日本新記録を樹立してなお、レース後すぐにインタビューに答える姿には、まだまだ余裕があるようにも思えた。

 順天堂大学2年生の三浦龍司。“天井知らず”という言葉がぴったりな19歳だ。

 5月9日に国立競技場で開催された東京2020テストイベントREADY STEADY TOKYOの男子3000m障害で、三浦は18年ぶりに日本記録を塗り替える8分17秒46で優勝を果たした。

「新国立競技場を走って、なんていうか、オリンピックに向けて現実味が増した感覚があります。世界の選手と戦っていこうと思えば、まだまだ記録を伸ばさなきゃいけませんが」

 今夏のオリンピック会場で、五輪に出場するために必要な記録(参加標準記録:8分22秒00)をもクリアした。

 三浦は、昨年7月にも参加標準記録を上回る8分19秒37で走っているが、この時は有効期間外だった。今度こそは、文句なしの記録突破。これで、6月の日本選手権で3位以内に入れば、いよいよ東京オリンピックの日本代表が決まる。三浦の活躍を呼び水に日本の男子3000m障害は活況を呈しており、日本選手権も激戦が予想されるが、五輪代表最有力選手であることに間違いない。

 2016年のリオデジャネイロ五輪には、順大の先輩に当たる塩尻和也(現・富士通)が在学中に出場を果たしたが、2大会連続で、順大の長距離ブロックからオリンピアンが誕生しそうだ。

小学生時代に3000m障害の才能を見抜いた恩師

 3000m障害という種目は高校から正式種目として実施され、高校で5000mや1500mの正選手になれなかった者が、対校戦で得点を稼ぐために始めるケースも多い。だが、三浦の場合は小学生の時にすでにこの種目を意識して陸上に取り組んでいた。

 島根県浜田市の浜田ジュニア陸上教室で陸上を始めた三浦が得意だったのは、もちろん長距離走。だが、その当時の指導者の上ヶ迫定夫さんは、三浦に障害競技の才能を見出していた。将来3000m障害に取り組むのを見越して、ハードリングの技術を習得させようと、80mハードルにも取り組ませていた。結果として、その先見の明はずばりと的中することになる。京都の洛南高校時代には30年ぶりに同種目の高校記録を更新。そして、大学1年目に、当時の日本歴代2位であり、41年ぶりの学生新記録、37年ぶりのU20日本新記録となる好記録を打ち立てると、その翌年にはついに日本記録保持者にまで上りつめたのだから。

圧倒的に三浦がレースを支配していた

 それにしても、この1年での三浦のさらなる成長ぶりには驚かされる。

 大学デビュー戦となった昨年7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会も相当なインパクトだったが、この時は、前半は実業団選手のハイペースに食らいつき、後半はケニア人のフィレモン・キプラガット(愛三工業)と競り合いながらペースアップしてフィニッシュラインに駆け込んだ。もちろん力がなければ出せないタイムだが、いわば、周りの力を借りて“出ちゃった”タイムという印象もあった。

 ところが、この5月のレースは、圧倒的に三浦が支配していた(ように見えた)。三浦は、実力者を従えて序盤からレースを牽引。1400m過ぎには塩尻らに前を譲る場面もあったが、他の選手の反応を冷静に見極めながら走っていた。

順大の先輩にあたる塩尻和也に並ばれるシーンも

「最後の1周まではタイムを見ていなかった」と言うが、「若干ペースが落ち気味かな」と感じるや、2000mを前に再び先頭に立ち、ペースアップを図った。実際に、2000m通過の時点では、五輪標準記録のペースからはやや遅れをとっていた。

「成長したなと思うポイントは、ラスト2周や、ラスト100mから切り替えて、スピードアップできるようになったこと。この1年でギアが増えたと実感できています」

 こう話すように、スピードアップは自在。一気にペースを上げて、快挙を成し遂げた。

 4月29日の織田記念では「中だるみしてしまった」と課題を残したが、短期間での修正力も見事だった。

 また、高校時代には歯が立たなかったキプラガットにも、昨年7月に続いて勝利。今度は、力を借りるどころか、常に前を走り、最後は突き放してみせた。

三浦の記録はリオ五輪では入賞相当?

 三浦の活躍は3000m障害にとどまらない。

 昨年10月の箱根駅伝予選会では、ハーフマラソンの距離を、大迫傑(Nike)が持っていたU20日本記録を上回る1時間1分41秒で走った。箱根駅伝こそ1区10位と力を出しきれなかったが、全日本大学駅伝では1区で区間賞・区間新の活躍を見せ、1年生にして名門・順大のエースとしての働きを見せた。

箱根駅伝はスーパールーキーと注目される中1区を走った ©Nanae Suzuki

 さらに、今年2月の日本選手権クロスカントリーでは、シニア10kmの部で、スピードランナーの松枝博輝(富士通)らに競り勝って日本一に輝いた。

 このように、その活躍ぶりは多岐にわたっている。

 冷静なレース運びと勝負強さ。そして、力感のないフォームと、そこから一転して力強いスパート力……と、長距離ランナーとしての引き出しが多い。さらに、箱根駅伝に向けた取り組みで、スタミナが備わったことも認めている。早い時期からマラソンに取り組んでも面白いような気もするが、まずは3000m障害での活躍を見届けたい。

 ちなみに、三浦の8分17秒46という記録は、リオ五輪の結果に照らし合わせると、予選突破は十分に可能で、決勝でも6位に相当する。まだまだ伸び盛りなだけに、期待は高まるばかりだ。

文=和田悟志

photograph by Asami Enomoto