開幕から約1カ月経ったヨーロッパ各国リーグ。各クラブの動向を網羅したNumber PLUS「欧州蹴球名鑑2021-22」が9月14日に発売されました。その名鑑に掲載されている注目クラブの記事をNumberWebで公開していきます!

 EURO2020を制したイタリアでは、セリエAの7強クラブによる大混戦のシーズンが幕を開けた。世に言う“7シスターズ時代”の再来だ。

 王者インテルは、11年ぶりにスクデットを奪回した昨季とはまったく別のチームに生まれ変わっている。

©Getty Images

 闘将コンテが退任した監督ポストには、ラツィオからカップ戦巧者の指揮官インザーギが招かれた。リーグMVPルカク(現チェルシー)とMFハキミ(現パリSG)の主力2人は去ってしまったが、彼らが残した移籍金約1億8300万ユーロでクラブは財政赤字の補填を行い、ローマのエースFWジェコと期待のDFダンフリース、そしてミランから司令塔チャルハノールを獲得。機動力の怪物MFバレッラと22歳ながら堅守の一角を担うDFバストーニは、カタールW杯予選を戦うイタリア代表でも中核としての働きが期待されている。

 3-5-2の戦術ベースとリーグ最少失点の堅守はそのままだが、試合へのアプローチは一変。新生インテルは能動的にゲームを作り、大量ゴールを生み出す攻撃チームへ脱皮しつつある。

“優勝したのに解任”をいまだに恨むサッリ

©Getty Images

 王者の一大変化は端緒にすぎない。この夏、強豪クラブはこぞってチームの再編成に勤しんだ。

 インザーギ監督の抜けたラツィオ監督の椅子には、元ユベントス監督サッリが納まった。

 19-20年シーズンのスクデット監督である戦術家は、1年の休養を経ての現場復帰だ。クラブの得点記録を塗り替え続けるFWインモービレを早速使いこなしながら、開幕2戦で計9ゴールの爆発ぶり。

 1年前の夏、優勝したのに解任の仕打ちを受けたサッリは「こんなチームで指導できるか」と捨て台詞を吐いたほど古巣ユーベに恨みたっぷり。11月下旬の13節に予定されている遺恨対決は必見だ。

 そのユベントスは序盤から思わぬ苦戦を強いられている。

 サッリの後釜として監督を任せた元天才司令塔ピルロも1年限りで解任し、チーム作りの軌道修正を迫られたアニェッリ会長とフロントは今夏、“21世紀のMr.ユベントス”である名将アッレーグリを3季ぶりに招聘、再建を託した。

ロナウドの電撃退団で早くも非常事態

 しかし、連覇の途切れた常勝軍団からは開幕ドロー発進の後、C・ロナウド(現マンチェスター・U)が電撃退団。新レジスタのMFロカテッリとFWケアンの復帰以外目立った補強のないチームは、2節エンポリ戦と3節ナポリ戦でまさかの連敗。3節を終えて勝点わずか1というスロースタートは、過去20年で2度しかない非常事態だ。

 頼みの綱は、EUROで活躍したFWキエーザや来年のカタールW杯出場を目指す鉄人主将キエッリーニとDFボヌッチといったアッズーリ組だ。王座奪回を目指しつつ、イタリア代表選手たちを中心とした骨太のチームへ原点回帰なるかが今季ユベントスの背負うテーマだろう。

智将スパレッティ招聘のナポリ、ミランもいよいよ復活か

 3節の直接対決で宿敵ユーベを破り、意気上がるのが、新たに智将スパレッティを招聘したナポリだ。

©Getty Images

 セリエA初采配は97年のエンポリに遡る大ベテラン指揮官は、18-19年シーズンのインテル以来3季ぶりの現場復帰にもかかわらず早くもチームを掌握。流石の手練ぶりを見せつけているが、ナポリの課題は長いシーズンを通したモチベーションの確保だろう。

 04年からクラブの頭領となったデラウレンティス会長は締まり屋として有名。地元出身で絶大な人気を誇る主将インシーニェの現契約は今季限りで終了するため、契約更改が急がれるが交渉は難航中。チーム最高給のCBクリバリーと同額の年俸600万ユーロを望む主将に対し、負債を何より嫌う会長は断固拒否。交渉の展開次第ではシーズン中に両者の関係決裂もありうるため、スパレッティにしてみれば厄介な悩みの種だ。

 真剣に優勝を狙うには、長いシーズンを通してクラブと現場のチーム、ファンが一体となることが必須条件だ。ワンマッチなら王者とも十分渡り合える実力はあるだけに、老獪な新指揮官はナポリにどう安定性をもたらすか。

 今季の混戦をもたらした要因として、強いミランの復活も挙げられるだろう。

 長く低迷が続いていたが、智将ピオリの就任と救世主イブラヒモビッチの活躍でついに往年の勝負強さを取り戻した昨季は27試合連続無敗記録を打ち立て、前半戦を首位で終える“冬の王者”に。

