2020年の総括ともなる全日本選手権が12月25−27日、長野のビッグハットで行われた。

 男子は羽生結弦が5年ぶりに王者を奪還し、宇野昌磨が2位。シニアデビューの鍵山優真も、ショート2位からの銅メダルで存在感を示した。コロナ禍での葛藤、北京五輪への夢、今季の引退、それぞれ悲喜こもごものドラマの詰まった3日間だった。

 男子は、羽生と宇野のトップ2選手が今季初戦。そこに17歳の鍵山がどこまで食らいつくか、という展開が予想された。そして蓋を開けてみれば、羽生の美しさと強さが、全選手にエネルギーを分け与えるような、圧巻の一戦だった。いま振り返れば、羽生の逆境力はこれまで何度も証明済みだったのだ。

地元の仙台で孤独に練習を続けていた

 羽生は昨季の世界選手権がキャンセルとなった後、トロントの拠点から帰国し、地元の仙台で孤独に練習を続けていた。新プログラム2つはリモートで振付をしてもらったものの、細かい振付は自分でやるような状況だった。

「毎日ひとりでコーチ無しで練習していました。悩み始めると負のスパイラルに入りやすいなと思いました」

 励まし合う仲間も、鼓舞してくれるコーチもいない。

「昨季の(2位となった)全日本やグランプリファイナルのこともあり、自分が成長していないんじゃないか、戦えなくなっているんじゃないか、という思いもあって、戦うの疲れたな、と思ったんです。辞めることはいつでも出来るな、と」

 悪い思考は、身体へと現れる。

「トリプルアクセルすら跳べない時期がありました。どん底の時期は、結構長くて、10月終わりくらいまでありました」

「もうちょっと自分のために競技を続けてもいいのかな」

 立ち直るきっかけになったのは、練習の合間に滑った2つのプログラムだった。

「(エキシビションの)『春よ、来い』と、(8〜11歳の頃の)『ロシアより愛を込めて』のプログラムをやった時に、なんだかやっぱりスケートって好きだな、スケートじゃないと自分はすべての感情を出し切る事が出来ないな、だからもうちょっと自分のために競技を続けてもいいのかなって思ったんです」

 戦うためのアドレナリンが出始め、1つずつジャンプを取り戻していく。手探りのなか、11月24日のエントリー期限はやってきた。

「ちょっとでも明るい話題になったら」

「こういう(コロナ禍の)状況のなかで自分が胸張って試合に出るには、コーチを呼ぶべきではないと判断しました」

 ひとりで試合に臨むには不安もあったことだろう。しかし12月24日の公式練習初日に現れた羽生は、完ぺきなジャンプで、関係者を虜にした。回転軸が以前よりもさらに細くなり、すべてのジャンプを軽々と力を入れずに跳ぶのだ。回転を始める時に「ギュッ」から「キュッ」になったというイメージ。それは4回転アクセルを練習してきたことを裏付ける証拠でもあった。ジャンプ練習を見た時は、あくまでも成功率が上がったと感じていたが、その予想は良い意味でフリープログラムを見た時に裏切られることになる。

 まず25日のショートは、楽しさを伝えてくれるものだった。ジェフリー・バトル振付、ロビー・ウィリアムズのロック『Let Me Entertain You』は、観客も一緒にノッていけるナンバーだ。

「最初はピアノ曲を探していましたが、世界の状況を見ているなかで、ちょっとでも明るい話題になったら」という。

足替えシットスピンが「0点」になった

 4回転サルコウとトウループを入れ、パーフェクトの演技ながら、103.53点。110点に近い数字が予想されるなか、失点の原因は、足替えシットスピンが「0点」になったことだった。

 これには、羽生が「レベルを獲るためのスピン」ではなく「観客を盛り上げるためのスピン」として内容を決めていたことに起因していた。

 羽生がトライした足替えシットスピンは、まず、得意とするイリュージョン(上体を下げて、逆立ちのような回転をする)の入り方で華やかに始まる。その後、右足で「足を前に伸ばした難しい姿勢」をふたつ、さらに左足で「足を横」と「足を後ろ」の難しい姿勢を次々と入れる。結果として、音楽の激しいメロディに合わせるように、4つの姿勢変化をする。

 しかし実際には、レベル4を獲得するための特徴は、「難しい入り」と「足を前」と「足を横」と「足を後ろ」の計4つ。右足で2つ目に行った姿勢は必要ないが、羽生はあえて4つの姿勢をいれた。

 羽生はこのロックナンバーで「色々なものを加えて、全部が見所みたいな感じにしたい」と考えていた。イリュージョンも、次々と難しい姿勢を変化させるのも、すべて曲想にあわせた表現であり、見る者を引き込む「カッコ良さ」。レベルを獲るための最低限をこなすのではなく、音楽表現のために「イリュージョン」+「難しい姿勢4つ」という、まるで修行のような難しいスピンにしていたのだ。

