いよいよ有馬記念(GI、中山競馬場、芝2500メートル)が目前に迫った。ジャパンCではレース前の時点でGI8勝をしていたアーモンドアイに今年の牡牝の無敗の3冠馬、コントレイルとデアリングタクトが激突。3強の下馬評通り、この3頭が上位を独占して幕を下ろした。

 今回の有馬記念には残念ながらその3頭、全てが出走しない。ゆえに一見頂点を欠く1戦に感じてしまうが、改めてメンバーを見直すと決して興をそがれるわけではない事が分かる。先出の3冠馬こそいないものの、近年のGI戦線で主役を張って来た馬達が沢山エントリーしているのだ。

クロノジェネシスが中心になるのは間違いない

 まずはファン投票第1位で、馬券的にも当然上位人気を争いそうなクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。

 昨年の秋華賞(GI)で初GI制覇を達成したが、本当に強くなったのは今年に入ってから。休み明けながら楽勝した京都記念(GII)を皮切りに今年は全て牡馬混合の重賞に出走。先の京都記念の後はいずれもGIの大阪杯、宝塚記念、そして天皇賞(秋)を走りそれぞれ2、1、3着。直前の天皇賞こそアーモンドアイ、フィエールマンに続く3着に敗れたが、春のグランプリである宝塚記念では2着のキセキを6馬身突き放す楽勝ぶり。宝塚記念と有馬記念は似た舞台設定という事もあり、昨年のリスグラシューを始め過去にも多くの馬が両グランプリで好走している。そういった見解からも中心的な存在になるのは間違いないだろう。

 先述のクロノジェネシスに、前走の天皇賞で先着しているのがフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。その天皇賞ではゴール直前に鋭く伸び、クロノジェネシスをかわしたばかりか勝ったアーモンドアイに迫ってみせた。この馬の3回のGI勝ちは菊花賞と2度の天皇賞(春)で、つまりいずれも3000メートル以上。前走の2000メートル戦は明らかに距離不足で、今回、500メートル延長となるのは間違いなく良さそうだ。2度目の年間200勝を達成したC・ルメール騎手は「彼は素晴らしい馬なので自信を持って臨みたい」と力こぶ。大いに期待の出来る1頭だ。

ブラストワンピースとマツリダゴッホの共通点

 ちなみにフィエールマンが昨年の凱旋門賞に挑戦した際、一緒にかの地へ飛んだのがブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)で、この馬も今回出走する。一昨年の有馬記念の覇者ではあるが、今回はそれほど人気にならなそうな点をとっても粒揃いのメンバーである事が分かるだろう。ブラストワンピースの前走は天皇賞(秋)で11着。天皇賞で惨敗した後、ジャパンCをパスして有馬記念に出走し好走した例としてはマツリダゴッホ(2007年、天皇賞15着からの有馬記念で単勝は52.3倍の9番人気だったが見事に優勝)などがある。過去に勝っているだけにこの馬の巻き返しがあるかもしれない。

まだクロノジェネシスとの勝負付けは済んでない

 同じ関東馬のカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)も侮れない。先述の3頭とは違い、この馬の前走はジャパンC。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトという3頭の3冠馬にこそ遅れをとったが、他の馬には先着の4着。最強馬アーモンドアイとの差を考えても、先述のクロノジェネシスやフィエールマンに劣っているとは思えない。実際、対クロノジェネシスについて、管理する国枝調教師は「たまたま相手が得意な道悪になるケースが多いけど、良馬場ならまだ勝負付けは済んでいないと考えています」と力強く語っている。

 昨春のスイートピーS以来、勝ち星からは見放されているものの、オークス、秋華賞、そして昨年のジャパンCでいずれも2着とGI戦線で幾度も好勝負を繰り返してきた実力馬。史上最多の有馬記念4勝を挙げている池添謙一騎手に鞍上を託したのも好材料。同騎手は直前の最終追い切りでも手応えを掴んでおり、またしても大仕事がありそうだ。

 同じジャパンC組からはワールドプレミア(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)も出走する。そのジャパンCは6着だったが、前年の有馬記念以来、11カ月以上ぶりの実戦だった事を思えばむしろよく走っており、手綱を取った武豊騎手も「乗り込み量を考えてもこんなに走れたのはビックリ。やはり潜在能力が高い馬という事なのでしょう」と目をパチクリ。

 昨年は菊花賞勝ち後の有馬記念で3着。フィエールマンにも先着している。今回は叩かれて更に良くなっているだろうし、昨年以上のパフォーマンスを見せてくれる可能性は充分にありそうだ。

侮れないのはラッキーライラック

 ここまで紹介した5頭は全て天皇賞(秋)かジャパンCからの参戦で、過去のデータ的にもこの両レースから来る馬の好走は目立つ。しかし、別路線がまるでダメかと言うとそうでもない。オーストラリアのコックスプレート勝ちから連勝した昨年のリスグラシューはイレギュラーだが、その前年も菊花賞4着のブラストワンピースがこの大一番で巻き返し、初めてGIを制したり、3年前にはエリザベス女王杯で7着だったクイーンズリングが2着に好走したり、5年前の優勝馬ゴールドアクターもアルゼンチン共和国杯(GII)から連勝したりと、意外と別路線組の好走も多い。

 その見解から侮れないのがラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)か。前走のエリザベス女王杯を2年連続で制覇。道悪だった宝塚記念こそクロノジェネシスに敗れたが、大阪杯ではクロノジェネシスやブラストワンピースらをまとめて負かして優勝。ここまでGIを4勝もしている。父オルフェーヴルは有馬記念を2度制しており、新たにコンビを組む福永祐一騎手に懸かる期待は大きい。

チャンスのある馬が多い今回、勝ち馬を当てる近道は

 ラッキーライラックが制したエリザベス女王杯で2、3着だったのがサラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎)とラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)。

 前者は3走前の小倉日経オープンがすごく強い勝ちっぷり。2着に負かしたボッケリーニがその後、重賞(中日新聞杯)を勝っている。前々走の府中牝馬Sも2着に3馬身の差をつける完勝ぶりでエリザベス女王杯の好走をフロック視するのは危険。現在の充実ぶりは軽視出来ない。

 後者は昨年のオークスでカレンブーケドールやクロノジェネシスを撃破し、その時点で4戦4勝。その後、順調に使えない時期もあって勝ち星には恵まれていないが、素質や潜在能力的に大きく劣っているとは思えないので注意したい。

 他ではアルゼンチン共和国杯で強い競馬を披露したオーソリティ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)。ここまでキャリアはまだ6戦のみという事で、過去のデータを元に考慮すれば決して楽ではないだろう。しかし、ここ2走、いずれも地力の要求される東京競馬場の芝2400メートル以上のレースで着差以上の完勝をした点は気にかけておく必要があるだろう。

 こうやってみていくと、チャンスのある馬が沢山いて目移りするが、個人的にはやはり“あの”アーモンドアイとどのくらいの差の競馬が出来たか? をモノサシにするのが、勝ち馬を当てる近道だと考えている。今年最後の大一番、いずれにしても先日のジャパンCに負けないような素晴らしいレースが展開される事を願いたい。

文=平松さとし

photograph by Satoshi Hiramatsu