2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第5位は、こちら!(初公開日 2020年10月8日)。

 先日、オリックスと楽天の試合を見ていたら牧田和久が出てきて見事なセットアッパーぶりを見せた。この試合では浅村栄斗も打点を稼いだ。

「そういえばこないだ、涌井の快投も見たな」

 はたと思ったのは、これらの選手は数年前まで西武のユニフォームを着ていたということだ。

 MLBに比べれば選手の流動性が低いといわれるNPBだが、それでも多くの選手が移籍している。ファンにしてみれば折に触れて「あの選手がいれば」と思うこともあるだろう。

 そこで12球団の「流出した、2020年時点での現役選手たち」をリストアップしてみた。なお、最初に所属した球団に限定しており、出戻り選手は含まない。選手には「FA移籍=FA」「人的補償=人的」「海外FA=海F」「ポスティング移籍=PO」「育成」の但し書きをつけている。

 但し書きがない選手はトレード、または譲渡、退団後の移籍だ。流出選手の多い球団順に並べてみた。

巨人が一番多いのはFA以外にトレードも

<巨人 18人>
・投手
村田透(米マイナー→インディアンス→日)、一岡竜司(広/人的)、久保裕也(De→楽)、公文克彦(日)、平良拳太郎(De/人的)、内海哲也(西/人的)、池田駿(楽)、高田萌生(楽)、澤村拓一(ロ)
・捕手
宇佐見真吾(日)、田中貴也(楽)
・内野手
ロペス(De)、中井大介(De)、奥村展征(ヤ/人的)、ビヤヌエバ(日)
・外野手
大田泰示(日)、長野久義(広/人的)、和田恋(楽)

 最も流出した選手が多いのは巨人だ。三軍まであり選手数が多いこともあるが、原監督が再任になってからは積極的に選手をトレードに出している。

 またFA移籍がなくて人的補償が多いのも特徴だ。

 それだけに若手か成績的に全盛期から落ち始めているベテランが多く、働き盛りの主力級の移籍は2014年オフのホセ・ロペスくらいだ。移籍後に花開いた無名選手も散見される。

巨人に次ぐ流出数の球団は……

<日本ハム 16人>
・投手
ダルビッシュ有(レンジャーズ→ドジャース→カブス/PO)、大谷翔平(エンゼルス/PO)、鍵谷陽平(巨)、エスコバー(De)、谷元圭介(中)、増井浩俊(オ/FA)、高梨裕稔(ヤ)、田中豊樹(巨)
・捕手
大野奨太(中/FA)
・内野手
太田賢吾(ヤ)、川島慶三(ヤ→ソ)、レアード(ロ)
・外野手
糸井嘉男(オ→神)、陽岱鋼(巨/FA)、石川慎吾(巨)、岡大海(ロ)

「去る者は追わず」が徹底された球団だ。ダルビッシュ、大谷のポスティング移籍では巨額の入札金を得ている。またFAでの移籍も多い。主力選手でFA権を行使しなかった選手は中田翔、宮西尚生など少数にとどまる。後述する西武と同様、日本ハムは「育成」をチーム強化の主眼に置いている。

楽天は石井GM就任以降、移籍が活発化

<楽天 16人>
・投手
田中将大(ヤンキース/PO)、古川侑利(巨)、濱矢廣大(De)、菊池保則(広)、高梨雄平(巨)、今野龍太(ヤ)、美馬学(ロ/FA)、小野郁(ロ/人的)、ハーマン(ロ)
・捕手
井野卓(巨→ヤ)、嶋基宏(ヤ)
・内野手
三好匠(広)、西田哲朗(ソ)、西巻賢二(ロ)、ウィーラー(巨)
・外野手
八百板卓丸(巨/育成)

 2005年創設の新しいチームであり、最近まで選手の異動は少なかったが2018年シーズン中に石井一久GMが就任してからは活発に選手を動かしている。チームリーダー嶋基宏の移籍は球界を驚かせた。ある意味で「台風の目」的な存在だ。

西武の面々はどうなっている?

<西武 12人>
・投手
涌井秀章(ロ→楽/FA)、岸孝之(楽/FA)、牧田和久(パドレス/PO→楽)、田中靖洋(ロ)、野上亮磨(巨/FA)、菊池雄星(マリナーズ/PO)
・捕手
細川亨(ソ/FA→楽→ロ)、炭谷銀仁朗(巨/FA)
・内野手
中島裕之※現宏之(米マイナー/海F→オ→巨)、浅村栄斗(楽/FA)
・外野手
田代将太郎(ヤ)、秋山翔吾(レッズ/海F)

 西武ファンならずとも、ため息が出る。12人の内FAが6人、海外FAが2人、ポスティングが2人。移籍した選手の顔ぶれだけで立派に優勝争いができるだろう。この顔ぶれよりも前に移籍した松坂大輔は、今年西武に復帰するも、10月6日時点で登板なしである。

 西武は毎年のようにチームの中心選手を失ってきた。それでも昨年まで2年連続でリーグ優勝。「育成力で行く」と腹をくくっていることが見て取れる。

西武のライバル、ソフトバンクは?

