熱戦が続く令和初の夏の甲子園。そこに高校野球史上最速投手、大船渡・佐々木朗希の姿は見られない。

 甲子園まであと1勝と迫った岩手大会の決勝で、登板はおろか、打者としても出場させなかった国保陽平監督の采配にはいまだに賛否両論が尽きないが、確実に言えるのは、高校野球の長い歴史の中で、これほど故障を避けるよう大切に育てられたスーパーエースはいなかったということだろう。

 高校時代に過去に例を見ない成長過程を送った投手として、これからの佐々木投手の成長に大いに注目したい。

「日本野球史上最高の投手になるのでは」との評も、163キロという球速だけでなく、190センチを超えてなお成長する類まれな体格、ダイナミックかつ美しい投球フォーム、そして多様な鋭い変化球を操る野球センスの良さを見れば、決して過剰な期待でないのは明らかだからだ。

大谷、ダルビッシュ、田中ら現役投手を超えるか?

 そうはいっても、「史上最高」となれば、ハードルはとてつもなく高い。

 大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大といった現役の大投手のみならず、歴史上の名投手をも超えていかなければならないからだ。

 例えば、昭和48年の選抜に、いまなお怪物と呼ばれ続ける伝説的投手が登場した。

 作新学院の江川卓だ。

 私が初めて佐々木の投球フォームを見たときに感じたのは、<江川に似ている>というものだった。

 周囲から頭ひとつ抜けた長身、左足を顔に届くほど高く上げ、そこからスムーズに体重移動していき、力むことなく鞭のように右腕が出ていく。ほとんど全力投球せず、8割程度の力で投げているように見えるのも共通だった。

 では、高校時代で比較して、江川と佐々木、どちらが優れているだろうか。

バットに当てることすらできない投手!?

 江川は、3年の春と夏の2度甲子園に出場している。その際の日本中の注目と熱狂は、私の知る限り、甲子園史上最高のものだった。

 栃木県に規格外の投手がいる。点をとることはおろか、バットに当てるのすら至難の業で、三振の山を築いている——。その噂は野球ファンの間に流れてはいたが、令和の現代のように、テレビやネットで簡単に実際の投球を見ることはできなかった。

 多くの人がその目で怪物・江川を目撃するには、昭和48年、作新学院3年になった江川が春の選抜にたどり着くのを待たねばならなかった。

36イニング連続ノーヒットノーラン。

 春の選抜初出場に至る江川の高校2年の夏から秋にかけての成績は、ほとんど信じられないものだ。

 まず、夏の甲子園を目指す栃木県予選。2回戦から登場して、この試合でノーヒットノーラン、中1日置いた3回戦は完全試合、そこから中2日の準々決勝もノーヒットノーラン。連戦となる準決勝にも先発して、9回までノーヒットノーラン。なんと、大会が始まってから準決勝の9回まで、36イニング連続ノーヒットノーランである。

 真夏の7日間に4試合を投げ抜いてきた疲労もある中で、1本のヒットも打たれないなど常識では考えられない。

 どんな剛球でも前に飛ばないわけではない。前に飛びさえすれば、当たり損ねの内野安打や、内野の頭をふらふらと超えるテキサスヒットくらい普通は出るものだ。

 それすら皆無だったのは、江川の投球が打者を圧倒し尽くし、まともな打球がほとんど飛ばなかったことを意味する。

 もし、貧打の作新学院打線が、この準決勝の9回までに1点でも取っていれば、この夏の江川は初戦から4試合連続ノーヒットノーランで決勝進出という空前絶後の記録を作っていたのだ。

 結局、味方打線の援護がないまま延長11回にヒットのランナーをスクイズで返され、0−1のサヨナラ負け。さすがの怪物も38イニング目で力尽き、甲子園には届かなかった。

 因みに、この大会で江川が奪った三振は、37回2/3を投げて61個、奪三振率14.6。アウトの半分以上が三振だった。

日本中が“怪物”江川に熱狂した!

