雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は5月6日に80歳となったイビチャ・オシムが育てた、愛弟子たちの4つの言葉を懐かしの写真とともに振り返ります。

<名言1>
早く一人になって、泣きてぇ。
(阿部勇樹/Number641号 2005年11月17日発売)

◇解説◇
 名将イビチャ・オシムが率いるジェフユナイテッド市原・千葉のキャプテンに阿部が抜擢されたのは2003年、21歳のときだった。シャイな性格の阿部にとってキャプテンは「最も苦手」な仕事だったが、しぶしぶ引き受けたという。しかしここから、阿部のポテンシャルがさらに引き出され、ジェフはJ1の舞台を席巻していく。

ナビスコカップを手にしたオシム監督©Toshiya Kondo

 それから2年。ヤマザキナビスコカップを制し、悲願の初タイトルを手中にした。重責を果たした阿部は、試合後のミックスゾーンでこんな言葉をつぶやいた。

 ジェフ、日本代表でもオシムのもとでインテリジェンスあふれるプレーを見せてきた阿部も、今年9月に40歳となる。

2021年も阿部勇樹は健在だ©Getty Images

 それでも2021年、リカルド・ロドリゲス監督の下でキャプテンに“再就任”すると、今季開幕から5試合連続スタメンを含めて7試合に出場。第1節FC東京戦でゴールを決めるなど2得点をマークしている。また5日のルヴァン杯柏戦にスタメン出場するなど、新体制の下でもしっかりと試合に絡めているのは、若き日に授けられたオシムの教えがあるからこそだろう。

<名言2>
身体じゃなくて頭が疲れているから、ご飯に何を食べに行くかも考えたくない状態でした(笑)。
(佐藤勇人/Number1004号 2020年6月4日発売)

◇解説◇
 イビチャ・オシムに率いられたあの頃。ジェフユナイテッド市原・千葉にとっての最強時代と言って過言ではない。

オシムが率いた頃のジェフの練習のひとコマ©Takashi Shimizu

 当時中位が定位置のクラブに与えられたトレーニングは、「毎日が驚きの連続でした」と佐藤が語るほど複雑なルールが設定され、選手に対して常に考え、判断を下すことを強いた。

 そんなトレーニングを、佐藤はこんな風に振り返っていた。

「1時間半の練習が終わるともう……」

「考えながら走るという感覚でやっていました。だから1時間半の練習が終わるともう何もしたくない」

2006年ナビスコ決勝での佐藤勇人©Tamon Matsuzono

 試合さながら、いやそれ以上に心身を使い切るトレーニングメニューをオシムが組んだのは有名な話だ。そんな濃密な練習の日々が、ジェフのサッカーを進化させることになった。

<名言3>
(オシムさんは)68m×105mというピッチの規格のように、何があっても変わらない真理のような存在。
(江尻篤彦/Number798号 2012年2月23日発売)

◇解説◇
 オシムが率いたジェフ千葉の「走るサッカー」は、現代サッカーにも通じる革新的な戦術であった。

 コーチを務めた江尻もオシムに多大な影響を受けた1人だ。欧州CLでのACミランの失点シーンを「Jリーグでも起こり得ることだから」と練習に落とし込む日もあれば、スタメン組を江尻らが、サブ組をオシムが見ることもよくあったという。

©Toshiya Kondo

 対戦相手のスカウティング班が頭を悩ますほど複雑で濃密な準備は、一方で選手たちに自信を与えていく。

「彼に教わったものは、その進化のベースに必ずあるのだろうと思います」

 江尻には、今もオシムの教えが受け継がれている。

オシム監督がなんとかなると言えば……

<名言4>
オシム監督がなんとかなると言えば、そんな気がしてくる。洗脳されてます(笑)。
(巻誠一郎/Number660号 2006年8月24日発売)

巻のトレードマークと言えばヘディング、そして献身性だった©Tamon Matsuzono

◇解説◇
 ジェフ千葉時代、イビチャ・オシム監督の薫陶を受けた巻。信奉していたのは他の“愛弟子たち”と同じだが、阿部、佐藤勇人らとはひと味違うコメントを残している。

「監督は、プレーを変えればまだなんとかなる、ここでしっかりボールをつないで、しっかり走れば後半はなんとかなるってよく言うんです。そういう時も、だいたい当たる」

日本代表時代、巻を労わるオシム監督©Takuya Sugiyama

 こんな風にオシムの“言葉力”を証言していたのだ。

「相手は足が止まっているから残り10分で勝負だって言う時は、本当に残り10分で逆転できたりするんですよ」

 オシムは展開を予言していたのではなく、言葉によって選手をコントロールしていたのだろう。

©Takuya Sugiyama

文=NumberWeb編集部

photograph by Tamon Matsuzono