「嬉しさを通り越してビックリです。選手たちの成長に惚れ惚れします」

 秋季埼玉大会の準決勝で春日部共栄に3−1で競り勝ち、創部初となる秋季関東大会進出(春は1回)を決めた昌平(しょうへい)高校の黒坂洋介監督は目を細めた。さらに決勝戦でも花咲徳栄高校を相手に金星を挙げるなどして勢いに乗る細田学園高校を6−5で倒し、初めて埼玉の頂点に立った。

 同校は埼玉県杉戸町にある私立校。サッカー部が5年連続でJリーガーを輩出し、2018年には全国高校総体4強。ラグビー部も花園初出場を3年前に決めた。近年は進学実績も右肩上がりで、文武両面で成長を続けている。

17年夏に就任、その前は一般企業に勤務

 そんな機運の中で、硬式野球部の監督に白羽の矢が立ったのがOBの黒坂監督だ。

 前身の東和大昌平高校時代にも監督を務めたことがあり、2017年の夏に再就任した。前身校時代は「僕が胸ぐらを掴まれたこともあった」と言うほどヤンチャな選手たちに手を焼いたこともあったが、今の部員にそんな選手たちは皆無。また、自身も「あの頃は“監督とはこういうものだ”というものがあって威厳を保とうとしていた」と振り返るが、再就任までの間に一般企業で働き、子育てに時間を十分に充てることができて指導観も大きく変わった。

関東大会出場を決めた昌平ナイン ©︎Yu Takagi

「息子の少年野球のコーチもしていたので“楽しさを教える”という原点を教えてもらいました」と、再就任後は選手との接し方もくだける時と厳しくする時のメリハリをつけることや、野球の奥深さを教えることに重点を置いてきた。

指導のルーツはシダックス時代の野村克也

 野球の奥深さを教える上で最も影響を受けているのは社会人野球のシダックス時代に指導を受けた故・野村克也監督だ。当時のミーティング内容をまとめた「野村ノート」は今でも読み返し、状況判断や物事の考え方についても「一番教わったのは準備野球。それを孫弟子とも言える選手たちが継承していってくれれば」と話している。

 今夏にはそれが結果としても大きく表れた。埼玉独自大会では快進撃を続けて準優勝。準決勝の浦和学院戦では主将の千田泰智が延長タイブレーク無死一、二塁の状況、ノーサインでグリーンライト(行けたらいつでも行っていい)という決め事の中で三盗を成功させるなど、1年生から共にしてきた選手たちの主体性や黒坂監督との意思疎通が随所に光った。

夏の準優勝を見た1、2年生が継承

 そんな3年生たちの姿を見てきたのが1、2年生たちだ。「特別な年に勝負どころで勝ち切れる強さや隙を突く走塁を継承していきたいです」と岸望樹(みさき)新主将が話せば、秋季県大会準決勝で決勝本塁打を放った古賀智己は「スタンドからでしたが先輩たちがどんな動きや声出しをしているのか観ていました」と財産にしている。

ああああああ古賀 ©︎Yu Takagi

 さらにチームにとって存在感が大きいのは来秋のドラフト候補にも挙がる吉野創士だ。右の強打者として1年生からレギュラーを張り高校通算38本塁打。新型コロナ禍による自粛期間があったことを差し引けば既に相当な数だ。夏の独自大会でも「チームのために必要」と3年生たちから2年生の吉野をメンバー入りさせることが提案され黒坂監督もそれを承諾して3番打者として起用。吉野もまたその期待に応えて3番打者として大活躍した。

大会3日前に練習ストップ、なぜ?

 しかし秋季県大会初戦の3日前、黒坂監督は吉野がきっかけで一度練習を止めた。群を抜く実力を持つ吉野に対して周囲が遠慮しているのか、厳しいことを言うべき場面で言えていなかった。シダックス時代にあった「大の大人が勝ってみんなで泣く」というような一体感が欠如していたことを見逃すことはできなかった。そのため選手たちだけでミーティングをさせ、チームは意見をぶつけ合いながら結束を強めた。

来秋のドラフト候補にも挙げられる吉野創士 ©︎Yu Takagi

 秋季県大会では吉野がその実力を発揮するだけでなく、春夏と大会未経験の選手たちが躍動。高い走塁意識やあらゆる場面での想定や準備、田村廉・吉川優一朗・川島新大の投手三本柱や二塁手・寺山太陽の好守が光った。夏は1年生から出場を続ける3年生たちが主力であったが、経験の少ない1、2年生たちも、こうして「昌平野球」をしっかりと継承している。

 黒坂監督が「厳しい練習に耐えることができる」「ロースコアでも粘っていける」と評すこのチーム。春夏通じて初の甲子園出場というさらに新たな歴史を刻むべく、24日から始まる関東大会に万全の準備で臨む。初戦は25日の鎌倉学園高校(神奈川県)戦だ。

文=高木遊

photograph by Yu Takagi