んでいた50代の男性選手が立ち止まった。前屈みになっていた体勢から立ち上がろうとしたとき、後方へ尻餅をつくように倒れ、男性の背面にあった斜面に転落した」と証言した。

 大会本部が110番通報し、県警のヘリコプターが出動して選手を救出したが、残念ながら搬送先の病院で死亡が確認された。

 事故直後、大会本部内では情報が錯綜していたという。当初は「小持山」と「大持山」という2つの山付近で2件の事故が起きたとの見方もあった。事故を受けて大会本部はレース中止を決定、スタッフから中止を告げられた約600名の参加者たちは、状況を把握できず、戸惑いながらも「何か重大な事故が起きたのでは……」と感じていた。

 夕方には事故を報じるニュースが流れた。

調査を進めても原因が確定できない。

 大会実行委員長を務める奥宮はすぐに、地元山岳連盟や大会スタッフの責任者、山岳救助隊関係者で「事故調査委員会」を設置した。滑落現場の検証を行い、選手の近くを走っていたランナーに話を聞き、識者からもできる限りの情報を集めた。なにが原因で、選手は滑落してしまったのかを明らかにしようとした。

 だが、山での事故の宿命か、原因がはっきりとはわからなかったという。奥宮が語る。

「滑落地点を探しに行ったのですが、なかなか見つかりませんでした。可能性がありそうな場所をひとつひとつしらみつぶしにして、ようやく見つかったのですが、道幅もそれほど狭くない場所で、ここだったのかと……。ドクターによれば、心臓や脳などの不調で前屈みになった場合は前方に倒れるらしく、滑落前に後ろに倒れたということは、意識を失った可能性が高いということでした。ただ、原因を確定することはできません」

最優先したのは家族への対応。

 事故発生場所は、大会準備中にスタッフが何度も通った登山道だった。大会前に100kmのコース上の危険箇所を洗い出して300枚以上も写真を撮り、一覧にしてスタッフで情報共有していたが、そこには含まれていない場所だった。

 また、亡くなった選手は日頃から慎重で装備もしっかり携え、ランニングも登山経験も豊富だった。大会の舞台となった山域を愛し、トレイルも熟知していたという。

 実行委員長を務める大会で起こってしまった死亡事故。奥宮はなによりも家族への対応を最優先した。

「平日の昼間にご自宅に伺いました。ご霊前に手を合わせていたら、2人の子どもさんが帰ってきて……。たまらなかったですね。こんな小さいお子さんがいたんだと」

 自らも3人の子どもの父親である奥宮は、遺族にどんな言葉をかけていいのかわからずにいた。ご自宅に電話をかける度に、胸が締めつけられるような思いだった。それでも真摯に遺族と向き合ううち、少しずつ事務的な連絡以外のことで、会話できるようになっていく。

 だが一部からは、大会に対して事故の責任を追及する声も挙がっていたという。山のリスクについて理解し、経験も豊富だった選手が事故に遭ってしまったことで、奥宮は大会のあり方そのものを問い、自責の念に駆られていた。

「まずは、とにかく自分たちにできることをしなければと、ひたすら報告書をつくりました。調査してわかった事実と専門家の意見を、包み隠さず書き記していきました。言い訳などしてしまったら、ご家族に対して不誠実だと思ったからです。とにかくやるしかない、そう思っていました」

 当初ひとりで作成していた報告書は70ページにも及んだが、後に奥宮を支えるために大手企業を退職して「FunTrails」に転職してきた仲間が、「これでは正確に伝わらない」とすべて手直ししてくれたという。大会開催から2カ月ほど経った2018年1月、30ページの報告書が完成する。3月には大会HP上でも公開した。

心の距離を縮めてくれた慰霊登山。

 奥宮には、遺族の方々と会話できるきっかけとなった不思議なできごとがあった。事故の後、複数の知人から「亡くなった方の姿が奥宮さんのそばに見える」と言われたのだ。まだ四十九日を迎える前のこと。僧侶に相談したところ、供養のために山で読経を行うのがよいと教えられる。

 当日は選手のご家族や仲間も同行してくれることになった。みんなで山を歩きながら、山の神様に自然の恵みを感謝し、読経をして、食事をしたりおやつを食べたりして1日を過ごした。