 そして、ステップシークエンスに入る前には、観客席に手拍子を誘うシーンがあるため、早めにスピンを終わらせなければならない。本番の高揚感もあり、左足に換えたあとのシット姿勢での回転数が規定に足りず、結果として「0点」となってしまった。

 羽生の振付へのこだわりが生んだ失点と、見所満載の演技。それが新ショートのお披露目だった。

羽生結弦 (C)Naoki Morita/AFLO SPORT

「風が舞い上がるような音の感覚があった」

 そして26日のフリー『天と地と』で、新境地を見せる。

「すごく思い入れのある曲で、聞けばすぐに感情が入ります。自分で選曲して、編曲もかなりバージョンを作って、音自体にも意味が込められています」

 羽生がそう語るフリーは、単にジャンプの成功や高得点を目指すプログラムではなかった。こだわったのは、「音と合うジャンプの配置」だ。昨季は、得点を稼げる連続ジャンプを3つとも演技後半に持ってきていたが、このフリーでは中盤に入れた。理由を、こう説明する。

「プログラム全体をみたときに、前半のトリプルアクセルに連続ジャンプをいれた方が『見た目が良いな』と。琴の音から始まって、風が舞い上がるような音の感覚があったので、トリプルアクセルから両手を挙げる2回転トウループ(の連続ジャンプ)と、その勢いで3回転ループを跳ぶのが、一番『表現としてのジャンプ』になっていると思いました」

「表現として完成できたところ」とは?

 そんな風に考えてジャンプを跳べる選手が、いったい、羽生の他にいるだろうか。彼にしか見いだせていない境地、戦いの美学が詰め込まれていた。羽生の心が、表現のために跳ぶという気持ちだったからだろうか。見ている側も、ジャンプを1つ1つ見守るというよりも、羽生と一緒に戦国時代へ旅をした、というような感覚になる演技だった。

 ジャンプはすべてパーフェクト。フリー215.83点、総合319.36点で、参考記録ながら今季の世界最高得点での優勝だった。

「何よりも、ジャンプを力なく、シームレスに跳べたということが表現として完成できたところです。自分自身も安心して、見ているかたも安心して見られる、自分本来の演技が出来ていると思います。トレーニングしてきたことのやり方は間違っていませんでした。さらにブラッシュアップして、もっと難しいジャンプに挑んでいきたいです」

 上杉謙信公への共感もあって演じるというこのプログラム。どう熟成させていくのか、次の演技が見たくてたまらなくなる4分だった。

「こういう緊張感や、不安を、望んでいたんだな」

 一方、久々の実戦となったのは、宇野も同様だった。スイスを拠点に練習し、エントリーしていたフランス杯や欧州での国際大会は次々と中止になるシーズン前半だった。

「次の試合に向けての練習ではなく、今の自分より良いモノをという気持ちで練習してきました」

 ショートは、冒頭の4回転フリップを美しく決めたが、2本目の4回転トウループで転倒し、予定していたコンビネーションジャンプにすることができなかった。

「皆さんの手拍子もあって『こんな感じが大会だよな』って思って1本目を降りることができて、ヨッシャーって思いました。2本目は、着氷で不安があり制御しきれませんでした」

 ミスが響き3位発進となったが、宇野は終始笑顔だった。

「こういう緊張感や、不安を、望んでいたんだなと思いながら滑りました。すごく楽しかったです。このような状況下で大会を開いて下さった方々、見てくださる方々、本当にありがとうございます」

宇野「ああ僕の目標はここにあったんだ」

 フリーも「楽しさ」は変わらなかった。冒頭の4回転サルコウと4回転フリップを成功。続く4回転トウループが3回転になると、挑戦さえ楽しんだ。

宇野昌磨 (C)Yohei Osada/AFLO SPORT

「あまりに綺麗に3回転を跳んだので、これも何かの縁だと思い、もう一回4回転トウループを跳ぼうと思いました」

 演技後半に4回転トウループを2度入れ、着氷。フリーは190.59点で、総合284.81点での銀メダルとなった。ただし羽生とは、35点近い点差だった。

「羽生選手は、練習で出来ていることを本番でやってのけるのは凄く大変なことなのに、簡単にやってのける。自分の目標となる選手が、すごく偉大な選手なんだというのを痛感して、嬉しくなりました。『ああ僕の目標はここに合ったんだ』と感じられた試合でした」

