J2のFC町田ゼルビアは2日、今季から加入したU-19日本代表FW晴山岬に、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されたと発表した。

 クラブによると晴山は8月1日、千葉県内でのU-19日本代表トレーニングキャンプに合流した際、代表合宿参加者全員を対象に行われたSmartAmp法、PCR検査などの結果、陽性反応が認められた。

 帝京長岡高校時代に全国高校サッカー選手権などで活躍した晴山は、第6節水戸ホーリーホック戦で先発出場し、公式戦デビューを飾っている19歳の有望株。現在37.2度の発熱があり、病院で療養中としている。

 その他の町田の選手はJリーグが定期的に実施しているPCR検査の結果が判明し、晴山以外の全員が陰性。この検査結果でも晴山は2日に陽性と判明したという。スタッフも含めて体調不良の症状はなく、2日18時30分キックオフのアウェー京都サンガ戦は予定通り開催された。クラブは夕方にオンライン上で大友健寿代表取締役社長が会見に臨み、「今後より一層、感染症の対策を徹底したい」などと語った。

 7月下旬から、J1名古屋グランパスやプロ野球の福岡ソフトバンクホークスの選手から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことでJリーグやプロ野球開催が中止になった。また2日のJ2第9節・大宮アルディージャvs.アビスパ福岡も直前で中止になるなど影響が広がっている。

文=NumberWeb編集部

photograph by FCMZ