©Getty Images

 守護神ドンナルンマ(パリSG)や司令塔チャルハノールをフリートランスファーで失ったのは痛かったが、マルディーニTD以下フロントは代理人とのマネーゲームには一線を引く毅然とした態度で補強を敢行した。

 リーグ・アン優勝GKメニャンを獲得し、ミラン愛あふれるMFディアスの再レンタルにも成功。10月に40歳になるイブラヒモビッチのバックアッパーとして実力も実績も十分のフランス代表FWジルーも入団し、EUROを制したイタリア代表DFフロレンツィも加わった。チームの象徴たるMFケシエや6年前まで家電量販店の冷蔵庫配達の仕事をしながら、サッカーの夢を諦めなかったど根性FWメシアスといった個性派も揃うロッソネロ(赤黒)軍団は、8シーズンぶりのCL出場にも士気高い。

 3シーズン目を迎える指揮官ピオリは「今季のチームが一番強い」と手応えをつかみ、開幕から無傷の3連勝。優勝争いから一歩も引かない構えだ。

“スペシャル・ワン”は11年ぶりのセリエA帰還

 ローマも開幕3連勝を上げた。率いるのは、セリエAへ11年ぶりに帰還した“スペシャル・ワン”モウリーニョだ。

モウリーニョは「トリプレッテ」以来のセリエA帰還を果たす ©Getty Images

 10年の偉業“トリプレーテ(3冠)”をはじめ国内外のタイトルを総なめにしたインテル時代の彼に、スクデット争いのライバルとして立ちはだかったのがローマだった。最後のスクデットから20年、タイトルを渇望する旧敵に今度は指揮官として着任したモウリーニョは、「優勝に関する質問ならインザーギにしてくれ」と三味線を弾くも、開幕戦から攻撃の柱となった新加入FWエイブラハムや同胞の新守護神ルイ・パトリシオの補強に満足顔だ。

 スペインやイングランドで栄光も辛苦も味わった彼は、毒を吐き周りを寄せ付けなかったインテル時代とは随分と変わった。永遠の都でベスパにまたがり、アウェーゲームから戻る深夜の高速特急車内で、にこやかにピッツァを頬張る彼は、今、カルチョの駆引きを心の底から楽しんでいるように思えてならない。

 米国富豪オーナーのフリードキン一家は早急な結果は求めていないというが、モウリーニョはちがう。

「うちより戦力面で上のチームはある。だが、実際の試合となればローマは勝つよ」

 2度目のイタリアを謳歌するモウリーニョ。ロマニスタもインテリスタも感傷的になること間違いなしのセンチメンタル・マッチは12月初頭の16節だ。

“7姉妹”の中で最も攻撃的なチームであるアタランタは、昨季もリーグ最多90得点を記録した。

 リーグ最優秀DFロメロと正GKゴッリーニをトッテナムに放出したが、金の卵発掘にかけては今や右に出る者なしのアタランタは新守護神ムッソ(前ウディネーゼ)とDFデミラル(前ユベントス)をそれぞれ穴埋め役として獲得。

 6シーズン目を迎えたプロビンチャーレの名将ガスペリーニは、イタリア代表として欧州を制した復帰2年目のMFペッシーナや3年目のMFマリノフスキの爆発に期待をかける。FWムリエルとFWサパタの陽気で冷酷なコロンビア・ストライカーコンビが見られるのはセリエAだけだ。

下剋上を狙う無名のたたき上げ指導者もアツい

 今季のセリエAは“7シスターズ”ばかりではない。

 欧州王者イタリアは指導者大国でもある。無名の叩き上げ指導者たちもまた下剋上を狙う。

 2年連続8位の好成績を残したサッスオーロは、A実績ゼロの指揮官ディオニージを招聘した。

 昨季エンポリを率いてセリエB優勝を果たした新進気鋭の41歳は、昇格クラブを見捨ててサッスオーロからの引き抜き話に乗ったため、古巣のファンの恨みをかった。エンポリに移籍した昨年の夏にもヴェネツィアとの契約を反故にしており、古巣2クラブはサッスオーロとの対戦を手ぐすね引いて待ち構えているだろう。

 スペツィア留任を蹴ってフィオレンティーナの新指揮官となったイタリアーノにも同様の遺恨対決が待ち構える。

 だが、彼らにもプロの指導者として成り上がる野心がある。地方クラブのサッスオーロからCL監督に出世したデゼルビ(現シャフタール)に続け、とプロビンチャーレの監督たちもジャイアントキリングに牙を研ぐ。

 7強は姉妹間の争いばかりに気を取られていると、思わぬところで足をすくわれるだろう。

 愛憎と野望、咆哮と陥穽。

 欧州王者の国のカンピオナートは、実力伯仲の戦国時代に突入した。

文=弓削高志

photograph by Getty Images