2019年の秋、埼玉西武ライオンズに三軍が新設された。統括コーチを務めるのは一軍監督の経験もあり、現在、主力となっている中村剛也、栗山巧を育てたことでも有名な田邊徳雄氏だ。三軍が創設されたきっかけについて田邊コーチは語る。

「三軍制をとっている周りのチームに何とか追いついていこうという思いは以前からあったんだと思います。ちょうど球団の施設が新しくなったタイミングで、スタートするにはいい時期だったのではないでしょうか」

 ライオンズは昨年、室内練習場を新築し、二軍の専用グラウンドも現在、改修中である。若手選手を重点的に鍛える環境が整いつつあることが大きなきっかけとなった。

 二軍と三軍を明確に分け、三軍から二軍に上がる際にもチーム内で一定の審査を行うつもりだと田邊コーチは話す。

「自分が今どの位置にいるのか、しっかりと選手に意識させることも重要だと考えました。今は野手は3名、投手が10人ちょっとで、三軍といっても『軍』と呼べるほどの人数はいないのですが、“自分は二軍”、“自分は三軍”と明確に分けることで競争意識を持ってほしいという思いもあります」

二軍・松井稼頭央監督と連携しながら。

 もちろん選手のモチベーションを考えて二軍との行き来は頻繁に行う予定だ。

「まずは二軍の選手の実力までレベルを上げていくことが最優先です。かつ二軍に上がったときに二軍の選手と対等、もしくはそれ以上に争える力をつけてあげたいという思いでいます。育成選手の場合、登録の期間が限られていますから、その限られた時間の中、1日でも早く支配下に押し上げたいという気持ちでやっています。それが三軍のひとつの役割だと思っています」(田邊コーチ)

 二軍の松井稼頭央監督とも連携を取り、三軍選手を試合に帯同する際には、ある一定期間は試合で使うことを決めているという。

「松井監督やコーチ陣から、こういうところを鍛えてほしいというリクエストはもちろんあります。まずはそこをなんとか補うこと。かつ、それぞれの選手のいいところを伸ばすという方針は変わりません。ライオンズにはインパクトが強く、振りのはやい選手が多いので、そこはぶれずに強化していきたいと思っています」

若手育成に定評ある青木コーチ。

 一方、三軍の投手陣を任されるのは2000年から'06年まで西武に在籍した青木勇人コーチだ。青木コーチは広島で引退したあとコーチとなり、広島東洋カープでも三軍コーチとして若手の育成に力を注いできた。その手腕を買われて、ライオンズに復帰した。

「現在のライオンズは、もちろんパ・リーグで連覇している、いいチームです。ただし若い選手が多いですね。その若手の底上げをしてほしいと言われてコーチ就任のお話をいただきました。去年の秋のキャンプから見ていますが、将来有望な選手が多い印象です」

 広島の三軍コーチ時代に培った「体力をつける」方法を選手には伝えていきたいと話す。

「僕自身が現役時代、故障が多く自分の持っている力を発揮できないことが多かった。選手に同じ思いをしてほしくないという一心で取り組んでいます。まずは技術よりも、技術を覚えるための体作りを念頭に置いています」

「長い目で見た育成」

 全体の練習時間を100%とすると、その中の60〜70%を体作りのための基礎練習に割り当てている。しかも、目標設定も驚くほど遠い。

「三軍の投手でいえば、シーズン中ではなく、秋のフェニックス・リーグで投げることに照準を合わせるくらいのつもりでいます。それくらい、時間をかけるイメージですね。『フェニックス・リーグで周りを驚かせるようなボールを投げよう』ということを広島時代は目指していました」

 一見、遠く見える目標だが、それが「長い目で見た育成」につながるという。

「広島にいたときは、ほぼ1年間、キャンプ中のようなメニューで練習したこともあって、それはライオンズでも生かせると思っています。当然、そればかりでは選手も目標を見据えづらいと思いますので、何度かは二軍の試合にも出場するのですが、まずは〇月〇日に投げるという目標を設定し、その後、その中でできたこと、できなかったことの洗い出しをします。できなかったのは何かが足りないからです。その課題を見つけて鍛えていこうということを話しました」

 課題は選手によってさまざまで、先発タイプであれば長いイニングスを投げるための体力や技術、中継ぎタイプであればウィニングショットの習得など、選手ごとにそれぞれの目標を掲げる。その上で、秋の教育リーグ(フェニックス・リーグ)を最終目標として育成する。目先の結果に惑わされず、選手が自分の目標を貫ける環境を作るのが目的だ。

成果が見え始めた“2m”右腕。

 すでに成果が見えている投手もいる。入団2年目を迎える大窪士夢(おおくぼ・じゆ)だ。大窪は身長198㎝の大型投手。背番号126を付ける育成選手である。

「大窪は2m近い大きな体を使いこなせていませんでした。まずは自分の体を使いこなせる筋力をつけようと昨年の秋から取り組んで、それまではストレートの球速が140kmに満たなかったのですが、今では140km以上を投げられるようになりました。身近な目標をまずはこの半年でクリアできました。140km以上を投げられるようになったら、次はまた新たな課題が見えます。今度は技術も磨いていこうと話をしているところです」

 大窪以外の選手についても、コロナ禍でなかなか思うような練習はできなかったが「自主練習中もラインで動画を送ってもらった」と、選手とのコミュニケーションはしっかりと取れている。

「もちろん今まで個人で練習をしてきたので、キャンプ時ほど動けていないけれど、選手はそれぞれ自分に何が足りないか気づいています。これから少しずつ状態を上げていければいいなと思っています」(青木コーチ)

 6月19日の開幕が決まり、各チームとも全体練習がスタートした。いよいよ三軍の活動も本格的にスタートする。

「長い目で見て、ライオンズの三軍というのはこういうものだという基礎を作っていきたい」(田邊コーチ)

「自分が現役のときに『やっておけばよかったな』思うことを今、選手に求めています。自分と同じ思いはしてほしくない」(青木コーチ)

 ここから大きく育った選手が、一軍のグラウンドにはばたく日を楽しみに待ちたい。

文=市川忍

photograph by Kyodo News