 そして17歳の鍵山にとっても、新たな経験が詰まった一戦だった。ショートは2種類の4回転を成功する。

「ショートにすべてを賭けようと、集中しました。1本も逃さない気持ちですごく緊張していましたが、落ち着いて滑ることができました」

「190点と聞いた瞬間に、やべえって思いました」

 演技後は、極度の緊張感が解けたことで、急に身体が震えだすほどだった。98.60点の高得点で、2位発進。フリーの滑走順は「宇野の後、羽生の前」という好位置につけた。

 そして翌日のフリー。氷に乗った瞬間、宇野の得点が耳に入った。

「嫌でも点数が聞こえちゃって、190点と聞いた瞬間に、やべえって思いました。去年3位だったので、去年より良い演技がしたいと思いました」

鍵山優真 (C)Naoki Morita/AFLO SPORT

 重圧のなか、冒頭の4回転サルコウを成功。続く4回転トウループがステップアウトになると、2本目の4回転トウループを連続ジャンプにしてリカバリーした。全体でミスは2つあったが、「4回転3本、トリプルアクセル2本」のプログラムを演じ切り、フリー180.19点、総合278.79点での3位。22年の北京五輪へ、確実な一歩となる演技だった。

「去年とは違って、狙っての3位ということに満足しています。やはり、羽生選手、宇野選手の存在はまだ遠いなということを実感しました。一緒に滑ることができて凄く楽しかったですし、刺激になりました」

田中、佐藤、友野、山本、それぞれの北京五輪への道

 北京五輪の出場を目指すトップグループの男子も、渾身の演技を見せた。

 今季、怪我からシーズンをスタートさせた田中刑事は、フリーで4回転サルコウを取り戻し、238.83点で、意地の4位となった。

「(怪我からの)復帰へのステップとして全日本に照準を合わせてきました。もどかしい半年でした。今季はまだ跳ばなかった4回転トウループもありますし、来季は心身共にベストでもう一度戦いたいです」

 来季は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の曲で挑むという。必ずや男子フィギュアに新風を吹かせてくれることだろう。

 また大技の4回転ルッツを持つ佐藤駿にとっては、自らの大技に苦しめられたシーズンだった。全日本選手権では安全策をとり、4回転ルッツを回避したものの、ショートもフリーも、むしろ3回転ルッツでミスがでてしまった。

「来年こそ完成度の高い、ノーミスできる演技を目指します」

 才能溢れる16歳は、今がまさに伸び盛り。来季は、4回転ルッツを武器に怒濤の攻めを見せてくれるはずだ。

「スケート人生で一番の努力をしてきた」

 友野一希は、「スケート人生で一番の努力をしてきた」という仕上がりの良さで、練習での4回転サルコウが絶好調。ところが本番ではミスが出てしまい、223.16点での6位となった。

「努力をすべて棒に振る演技でした。試合で自分の強さを出していけるよう追求していきたいです」と話した。

 西日本選手権で優勝した山本草太も、ショートは6位通過したものの、フリーでは力を出しきれず、総合9位に。

「最終グループに入りたいという気持ちで臨み、念願の最終グループで滑れて幸せな気持ちでした。今季は、怪我や病気がなかったけれど、違う不安や焦りがありました」と振り返った。

 北京五輪へのレースはここから、いくらでも逆転はある。1年後、成長した姿で戦うことをそれぞれが誓った。

日野、本田、涙の引退

 一方で、この全日本選手権がスケート人生最後と決めて臨んだ男達がいた。本田5人兄妹の長男である本田太一は、今回がラスト全日本。ショートはトリプルアクセルを降りて12位で通過し、フリーも力の限りで滑った。

「ショートは実力以上のものがだせた奇跡の演技。引退して社会人になっても、一生忘れないと思います。妹達に何を残せたかな。2日間の僕の演技が全てです。出し尽くせたと思います」と涙をぬぐった。

 本田の次の滑走となった日野龍樹も、「ラスト」のひとり。決めたのはショートで11位となった夜だったという。フリーも最後まで演じきり、11位を飾った。

「夜から今朝にかけて決めました。こんなもんっすよ、辞める時って。12回もこんな試合に出させていただいて光栄でしたし、今年は自分のなかでも満足度の高い全日本でした」

 演技後、リンクサイドに残って演技を見守っていた本田に気づくと、抱き合った2人。涙をぬぐうことなく、スケート人生を讃え合った。

 すべての選手がインタビューのたびに語ったのは、コロナ禍のなか試合を開催・運営してくださった方々への感謝。滑れること、そして演技を通じて感動を伝えることの偉大さを実感する3日間だった。去る者、何かを掴んだ者、失った者、それぞれの涙を胸に、次の一歩へと進んでいった。

文=野口美惠

photograph by Naoki Nishimura/AFLO SPORT