「その日から、ご家族と心の距離が近くなったように感じました。お別れの会にも呼んでいただいたんです。男性が所属していたランニングチームの代表からは『僕らは残された家族も支えていくし、奥宮さんのことも支えていくから』と言っていただいて」

大会を成功させることしかない。

 それでも、なかなか立ち直れずにいた。これから先、自分はどう生きていけばいいのか。報告書が完成する頃、あるトレイルランニングのフォーラムで、奥宮は集まった大勢の参加者に事故について報告をし、頭を下げた。

 涙をこらえながら、ひとつひとつの言葉を搾りだすように語る奥宮の姿を見て、会場にいた誰もが事故の重大さと、その事実に真正面から向き合おうとする奥宮の苦悩を知った。

「ようやく大会を続けていこうと決心できたのは、昨年5月頃のことです。多くの方々にご迷惑をかけてしまい、もう大会を開催することも、トレイルランナーであることも辞めようと思っていました。

 でも、仲間やたくさんの方々が支えてくれましたし、ご家族や仲間のみなさんも続けてもいいと言ってくださって。大会をきちんと成功させて、亡くなられた方にも、ご遺族にもちゃんと報告しようと思いました」

地元への貢献は確かに届いていた。

 ではどうしたらいいのか?

 迅速に事故調査委員会を設け、しっかりした報告書をまとめて、今後の対策についても明確にしたことで、開催地の行政や地元の人たちも大会継続を後押ししてくれた。

 それまで後援していた秩父市は、事故直後に市長が「今後は後援を止める」と発表したが、市内の商店街や商工会議所、旅館組合の人たちがこれまで通りのサポートを買って出てくれた。その裏には、第1回目から「地元への貢献」を大会目標のひとつに掲げてきた、奥宮への信頼があった。

「小さなもの1個でも地元で買うように心がけてきました。エイドで提供する食料の調達や簡易トイレのレンタルも全部地元で行ってきました。ドリンクはスポンサーから直接購入することもできるのですが、一度、販売店に卸してもらって購入したり。手間なんですけど、地域に貢献したいという大会創設時からの想いなんです。それを皆さんが汲み取ってくださったのだと思います」

 これまで後援してきた飯能市に加えて、あらたに埼玉県も後援を申し出てくれた。

「驚きました。もしかしたら事故のことを知らないのではと思い、最初に確認したんです。そうしたら『知っています』と。『事故のときにどんな対応をして、その後どういう対策をとったかが大事だから』と仰ってくださいました」

 継続的に環境モニタリング調査を行ってきたことも信頼に繋がったのではないかと奥宮は考えている。全国で市町村が後援するトレイルランの大会は多いが、県が後援する大会は少ない。

「次に何か起きたら絶対に立ち直れない」

「でも、開催するまでは正直、ものすごく怖かったんです。次に何か起きたら、絶対に立ち直れませんから。最大限の安全対策を行っても、事故を100%防ぐことは不可能です。それでも大会として、あらゆる方法を考えるしかない。そのためには選手にも安全への意識を高めてもらう必要がありました」

 山の経験値を高めてもらうために大会の参加条件を厳しくし、選手が提出する「同意書」の内容を精査して「宣誓書」に改め、山のリスクを再認識してもらうよう努めた。事前に野外救急法の講習会を実施し、スタッフに参加してもらった。いずれは選手たちにも広く受講してもらいたいと考えている。

 共通の知識を持ち合わせていれば、何か起こったときに迅速な対応ができるからだ。大会当日には、緊急対策フローをスタッフ全員に配布し、首から提げてもらった。想定される事故レベルを明確にし、現場単位で救助要請の判断ができるようにした。

選手の場所を特定するシステム。

 さらに奥宮には、どうしても実現したいことがあるという。

「現在地を把握するための通信システム“LPWA(Low Power,Wide Area)”を実用化したいと考えています。現状では滑落や遭難事故が起きた際、選手の場所をすぐに確定するのが難しい。そこでLPWA発信器を選手に携行してもらい、常に正確な位置情報が把握できるようにしたいんです。

 1機50万円ほどの設置費がかかるアンテナを誰が設置するかを含め、資金的にも技術的にもまだまだ課題があるのですが、いずれは大会で活用できるようにしたいんです。必要性を感じている人はたくさんいるはずで、僕らこそが、やらなければいけないことだと思っています」