 夏が終わり、新チームになった作新学院は、秋季栃木県大会で優勝。

 その後出場した関東大会でも優勝して、ついに選抜出場を果たすのだが、最上級生となった江川は、この2つの大会の全7試合に先発。53イニングを投げて当然のように無失点、被安打12。奪った三振94、奪三振率15.9の圧倒的な成績をおさめた。

 秋に新チームがスタートしてから翌年春まで、練習試合を含めて110回連続無失点の快記録と三振の山をひっさげ、昭和48年春の選抜に、ついに“昭和の怪物”が初登場したのだから、日本中が江川とはどんな投手なのか、どのくらい速い球を投げるのか、甲子園の打者ならバットに当てられるのか、点を取るチームが現れるのかと、甲子園の話題は江川一色になった。

昭和48年春の選抜、遂に“怪物”登場!

 第45回選抜大会の開会式直後の第1試合に登場した江川は、本人曰く「試合では普通は全力では投げないが、甲子園は初めてなので、最初は全力で投げた。6回くらいに様子がわかったので、そこからは味方の守備練習もあるので少し抜いた」と、初回から飛ばした。

 チーム打率.336と出場30チーム中最高の打棒を誇る北陽高校を相手に、1番から4番まで1球もバットに触れさせることなく連続三振。5番打者が、この試合の23球目を初めてバットに当ててバックネットにファウルすると、5万5千の超満員のスタンドは大きくどよめき、打者を称える拍手が巻き起こった。

 この試合の4回2死まで、11個のアウトはすべて三振。そこから味方の守備練習のため(?)に少し手を抜いたが、9回にまた力を入れて3者連続三振。結局、19奪三振で大会一の強力打線を苦もなく完封してみせ、想像を超えた怪物ぶりを甲子園に詰めかけた観衆と全国のテレビ視聴者に見せつけたのだった。

 1回戦の快投で更に注目が高まった2回戦では、小倉南を相手に7回1安打無失点、10奪三振。準々決勝・今治西戦は、9回1安打完封、20奪三振と、対戦相手は完全試合、ノーヒットノーランを免れるのがやっとのありさまだった。

投球で圧倒しながら結局敗戦。

 そこから中1日、準決勝で対戦した古豪・広島商業は、甲子園登板4試合目となる江川を更に疲弊させる以外に点を取ることは不可能と割り切り、打者全員がホームベース寄りいっぱいに立って内角球を投げにくくした上で、「1人5球は粘れ」とバットを極端に短くもってファウルを打ち、球数を投げさせる作戦に出た。

 この徹底した待球作戦で、5回までに104球を投げさせられた江川は、5回にテキサスヒットで140イニングぶりの失点を喫し、8回にも意表を突く三盗に焦った味方捕手の悪送球で1失点。結局、8回2安打11奪三振と相手を圧倒しながら、1対2で敗戦を喫した。

 この選抜4試合での奪三振60は、それから46年たったいまも大会最多記録として残っている。まさに江川による歴史的な快投が繰り広げられた選抜だった。

球が一番速かったのは高校1年秋から3年春まで。

 作新学院時代から江川をずっと見てきた人たち、そして江川自身も、高校1年秋から3年春の選抜くらいまでが、その後の大学、プロ野球時代を通じて最も速かったと口を揃える。

 江川の高校時代には、まだスピードガンはなく、巨人に入団してから計測された最速は151キロである。高校時代の江川は、150キロ後半のスピードがあったと言えるだろう。そして、その数字以上に、回転数の多いボールはホップし、バッターの手元で伸びるように見えた。 

 選抜の快投で国民的スターになった江川には、全国各地の強豪校から招待試合の要望が殺到し、週末は遠征が続いた。球場に着けば、どこも人の波である。詰めかけた観客も、対戦相手のチームも、目当ては江川だ。

