進路――。それは誰もが悩むことだ。近い将来のことをまっすぐに考えるか、それともその先のステージを見据えて逆算していくか。十人十色、人それぞれであり、「正解」はその選択した者にしかわからないものである。

 高校サッカーにおいてもそうだ。卒業してすぐにJリーグに進む者もいれば、海外へ渡る者、JFL以下のリーグを経由してプロを志す道もある。

 高校生に多いパターンとして、大学進学を選ぶことが挙げられる。中にはプロからのオファーを受けながらも、近年レベルが高い大学サッカーを自ら選択する高校生も少なくない。今回紹介するのも、その一例だ。

青森山田を苦しめた背番号7の左足。

 静岡学園の優勝で幕を閉じた第98回全国高校サッカー選手権大会。準決勝で高円宮杯プレミアリーグ王者・青森山田と激戦を演じた新潟県代表・帝京長岡は、FW晴山岬(町田ゼルビア)、MF谷内田哲平(京都サンガ)、DF吉田晴稀(愛媛FC)という3人のJリーグ内定選手をそろえていたこともあり、大会前の注目度は高かった。

 その中で、彼ら3人に引けず劣らずの存在感を放っていたのが背番号7・田中克幸だ。精度の高い左足でゲームメイクとフィニッシャーの両方を担ったセントラルMFである。

 青森山田戦、0−2のビハインドで迎えた77分。メッシを彷彿させるような鮮やかなドリブルで次々と堅守・青森山田DF陣を抜き去り、そのまま左足でフィニッシュ。ファインセーブを連発していた相手GK佐藤史騎すらも届かない絶妙なコースにシュートを流し込んだ。

「ボールを運んだ時に最初はパスの選択肢を持っていたのですが、相手に読まれているのがわかったので、さらにドリブルを選択しました。自分の間合いで相手の動きを見ながらコースを辿って、最後は左足を振り抜きました」

 テレビで試合を観戦した方の多くも耳にしたと思うが、田中を紹介する際に「Jリーグのオファーを断って大学に進学する選手」とアナウンスされていた。

 事実、田中のもとにはヴァンフォーレ甲府とファジアーノ岡山という2つのJクラブからオファーがあった。それを断り、春からは大学4冠を達成した明治大学に進学する。

「プロに行くことが目標ではない」

「いろいろなクラブに練習参加して、プロと大学の世界を比較しました。プロで活躍できるかと考えた時、現在の自分の力では厳しいのではないかと思ったんです。4年後、即戦力としてプロに呼ばれる存在になりたいと思ったし、明治大なら自分の課題である守備を鍛えられる。レベルも高く、十分に成長できる環境だと思いました」

 大会後に改めて理由を問うと、より深い思考が見えてきた。

 まず、彼の進路における時系列を振り返る。

 選手権ベスト8に進出した高2の冬、明治大学を含む関東の強豪大学のいくつかとJ2甲府から練習参加の打診が届いた。田中はまず大学の練習に参加し、3月になると甲府の練習に参加。さらに夏休み前にもう一度、甲府に呼ばれ、その直後に岡山の練習に参加した。そして各方面から正式オファーが届き、じっくりと自分に向き合った。

「プロの練習はポゼッションでもミスが少なく、上手い選手ばかりだった。僕に対しても積極的にコミュニケーションをとってくれたことで、雰囲気も良く、楽しくプレーすることができた。

 ただ、僕の中ではプロに行くことが目標ではなくて、その世界でどう活躍するか、どう生き残っていくかが重要でした。プロの世界に飛び込んで鍛えるという考えもありましたが、プロ生活はサッカー以外の時間が長いと感じたんです」

勉強を怠ると、サッカーもダメになる。

 2部練習でない限り、午前や午後に1回練習をしたら、それ以降の時間はフリータイムになるのがJリーガーの日常だ。試合当日もメンバーに入らなければ、残ったメンバーで練習をした後に試合を観戦し、1日が終了となる。

 もちろん自主トレをするなど、サッカーで使う時間はあるが、やはり企業などに勤める社会人と比べると、サッカー以外の時間は長い。その中でセカンドキャリアを考えて行動する選手、大学にも進学して両立する選手もいるが、中にはその時間の過ごし方が分からず、ただ時間を消費してしまう選手がいるのも事実だ。

「自分の性格はどうだ?と考えたときに、まだ弱い部分があると思ったんです。サッカー以外でリラックスできる時間が多すぎて、残りの時間の過ごし方に対する気持ちが薄くなり、楽な方に流されてしまうかもしれない。自分の課題に思い切りぶつかれないのではと思ったんです」

 彼は自分の中にある弱さを認めた。だが同時に、自分の強さも把握していた。

「僕は勉強とサッカーをきちんと色分けできる自信があるんです。小、中学生時代はサッカーばかりで、学力は普通くらいだった。帝京長岡に来た時も、『サッカーでのし上がっていくんだ。高卒でプロになるんだ』と思っていたので、率先して勉強する気はなかったんです。

 でも親に無理を言って寮生活をさせてもらっているのに、サッカー以外の時間で遊んでいたらダメだと思ったんです。それに勉強もしっかりとやらないと、サッカーもダメになると思ったし、大学進学を真剣に考えるようになったことで、より大事だと思うようになったんです。サッカー以外の時間を有意義に過ごすためには文武両道が必要だった。サッカーの時間と勉強の時間を自分の中ではっきりと分けて取り組むようになったら、両方ともうまくいくようになったんです」

