178cm80kg。オリックス・山本由伸は、野球界においてはそこまで体格が大きい方ではない。では、なぜあれだけの豪速球を投げられるのか――。その秘密に迫った「Sports Graphic Number」掲載記事を特別に公開する(全2回の1回目/#2へ続く)。

オリックスのエースナンバーを背負う22歳は、今や球界屈指の存在となった。入団時から彼の成長を支え、間近で見てきた伴走者たちの言葉からは、大いなる目的地への道を猛スピードで駆ける右腕の「秘密」が垣間見えた。
初出:「Sports Graphic Number」2021年3月18日発売号〈若き豪腕に迫る 山本由伸「おっきい理想をこっそりと」/肩書などはすべて当時〉

 どうすればあんな球を投げられるのか。

 まだ表情にあどけなさが残る22歳、山本由伸が、軽快なテンポで繰り出す剛球に、驚きを通り越してため息がもれる。150km台中盤のストレート。150km超のカットボールや140km台後半のフォークなど、多彩な変化球。その成長速度の速さには誰もが目を見張る。

 高卒1年目で一軍初勝利を挙げ、2年目にはリリーフで8回を任された。20歳で迎えた3年目には先発ローテーションに入り、防御率1.95で最優秀防御率のタイトルを獲得。昨年は最多奪三振に輝いた。そして5年目の今年、初めて開幕投手を任される。

 先発かリリーフか、東京五輪での起用法も注目される、日本を代表する投手である。

 急成長の要因はどこにあるのか。山本にその心当たりを聞いた。

「たまたま周りの人に恵まれたというのが、一番の理由かなと思います」

 その「周りの人」の1人が、山本の故郷、岡山県備前市でスポーツ用品店『With Sie』を営む鈴木一平だ。

社会人で7年間プレーした後、家業を継いだ鈴木 ©Bungeishunju

まさかプロ野球選手になるとは

 鈴木と山本の父が少年野球時代の知り合いだった縁で、由伸も小学生の頃、父に連れられて鈴木の店にやってきた。中学生になると、友達と一緒に店を訪れるようになり、鈴木が立ち上げたブランド『Ip select』のグラブを使うようになった。

 中学時代に所属した東岡山ボーイズでは主に二塁手で、たまに投手を務める程度。宮崎県の都城高校に進学する時には、『Ip select』の内野手用と投手用、2つのグラブを持っていった。

 別のボーイズチームの監督を務める鈴木は、中学生時代の山本の投球を見て、「ええ球投げるやん」とは思った。制球が良かった印象もある。しかしまさかプロ野球選手になるとは夢にも思わなかったと言う。

 だが山本は高1の秋から投手に専念するとすぐに頭角を現した。1年時に135kmだった球速は、2年夏に151kmを記録し、スカウトに注目される投手となった。

 そんな噂を耳にし、野球雑誌に取り上げられている姿を見ても、鈴木は半信半疑だった。山本は備前に帰省するたび、鈴木の店にグラブのメンテナンスにやってきたが、華奢な印象はあまり変わらなかったからだ。

「僕の話を『おー!』って言いながら興味津々に聞いている、グラブ好きの少年、というイメージしかなかった」と苦笑する。

 しかし「まさか」が現実になる。高3秋のドラフトで、山本はオリックスに4位で指名されたのだ。

初対面は「漁師町のにいちゃん、という感じ」

 その時、鈴木は山本のプロ生活を案じて、『Ip select』のアドバイザーを務めている身体の専門家、キネティックフォーラムの矢田修を紹介した。

 矢田は、初対面の山本の印象をこう振り返る。

「漁師町のにいちゃん、という感じ。純朴。落ち着きとあどけなさの中に、やんちゃなところが顔をのぞかせる少年でした」

オリックスから4位指名され、ガッツポーズする山本由伸投手(2016年撮影) ©KYODO

 身体や投げ方を把握した上で、山本の目指す高い理想を聞いた矢田はこう言った。

「寝る間を惜しんでトレーニングをしたとしても、今の投げ方の延長線でそこには行かれへんよ。そこに行くためにはフルモデルチェンジが必要ですよ」

 すると山本は、「じゃあ、そうします」と即答した。

「力を入れずに、すごく速い球を」

 矢田のトレーニングは基礎を重視し、正しく立つところから始まる。今ではジャベリックスローやブリッジ、倒立など、山本の練習法の動画が広まっているが、それはほんの一部に過ぎない。山本が取り組んでいる、身体の「内」を整える「BCエクササイズ」は400以上もの種類があり、ほとんどが地味なトレーニングだ。それを山本は黙々と、根気強く継続してきた。

「素直に『これいいな』と思ったので。すぐに効果が出る練習ではないんですけど、話をしたりするうちに、自分の中の野球の悩みを解決してくれそうだなと、これをやったらうまくなれそうだなと思いました」

 山本はよく、「力を抜いた中で力を出す」、「力じゃない力を鍛えている」という表現をする。今年1月の自主トレ公開の際も、「力を入れずに、すごく速い球を投げられるフォームを探している」と話していた。

178cm80kgで、豪速球を投げられる理由

 一般的に行われている筋肉を鍛えるトレーニングと違い、矢田のトレーニングは、身体の深部に働きかける、力任せでは絶対にできないトレーニングだという。例えば、力を発揮する時に、1つの筋肉に100の力を入れるのではなく、全身の600の筋肉に1ずつ力を入れて、全身を連動させ爆発的な力を発動させるイメージだ。

 だからこそ山本は、178cm80kgという、プロ野球選手としては決して大きくない体で、豪速球を投げ続けることができる。

2019年には侍ジャパンの一員として日本 vs メキシコを投げ山本。東京五輪での活躍も期待される ©Getty Images

 新たなトレーニングを始めてまだ間もなかったプロ1年目は、一軍で勝利を挙げたものの、5イニングが限界だった。登板翌日はキャッチボールもできないほどの張りと痛みが生じ、「やっぱり身体の使い方が間違っているんだな」と思い知らされた。

【続きを読む】自主トレも3年後に公表…なぜ山本由伸は“秘密主義”なのか? 理想も「教えるわけないじゃないですか(笑)」

文=米虫紀子

photograph by Sankei Shimbun