全2回の後編(前編/坂本勇人の恩師・金沢成奉が「甲子園に取り憑かれていた」から「補欠を作らない」に変わったワケ)

 青森・光星学院高校(現八戸学院光星高校)時代に坂本勇人(巨人)、田村龍弘(ロッテ)、北條史也(阪神)、明秀日立高校では細川成也(DeNA)や増田陸(巨人)を育成するなど、特に右の強打者育成に定評のある金沢成奉監督には、もう1つの大きな特長がある。それは中学時代に「ヤンチャ」と呼ばれていた選手たちを一人前にする手腕だ。

 前述のプロ野球選手の中でも坂本や田村は「ヤンチャでしたね」と当時を懐かしそうに振り返る。また、かつて高校入学前に少年鑑別所送りになり、強豪校の推薦を取り消された選手を拾って、最終的には主将を任せたこともあるという。

「野球で人生を変えることができる」

 その指導は、金沢監督の実体験に基づいている。貧しかった幼少時代、小学4年の時に交通事故で亡くなった兄の保険金で引っ越した先の向かいにいた住人が、金沢少年と野球を出会わせてくれた。その家の息子が高野山高校で野球をしており、毎回1時間以上かけて応援に行くことが唯一の楽しみだったという。

 後編では、「ヤンチャな少年の育て方」や「令和の高校野球への提言」を金沢監督に熱く語ってもらった。

◇◇◇

 幼い頃の私にとって、(高野山高校野球部の)その人が人生のヒーローとなりました。野球と出会ってから、自分にはヤンチャな部分と野球に対する真面目な部分の二面性を持つようになりました。さらに、野球を通して、常に良き指導者に出会えたことも大きかった。野球がなければ、下手をすれば反社会的な勢力に入っていたかもしれないという思いすら頭をよぎります。だから、その人との出会いがなければ、私の人生は180度変わっていたのです。

 自分自身がそうだったからこそ、神様から与えられた私にとっての「野球」というアイテムで、子どもたちにもっともっと「野球で人生が変わるんだ」ということを教えたい、知らせたい。世の中から認められないような子どもでも、野球で変われるということを体現させたいという思いが強いです。

坂本勇人が野球と出会ってなかったら…

ドラフト1位指名を受けて会見に臨む高校生時代の坂本勇人 ©JIJI PRESS

 今年、2000本安打を達成した坂本勇人ですが、彼が「野球をやっていなかったら」と考えるとゾッとすることもあります。中学時代はヤンチャで、他校から声がかからないほど。でもヤンチャって良い意味でいえば、元気で人間味があるということなんです。

 でも、そのエネルギーがありすぎると、ほとんどの大人がそれを「生意気」「悪い」とレッテルを貼る。無視をしたり、できるだけ触れないようにしたり、おべんちゃらを使ったりする。

 でも僕はそうしない。大事なことは、「本気で子どもに向き合っているか」ということ。坂本が「本気になって向き合ってくれたのは、金沢監督だ」と言ってくれたように、大人がしっかりと子どもを見ていかないとダメだと思います。

「自律」させてから「自立」させる

 私が心がけるているのは、「律するジリツ(自律)」を先に作って、「立つジリツ(自立)」へ移行していくこと。それベストだと思います。ヤンチャな子どもは、大人から反故にされている部分があるから、負けず嫌いだったり、はね返ることがあったりしますが、自分で考える力はあります。

 ただ、それ以前に「人の話を聞く」だとか、「人の言うことを聞く」という「律すること」に不得手な子どもがヤンチャということになる。だから、その順番をはき違えてはいけないと思います。

 かつて少年鑑別所に入ったことで強豪の推薦を取り消されて僕のところに来た子がいました。彼にはまず自律を徹底的に、抑えつけてでもやりました。斜に構えてきたり、なめてきたりしたら、言葉は悪いですが、「大人は怖いんだぞ」「大人をなめていたらひどい目に合わせるぞ」と「大人の怖さ」を知らせることをしました。

「教育」ではなくて、「私と子どものケンカ」みたいなものですよね。魂やエネルギーがないと、ヤンチャな子どもに「自律」を覚えさせることはできません。

 そのために重視したのが「連帯性」です。1つの線引きとして「人に迷惑をかけない」ということがあります。だから彼を正す必要があった時は、彼がしっかりとするまでは、他の選手も走らせたりしました。そうすることで、「お前ひとりの行動で人に迷惑がかかるんだ」と知らせるようにしました。

 エネルギーはもともとあるので、人に対する思いやりや人に迷惑をかけたくないという気持ち、責任を芽生えさせるようにしました。そうしていくうちに、チームを引っ張る主将にふさわしい人間になっていきました。

選手一人ひとりと向き合う金沢監督 ©Yu Takagi

「野球さえ上手ければいいだろう」

 世間にヤンチャな子がそんなにいなくなったこともあり、いまの明秀日立高校にもヤンチャと呼ばれるような生徒はほとんどいません。ただ、真面目に机に座っていても、脳が動いていないために勉強ができないというような子供が以前より増えました。

