空前の大豊作である。

 今季のJリーグで躍動するルーキーたちだ。それも豊かな将来性を感じさせる――といった程度の働きではない。堂々、主力の一角に食い込み、しばしば勝敗の行方を決定づけるような大仕事までやってのけるのだ。

 破竹の進撃が止まらない川崎フロンターレの一翼を担う三笘薫や旗手怜央ら大卒新人の活躍はその象徴だろう。さらに鹿島アントラーズで斬り込み役を演じる荒木遼太郎のような高卒新人も続々と出場機会をつかみ、見事な立ち回りを演じている。もちろん、J1、J2を問わず――だ。

 新人という枠を取り払い、来年の東京五輪で出場資格のある年代(23歳以下の選手)に対象を広げると、実に100人を超える若者たちがリーグ戦のピッチに立っている。今季の新人もその一角を占めているわけだ。

「空前」だけど「想定内」?

 もっとも、こうした現象は「想定内」との見方もある。例年とは異なり、特殊な事情が絡んでいるからだ。過酷な連戦を強いられる過密日程、それに紐づく5人交代制、さらにJ2、J3への降格を見送る――などの特例措置が目覚ましい台頭のトリガー(引き金)になっている。

 未曾有の総力戦ゆえに、若者たちにも出番が回ってきたわけだ。降格のリスクがなく、交代枠も拡大されたことで、人選の幅が広がり、大胆な起用に踏み切るケースも増えている。主力の負傷離脱や海外移籍といった難局に直面したクラブではなおさら、若手を使う必要性が高まった。

 FC東京はその好例だろうか。キャプテンの東慶悟が負傷(右第五中足骨骨折)により長期離脱に追い込まれ、チームの中核を担ってきた橋本拳人と室屋成が今夏、海外クラブへ移籍。そうした苦境から安部柊斗、中村帆高といった大卒新人を筆頭とする若いタレント群が次々と出場機会を得て、めきめき頭角を現してきた。

 当然、チャンスをつかめるかどうかは当人次第。ベンチの期待に沿う働きを見せなければ、ここまで若いタレント群が脚光を浴びることもないわけだ。今季の新人が「大豊作」と呼ばれるのも、それだけの器を備えているからにほかならない。

「最強明治」……大卒新人が輝く理由

 端から即戦力の触れ込みでプロの門をくぐる大卒新人は少なくないが、今季は例年にも増してレベルが高い。とりわけ、昨季の大学タイトルを総なめにした「最強明治」の面々がそうだ。前述したFC東京の中村に加え、横浜FCの瀬古樹とサガン鳥栖の森下龍矢が2月の開幕戦からスタメンに名を連ねていた。いずれも球際の争いに強く、攻守の両面でハードワークし、早々とベンチの信頼をつかんでいる。

 実力もさることながら、連戦で無理が利くあたりも大きな強みだ。そもそも大学時代は2回戦から決勝までの4試合を中1日で消化する真夏の総理大臣杯など、シビアな連戦を勝ち抜いてきた。総じて回復力に秀でた若者の“特権”が存分に生かされてもいる。

 また、近年の大卒新人は高卒でプロ入りしても不思議のない実力を備えた選手が少なくない。当然、進学する理由は選手によってさまざまだが、長く大学サッカーを取材してきたサッカーライターの杉園昌之氏によると、なかなか出場機会を得にくいJクラブよりも大学で実戦経験を増やし、さらには栄養学やコンディショニングを含む自己管理のイロハを習得してプロ入りに備える選手たちが目立って増えてきたという。

 つまりは、自らを即戦力へ仕上げる準備を着々としているわけだ。遠回りに見えて、その実は「急がば回れ」ということかもしれない。大学へ進む若者たちの意識の変化も今般の台頭と無縁ではないのだろう。

高卒組も「ひと昔前の新人とは違う」

 ひと昔前の新人とは違うという意味では、高卒組も同じである。育成事情に明るいサッカージャーナリストの川端暁彦氏は、リーグ戦文化の定着と監督の提示するゲームモデルを理解し、実践する力がプロの世界でプラスに働いているのではないか――という。

 リーグ戦文化の定着とは、2011年から始まった第2種年代(U-18、高校生)の全国規模のリーグ戦(高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ)だ。全国の上位20チームが東西に分かれ、長期にわたりホーム・アンド・アウェー方式のリーグ戦に臨んでいる。さらに全国を9地域に分けた下位リーグ(プリンスリーグ)もあり、週末の試合に備えた準備から移動(アウェー戦)に至るまで、プロに近い環境で育ってきているわけだ。

 また、トレンドを踏まえたゲームモデルの立案と落とし込みを試みる指導者が増えて、基礎技術のみならず、チーム戦術に適応する術を会得した若者たちが軒を連ねつつある。高卒新人はもとより、大卒新人もそうした環境で育ってきたケースが多いわけだ。

 今季は過密日程の影響もあり、日々の練習はリカバリー中心。戦術の落とし込みが難しい状況にあるが、監督のオーダーを消化し、タスクをまっとうする力さえあれば、新人でも使われる。若いタレント群のセンセーショナルな活躍はその証だろう。

 現在の若い世代がいかに高いポテンシャルを秘めているか。特例措置の追い風を受け、その実体が露わになったということかもしれない。おそらく、豊作は今季限りではないのだろう。思い過ごしでなければ――。

(※関連記事より【続きを読む】“空前の当たり年”「Jリーグ最注目ルーキー7人」は誰? 18歳荒木遼太郎、22歳安部柊斗って知ってる?  もぜひご覧ください)

文=北條聡

photograph by J.LEAGUE