雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は7月14日に52歳となる桜庭和志にまつわる3つの言葉を紹介します。

<名言1>
プロレスラーは本当は強いんです。
(桜庭和志/NumberWeb 2017年7月15日配信)
https://number.bunshun.jp/articles/-/828469

◇解説◇
 1993年、“黒船”と呼ばれたグレイシー一族の登場以降、なんでもありのバーリトゥード(現在のMMA)という舞台が生まれると、当時まだ存在した「プロレス最強神話」が急速に色褪せはじめていった。

 94年12月にUWFインターナショナルの“裏・実力ナンバーワン”と言われた安生洋二がヒクソン・グレイシーに無残な返り討ちにあったのを皮切りに、次々と日本のレスラーたちがバーリトゥードで撃沈。97年10月11日の『PRIDE.1』で高田延彦までもがヒクソンに敗れると、プロレスラーの強さを疑問視する声が増えていった。

 そんな時に現れたのが桜庭和志だった。

体重差“25kg”の黒帯柔術家

 新団体キングダムに所属していた桜庭は、高田vs.ヒクソン戦のわずか2カ月後に行われた『UFC JAPAN』に出場。

 試合4日前の緊急オファーを受けたことだけでなく(先輩・金原弘光の負傷欠場が理由)、対戦相手のカーウソン・グレイシー門下の黒帯ブラジリアン柔術家マーカス・コナンとの体重差はなんと25kg。しかも、天敵とされていた柔術家、ましてや黒帯の実力者相手とあって、ファンだけでなく関係者の多くはコナンの圧勝を予想していた。

 しかし桜庭は、得意の低空タックルやグラウンドでの素早い動きで互角以上に渡り合い、そしてレフェリーのミスジャッジで再試合になるとさらにギアを上げ、最後は見事に腕ひしぎ十字固めを極めてタップアウト勝ちを奪った。

あああ©Yukio Hiraku/AFLO

 UFCにおける黒帯柔術家の初のタップアウトという、この大番狂わせに会場は一気に爆発。試合後、オクタゴン内でのインタビューで桜庭は、はにかみながら歴史に残る発言をした。

「プロレスラーは本当は強いんです」

 この言葉はプロレスを信じられなくなっていたファンたちに自信を取り戻させたのだった。

プロレスと総合格闘技は「別物」

 ここから12年後の2009年、NumberWebのインタビューで桜庭はこんなことを語っていた。

「当時のマスコミは、なぜかプロレスと総合格闘技を同列で語ろうとするんですけど、そんなの無理に決まっているじゃないですか。別物なんだし。マスコミもそれを分かっているのに、僕や読者を混乱させるようなことをごちゃまぜに訊いてきたり……」

「プロレスラーは強い、というのは本当に練習している人が強いわけで、中には体を大きくするためにウェイトしかやってない人や、決まり事の練習しかしていない人もいるわけです。僕が言いたかったのは、そんな状況下、真剣勝負でも勝てる練習をしているプロレスラーが強い、と」

「僕の言葉が“すべてのプロレスラーは強い”みたいな解釈になってしまって、当時は参りましたよ(苦笑)」

<名言2>
グレイシーだって人間なんですから。
(桜庭和志/Number645号 2006年1月19日発売)

◇解説◇
 2000年5月1日、東京ドームで行われたPRIDE GPの2回戦。

 桜庭はグレイシー柔術の使い手、ホイス・グレイシーと対戦した。

 これまでの1R15分、ドローの場合は延長15分という通常ルールに不満を持っていたホイスは「2回戦及び準決勝は1R15分の無制限ラウンドで判定決着なし。決勝は1R20分の無制限ラウンドで判定決着なし」とのルール変更を主張。レフェリー・ドクターストップなし、どちらかがギブアップするか、セコンドがタオルを投入するまで15分間のラウンドを繰り返す前代未聞の完全決着ルールが採用された。

PRIDE GP2回戦、桜庭和志vsホイス・グレイシー(2000年5月1日) ©Yukio Hiraku/AFLO

 凄惨な試合になることが約束されたような戦いを受け入れた“赤髪”の桜庭は、ホイスの道衣を掴んでひっくり返すなど、まさに「桜庭ワールド」全開で翻弄すると、執拗なローキックに足が利かなくなったホイス陣営が6ラウンド開始時にタオルを投入。現在まで語り継がれることになる90分の死闘を制した。

 後日、TKO勝利を振り返った桜庭は「グレイシーだって人間なんですから」とニッコリ笑ったという。

 前年のホイラー戦に続く勝利で、“グレイシーハンター”桜庭和志は世界中から首を狙われるターゲットになった。

<名言3>
このまま首を取りにいくよりも、殴ったほうが盛り上がるよな。
(桜庭和志/NumberWeb 2018年10月11日配信)
https://number.bunshun.jp/articles/-/832107

◇解説◇
 これは、桜庭・所英男・中村大介の3選手が映画の声優に初挑戦したことを契機に実現した鼎談で発せられた言葉だ。

「魅せる・伝える」ことにおいて、格闘家として意識していることは?と問われた桜庭はリング上での心理状態を教えてくれた。

「お客さんを盛り上げることは意識してますね。ある技をかけて、お客さんが盛り上がったら、同じ技をかけたりする。勝負にこだわって、『相手をどう騙そうかな』と考えながらも、耳ではお客さんの反応を聞きながらやっているつもりです」

 桜庭の背中を追いかけてきた所は、自身も同じ思いだとしながらも、「やっぱり桜庭さんみたいにはできないですよね」と尊敬の念を示す。

1995年「新日本vs Uインター」第1試合、永田裕志vs桜庭和志 ©Yukio Hiraku/AFLO

「プロレスの経験もありますからね。例えば、都内のお客さんならば、地味な技でもわかる人が多い。でも地方の場合は、もうちょっとわかりやすい技を増やすとか。昔は、地方での総合格闘技の試合で寝技ばかりかけても、なかなか盛り上がらなかった。じゃあ、『もうちょっと打撃技を多くした方がわかりやすいかな』とかって、考えながら試合をしていました。コンマ何秒の世界ですね」(桜庭)

 続けて桜庭は2001年3月25日『PRIDE.13』のヴァンダレイ・シウバとの初対戦を振り返った。

「ヴァンダレイ・シウバと初めて試合したときも、一発、どんってパンチが入って。『あれ? 入っちゃった』と。そのまま組み付けば、首を取れたのよ。でも、会場がドッカーンって沸いているから、『これ、このまま首を取りにいくよりも、殴ったほうが盛り上がるよな』って思って。その隙にヴァンダレイが離れちゃって。殴りに行ったら、逆に捕まってボコボコにされました(笑)」

 この大会から解禁となった“サッカーボールキック”を浴び、シウバにTKO負け。桜庭の「魅せる」意識が敗戦につながったとは何とも皮肉な話だ。しかし、その姿こそ、多くのファンが望んでいるファイター桜庭和志でもある。

文=NumberWeb編集部

photograph by Yukio Hiraku/AFLO