 それでもヤンチャな子はいますが「ヤンチャな子どもたちは脳と心は動いているから、いざというときに役に立つ」という指導者がいます。確かにそうかもしれません。しかし、「野球さえ上手ければいいだろう」「野球が上手いから目をつぶろう」と言って選手を預かったり、指導したりしている指導者も中にはいますけれど、私はそれを絶対にしません。

 野球だけやらせておけばいいというスタイルは良くないと思います。それは昔から変わっていない考え方で、坂本には「人間性がしっかりと身に付かないと一流にはなれないよ」と言っていました。やはり、人となりが良くなければ一流にはなれません。

「勝利」と「育成」は相反することではない

 光星学院で指導をしていた頃は、ギラギラと寄せ付けないような雰囲気で野球をやっていましたけれど、40歳を超えて(現在54歳)勝ったり負けたりしていく中で、「どうしていくのが良いのだろう」とモヤモヤしていました。それが、今年は明確に見えてきましたし、そういう気持ちで野球をやっていれば、「必ずいつかどこかで日本一になれる」と思えるようになりました。

 勝利と育成は相反することではないということを絶対に見失わないようにしています。「勝ちたい、勝ちたい」と甲子園に取り憑かれていた時には、そのことを徹底させていたかといえば、そうではなかったと思います。

 たとえばバットの置き方、グラウンドの手入れをどうでもいいと思う野球を私はできません。

 まずは「目に見えて動かないもの」を揃えること。次に「目に見えて動くもの」を揃えること。目に見えて動かないものは、バッグや靴やグラブなど。目に見えて動くものは、足を揃えてのランニングや行進です。

 そして最終到着地点は、目に見えなくて動くものをみんなで一つにしていくこと。それは「心」や「考え方」です。そこに至ることを目指しながら、「真の勝利者」ということを、特にコロナ禍を通じて感じましたので、強く訴えています。

仲間の活躍を祈るキャプテンの姿

 ようやく練習ができるようになった当初、(密を避けるため、グラウンドに同時にいられるのは)選手30人、3時間までと制限されていたため、部員を3班や4班に分ける必要がありました。私は計12時間、ずっとグラウンドにいなければいけません。普段はレギュラーを中心に見て、コーチにレギュラー以外を任せっきりになってしまい、「みんなを見られる」ということはなかったので、全員を見られる時間ができて良かったです。

 今でもこの夏の3年生たちのことを話したり、思い出したりすると、泣きそうになります。たとえ良いピッチャーが相手でも、普段試合に出られていない子が、練習の成果で、打ったりするんですよね。私も嬉しいし、3年生全員が喜んでいました。そんな姿は、なかなか見られないものでした。

 またそうした選手が初戦でヒットが出ず、次の試合でなんとかヒットを打たせるために打席が回るよう祈っていたら、私の隣でキャプテンの木下大我がもっと祈っていました。

 なかなかこれまでは味わえていなかった経験でした。監督でいなければいけないのですが、彼らのいちファンであり、仲間となっていました。甲子園で勝った時に、「こいつらと俺は同志だな、仲間だな」と思える瞬間があるのですが、まさにそのような感じを独自大会で経験しましたね。

 そしてそういう経験をずっとしたいです。だからこそ今は練習も完全に2班に分けて、2つのグラウンドに分かれ、全選手が思う存分練習してボールもみんなで拾うようにしています。

「先頭を走れるように」

 ここまで金沢監督の言葉でお伝えしてきたが、この夏の明秀日立は確実に「変化」し、そして「進化」してきた。

 金沢監督が伝えようとするのは、すでに選手たち同士で話し合し、監督の顔色を窺うことよりも、行動が先に目立つようになった、ということ。「見る」と「察して行動する」は大きな違いである。それはミーティングの時間を増やしたことも影響しているが、何より監督自身が「変化」を恐れなかったことに尽きる。「ちょっとした自立心が成長を早めているのではないかと思います」と金沢監督自身も手応えを感じていた。

 また同時に、高校野球もこの夏をきっかけに大きな転換を図るべきとも金沢監督は考える。特にベンチ入り選手を大会中も入れ替えることができるようになれば、さまざまな選手にチャンスを与えることができる。

「(移動費など経費の手当がある)甲子園大会となると厳しいかもしれませんが、自費である地方大会は認めても良いと思います。来年以降もそのように実施するとしたら、最後までやり切る選手たちが増えます」と、どこかで県高野連に提案することも視野に入れているという。

変化を恐れず、「先頭」を走ると誓った金沢監督 ©Yu Takagi

 ただ、いざ試合が始まれば「勝負への執着心を忘れてしまってはいけません」と話すように、これからも全力で勝利を掴み取ろうという姿勢は変わることはない。

「今日ここまで話したことは理想に近い部分があるので、大変だと思いますが、その先頭を走れるようにやっていきたいです」

 この「先頭」という言葉に未だ衰えぬ勝負師としての姿を見た。変わり続ける時代に対応し、名将はさらなる進化と高校野球の発展を目指し、歩みを止めることはない。

【前編はこちら】坂本勇人の恩師・金沢成奉が「甲子園に取り憑かれていた」から「補欠を作らない」に変わったワケ

文=高木遊

photograph by Nanae Suzuki