 土曜日に完投し、日曜日に顔見せのリリーフ登板という強行日程が続き、江川は疲弊した。そして、もともと練習嫌いだった江川は、この時期、走り込みなどの基礎体力の養成を怠った。

 3年夏の栃木県予選で、江川は再び快投を演じる。

 2回戦から決勝戦までの5試合でわずか2安打しか許さず、全試合を完封(3試合がノーヒットノーラン)、75の三振を奪って甲子園に出場するのだが、甲子園の2回戦で対戦して、延長押し出しで江川を破った関東のライバル銚子商業の斉藤一之監督は、この試合中の投球を見て「本調子ではない。肩を痛めたか」と思ったという。

プロ時代の成績は……少々物足りない。

 法政大学に進んだ江川は、東京六大学野球で歴代2位の47勝を上げ、法政の5度の優勝に貢献したが、奪三振が投球回数を上回るシーズンはなく、高校時代の奪三振マシーンから、打たせてとる投手に変わっていた。

 筆者は、この時期の江川と六大学の公式戦で何度か対戦したが、ストレートの球速は140キロ程度だったと思う。スピンのきいたきれいな球筋で、バットに当たらないという恐怖はなく、球質は軽いので、ボールの芯さえ捉えればヒットを打てるという感覚で打席に立っていた(結局、ヒットは打てなかったが)。

 昭和54年に巨人に入団。

 3年目となる昭和56年には、20勝6敗、防御率2.29、奪三振221で、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率、最多完封(7試合)と投手5冠を獲得。巨人をリーグ優勝に導き、最優秀選手にも選ばれている。

 昭和62年までの実働9年間で、135勝72敗 1857回1/3、1366三振、防御率3.02、奪三振率6.62、WHIP1.12。見事な成績とも言えるが、史上最高の高校生投手として、プロ野球でも史上最高の投手になることを嘱望された投手にしては物足りないと言わざるをえない。

大船渡・佐々木投手は江川を超えられるか?

 大船渡・佐々木朗希と作新学院・江川卓、高校時代の怪物ぶりでは、江川に軍配が上がる。では、佐々木は、これから江川を超えて伸びていけるだろうか。

 江川は高校時代に酷使されて、高校3年夏には、春に投げていた球を投げられなくなっていた。

 もともと練習嫌いだった江川は、高校時代は努力せずとも打者を抑えられるので走り込みなどの努力を怠った。遠征が続き、連投を強いられたために、基礎体力を磨く時間がなかったこともある。

 大学2年の時に右肩を疲労骨折し、それ以降肩が本調子になることはなかったと、引退後に本人が語っている。

もし江川があのまま順調に伸びていたら……。

 巨人入団時の投手コーチだった杉下茂は、江川の左肩が早く開き、右腕を振り切らずに押し出すようにしているのを見て、「肩を痛めているのではないか」と思ったという。 

 プロ野球に入ってからは肥満し、下半身が使えず腰高のフォームとなり、ますます腕に頼るフォームに変わっていった。

 江川は、高校3年で球速に関しては成長が止まってしまった。

 その江川に佐々木が勝っているものが、少なくとも3点ある。

 ひとつが、高校時代に国保監督によって故障を起こさぬよう大切に育てられたという点。2つ目が体格。183センチの江川に対して、佐々木は既に190センチで、更に成長しそうだ。3点目が、江川が大学に進んで更なる連投を強いられたのに対して、佐々木がプロ入りを選ぼうとしている点だ。現代のプロ球団であれば、連投を強いられることもないし、科学的な投手育成方法にも精通している。

 高校時代の江川を見た者は誰でも、もし江川があのまま順調に伸びていっていたら、どんな投手になっただろうと夢を見る。

 佐々木投手には、ぜひその夢の続きを見せてほしい。

文=太田俊明

photograph by (L)Kyodo News/(R)Asami Enomoto