 あらゆる安全策を講じても、不慮の事故は防げない。そんな山における事故への結論に達した上で、それでも命を救うための可能性を追求していく。それが事故を経験した奥宮が導き出した指針だ。

奥宮のライバルも山で命を落とした。

 実は、奥宮は以前記した相馬剛の遭難事故にも関わっている。

 2014年7月、奥宮は相馬の妻・真由美さんから「マッターホルンに登った夫が帰ってこない」と最初に連絡を受けたのだ。スイスで開催されたレース「アイガーウルトラトレイル(101km)」にともに参加し、奥宮が先に帰国。相馬はスイスに残り、登山をしている中での遭難事故だった。真由美さんは、同じトレイルランナーだった奥宮を頼ったのだ。

「真由美さんが最初に自分に連絡してくれたからには、やるしかないと。頼ってくれたんだから、自分が最後まで見なきゃと思ったんです」

 スイスに住む友人に連絡し、懸命に捜索に動いてもらったが、行方はわからなかった。そこから奥宮の国内での奮闘が始まる。後援会をつくり、捜索のため、そして残された家族の生活のために、寄付金を募った。

 根底にあるのは、山への強い思いだ。

 自分も相馬も行動には責任を持ってきた。体力や技量に合わせて装備を整え、山に入り、走り、登ってきたつもりだ。日本山岳ガイド協会認定の登山ガイド(ステージII)の資格も有していた相馬は、トレイルランナーの中でもとりわけ安全意識が高かった。それでも事故に遭ってしまう。奥宮の中である変化があった。

「山でこれまでよりさらに慎重になり、天候などをみて引き返すようになりましたね。無理をしなくなった。自分で登山に行くときも、お客さんを連れてトレイルランツアーをするときも、些細なリスクにより目が向くようになりました」

「山に入ることは自己責任だけど」

 ただ、たったひとつだけ、相馬剛にいいたいことがある。

「山に入ることは自己責任だし、相馬さんの事故も100%自己責任だと思っています。それでも、相馬さんがよくなかったのは、現地の山岳保険に入っていなかったこと。もしものときの捜索、救助には莫大な費用がかかるので、それは最低限やらなければいけないことでした。家族に対する責任を果たしていなかったことが、いちばんダメだったと僕は思います。結果的に、真由美さんが苦労することになったわけじゃないですか。

 でもね、気持ちもわかるんです、相馬さんの。きっと天候を見ながら途中で戻ろうと思っていたんじゃないかな。でも魔が差してしまった。アスリートとしてのスイッチが入ってしまったんですよ、登頂したいという……」

それでも自然に身を委ねたいと願ってしまう。

 主催レースでの死亡事故と、ライバルの遭難事故。2つの事故を通して、奥宮は山が「死」というリスクと常に隣り合わせであることを痛いほど思い知らされたが、「それでもやっぱり、自分は山が好きだ」という。

 自然の中に身を委ねたいと願うのは生物である人間の本能でもあり、トレイルランナーという生き方を選んだ原点でもある、と。

「だからこそ、僕らは起こってしまったことから学ばなければいけない。成長していかなければならないんですよ」

 自然はときに一瞬で人の命を奪う。その命は決して1人のものではなく、家族や仲間、多くの人たちと繋がっている。ひとつの「死」は思わぬ人の人生をも巻き込んでいく。

 だがそれでもなお、自ら選んだ方法で「命を燃やして生き抜きたい」と渇望するのが人間だ。私たちにできること、それは考えることを止めず、とりまく世界を「想像し続けること」なのだろう。


【プロフィール】
奥宮 俊祐 Shunsuke Okunomiya
1979年生まれ。プロトレイルランナー。中高は陸上部に所属し、東海大学で箱根駅伝を目指すが夢は叶わず。卒業後、パン職人を経て自衛隊に。2010年に自衛隊を退職し、IT企業で福利厚生の仕事をしながら本格的にトレイルランニングの世界へ。2015年にFunTrails合同会社を立ち上げ、トレイルランのイベントや講習を実施し、秩父と奥武蔵を舞台にした『FTR100(100km)』など3つのレースを主催する。

文=千葉弓子

photograph by Sho Fujimaki