<ソフトバンク 12人 ※ダイエー含む>
・投手
藤岡好明(日→De/人的)、山中浩史(ヤ)、スアレス(神)、山田大樹(ヤ)、飯田優也(神→オ)、長谷川宙輝(ヤ)
・捕手
山崎勝己(オ/FA)、山下斐紹(楽)
・内野手
曽根海成(広)、茶谷健太(ロ)
・外野手
立岡宗一郎(巨)、福田秀平(ロ/FA)

 巨人と同様最大級の選手数を誇るが異動は巨人ほどは多くない。長谷川勇也など他球団に行けばレギュラー級の選手が控えにいることもあるだろう。移籍は若手選手が多い。

 2017年11月、育成上がりの甲斐拓也が正捕手として台頭すると同期ドラフト1位捕手の山下斐紹をトレードに出したのが印象的だ。

<中日 11人>
・投手
チェン・ウェイン(オリオールズ→マーリンズ→ロッテ)、中田賢一(ソ/FA→神)、武藤祐太(De)、小川龍也(西)、ガルシア(神)
・捕手
松井雅人(オ)
・内野手
森越祐人(神→西)、吉川大幾(巨)
・外野手
福留孝介(カブス/海F→インディアンス→ホワイトソックス→神)、松井佑介(オ)、モヤ(オ※注:当初同選手が抜けていました、訂正いたします)

 チェンは中日で育ち、MLBでエース級の活躍をしてこの度9年ぶりにロッテで日本復帰。現役最年長、43歳の福留孝介が中日のスター選手だったのは13年も前のことだ。

10人の球団は2つある

<DeNA 10人 ※横浜時代含む>
・投手
桑原謙太朗(オ→神)、福山博之(楽)、チェン・グァンユウ(ロ)、尾仲祐哉(神/人的)、熊原健人(楽)
・捕手
黒羽根利規(日)
・内野手
内川聖一(ソ/FA)、藤田一也(楽)、白崎浩之(オ)
・外野手
筒香嘉智(レイズ/PO)

 10人の球団は2つある。かなり以前に移籍した選手が、しばらくたってからじわじわ活躍しているケースが多い。しかし筒香が海外移籍した翌年に佐野恵太が台頭するなど、このチームも自前での育成が基本だ。

<オリックス 10人>
・投手
松葉貴大(中)、平野佳寿(ダイヤモンドバックス/海F−マリナーズ)、西勇輝(神/FA)、金子千尋※現弌大(日)、小林慶祐(神)、赤間謙(De)
・捕手
伊藤光(De)
・内野手
三ツ俣大樹(中)
・外野手
武田健吾(中)、ロメロ(楽)

 チームの顔として活躍した選手が球団を去るケースが続出しているが、選手育成がそれに追いついていない印象だ。今年のロメロの移籍も痛かった。

榎田、大和、鳥谷らが去った阪神

<阪神 9人>
・投手
榎田大樹(西)、松田遼馬(ソ)、石崎剛(ロ)、竹安大知(オ/人的)、金田和之(オ/人的)、歳内宏明(ヤ)
・内野手
大和(De/FA)、鳥谷敬(ロ)、高濱卓也(ロ)

 FAなどで大物を獲得するが、その割に移籍した現役選手は多くない。この中では攻守で貢献度の高かった大和の移籍が痛かった。歳内は阪神を自由契約になって今年、独立リーグ香川での活躍を経てヤクルトへ。1829日ぶりに勝利を挙げた。

ロッテ、広島、ヤクルト…最少は?

<ロッテ 6人>
・投手
藤岡貴裕(日→巨)、高野圭佑(神)、酒居知史(楽/人的)
・内野手
香月一也(巨)、鈴木大地(楽/FA)
・外野手
デスパイネ(ソ)

 このチームも異動が少ない。2020年、チームの要だった鈴木大地のFA移籍は大きかったが、楽天からは美馬学がFA移籍。実質的なトレードのようになった。

<広島 6人>
・投手
大竹寛(巨/FA)、前田健太(ドジャース/PO→ツインズ)、福井優也(楽)、DJ.ジョンソン(楽)
・外野手
丸佳浩(巨/FA)、下水流昂(楽)

 広島も「去る者は追わず」のチームであり、過去には多くの主力選手がFA移籍した。それでもその穴を生え抜きの選手が埋めてきた歴史がある。2020年開幕の時点では金本知憲、黒田博樹、新井貴浩など移籍した大物が引退したために、現時点での流出選手は少ない。ただ、今後も鈴木誠也などFA移籍の可能性がありそうな主力選手がいる。

<ヤクルト 5人>
・投手
由規(楽)、杉浦稔大(日)、秋吉亮(日)
・内野手
谷内亮太(日)
・外野手
バレンティン(ソ)

 最少の5人はヤクルトだ。ヤクルトは昔から家族的なチームと言われ移籍が少なかった。ストーブリーグでもあまり動きがない。しかし昨オフはバレンティンが移籍、今オフにも山田哲人がFA権を行使するのではないかと言われている。

番外編、近鉄戦士ってどうなってる?

<近鉄 3人>
・投手
岩隈久志(楽→マリナーズ→巨)、近藤一樹(オ→ヤ)
・外野手
坂口智隆(オ→ヤ)

 最後は番外編。消滅した近鉄から移籍した現役選手たちだ。2005年の球界再編を知る選手はもう3人になった。近鉄、楽天、マリナーズでエース級の活躍をした岩隈は巨人移籍後は登板なし。いずれもオリックス、ヤクルトと移籍した近藤と坂口は今もしぶとくプレーしている。

 こうしてみると移籍に積極的なチーム、消極的なチームがくっきりと浮き彫りになる。移籍は悲喜こもごものドラマだが、人材の活性化のためには必要だと感じる。

文=広尾晃

photograph by Nanae Suzuki/Kiichi Matsumoto