帝京長岡のフットサルに憧れて。

 田中は岡山県真庭市出身。中学時代は隣町の津山市にあるFCヴィパルテでプレーしていた。その左足は当時から評価が高く、津山市にある強豪・作陽高校に進む選択肢があった。しかし、彼は県外に出ることを選んだ。

「作陽は家から車で30分、電車で40分くらいでした。でも、自分には寮生活が必要だと思ったんです。いろいろ親にやってもらって甘えてばっかりだったので、サッカーで上に行くなら絶対に自分でやれないといけない。

 それに高校サッカーとフットサルをどちらか一方ではなく、両方やりたかった。中3の時に帝京長岡が夏の全日本U-18フットサル選手権で初優勝をしました。そこから気になって、YouTubeなどで帝京長岡のサッカーを観るようになったんです。テクニカルでパスを繋いで楽しそうなサッカーだし、フットサルもできて、寮生活もできる。僕にとってはすべての条件が揃っているのが帝京長岡だったんです」

 親とヴィパルテの指導者に相談すると、当然、驚かれた。「自分で練習参加を申し込みます」とホームページ上にあった申し込みフォームに入力した。

「コーチは『え、新潟? ちょっと遠くないか?』と驚いていました(笑)。帝京長岡の練習は誰でも申し込みできる状況だったので、Aチームの練習参加の日程を選んで、親が運転する車で8時間くらいかけて長岡に行きました」

いきなり現れた岡山の少年。

 スカウトをしたわけでもなく、いきなり現れた中学生に、帝京長岡の谷口哲朗総監督も驚きを隠せなかったと振り返る。

「いきなり岡山からひょこっとやってきて。それだけで驚いたけど、技術も高くて2度も驚かされました。調べたら作陽と所縁のあるクラブの選手だったので、すぐに野村雅之さん(作陽高校・総監督)に電話をして確認を取ったんです」

 田中はフットサルの優勝メンバーでもあるAチームの選手と混じっても、遜色ない技術を見せた。

「練習参加の時に実際に寮にも泊まりましたし、練習内容も濃く、レベルが高かった。たまたま行った日の練習生は僕1人だったんですが、ここなら成長できると思いました。谷口さんや古沢(徹監督)さんに『フットサルもやりたいです』と言ったら、両方できると言ってもらえたので、やっぱりここしかないと思った」

選択を「正解」にした高校3年間。

 帝京長岡に進んだ当初は、右も左もわからない状態だった。帝京長岡に集まる生徒たちの多くが所属していた長岡JYFCの存在はもちろん、谷内田、晴山、吉田の存在もまったく知らなかったと笑う。

 それでも、自分で自分の将来を考えて選んだ道。3年間という時間を有意義に過ごさないといけないという自覚が芽生えた。それが勉強の重要性に気づくきっかけにもつながった。

 田中はサッカーと勉強、その両方をきっちりとこなしてみせた。成績では普通科クラスで常に5位以内に入り、自身が帝京長岡に憧れを抱くきっかけとなった全日本U-18フットサル選手権でも2大会ぶりの優勝を経験。“本職”のサッカーでは前述した通り、高校2年で選手権ベスト8入り。そして今大会ではベスト4入りを果たした。気づけば、プロから声がかかる選手に成長したのだった。

 4年後、即戦力として胸を張ってプロに進みたい。その思いは相当強い。だが、大学生活だって誘惑は多い。自分を律しないとその目標は達成できないはずだ。

「明治大はサッカーのレベルはもちろん、学力レベルも高いからこそ、両立のやりがいはある。勉強とサッカーできちんと色分けできる自信はありますし、より明確にサッカー、勉強、リラックスする時間と線引きすることができると思っています」

「自分とマッチしているのが明治大だった」

 高卒でプロに進むか、大学を経由してプロに進むか。この答えはすべて選択した者の中にだけある。

 チームメイトの晴山は何が何でも高卒でのプロ入りにこだわり、強豪大学の誘いを断り、オファーを待ち続けて手に入れた。

 偉大な先輩たちに目を向ければ、今年でプロ16年目を迎える梅崎司(湘南ベルマーレ)は、「すぐにプロになって家族を養いたい」という強い思いを抱いて、大分トリニータU-18からのトップ昇格にすべてを懸けた。

 室屋成(FC東京)は青森山田高校時代にJ1クラブから熱烈なオファーを受けながらも、「すぐにプロに行くには課題も多かったし、サッカーだけではない自分の将来を考えた」と田中と同じように明治大学進学を選択した。その後、大学3年までに単位をすべて取得。リオ五輪メンバーの有力候補となったことで、大学に籍を残しながらFC東京とプロ契約し、今や日本代表の常連選手となった。

 それぞれに考え方があり、さらには性格、バックボーンの違いもある。田中はあくまでも、自分に即した決断を下したまでだ。

「自分が求めているものとマッチしているのが明治大だったんです。4年間で自分の課題である守備とフィジカルをもっと身につけて、プロで通用する部分を増やしたい。単位もしっかりと取りたい。サッカー以外の学びも楽しみです。

 将来、自分がどうありたいかを考えることが大事だと思っている。グラフにするとすれば、なるべく右上がりの人生を送れるように。今とこれからを大事にしたい」

 田中克幸の進路の選択には「筋」があった。あとはそれを「正解」に変えていく。どの道を選んでも保証なんてないことは、彼自身が一番よく分かっているのだから。

文=安藤隆人

photograph by Takahito Ando