2021年上半期(3月〜8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。陸上部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年5月13日/肩書などはすべて当時)。

 過去にこんな見出しを見たことはないだろうか。

「高校球児、50m走で5秒7」(※50mの日本記録は朝原宣治氏がもつ5秒75)

「ムバッペ、最高時速でボルト超え」

 日本だけではなく、世界中で、サッカー、アメフト、野球選手のスピードがこんな風に紹介されることがある。俊足ぶりを表現したいのは分かるが、数字、記録を争う世界にいる陸上選手や関係者にとっては、見過ごせない内容だ。

ボルトよりも速い選手が他スポーツにいる?

 50m走のタイムは手動で、選手自身のタイミングでスタートしていることが多いし、サッカー選手のプレー時の最高時速を単純に100mに換算されても、あくまでも仮説なのでボルトを超えたことにはならない。俊足の選手は、確かにその競技では突出したスピードを持っていることはまちがいない。だがボルトよりも速い、50mで日本記録を超えるなどの表現は、陸上選手に対して敬意がないように感じる。

 もちろん当該選手には非がなく、キャッチーな見出しをつけたり、正確性に欠ける数字をそのまま伝えているメディアに問題があるのだが、多くのスポーツファンはこう思っていたのではないだろうか。

「一緒に走ってくれたら、どちらが速いか分かるのに」と。

 5月9日。待望の瞬間が訪れた。アメフト選手vs陸上選手が100mで実現したのだ。

©Getty Images

きっかけは米国陸連のツイート「ぜひ参加ください」

 今回、100mに挑戦したのは、NFLシアトル・シーホークス、ワイドレシーバーのDK・メトカーフ。

 アメフトファンにはおなじみの選手だが、193cm、108kgの大きな体躯ながらNFL屈指の俊足選手で、昨年10月のアリゾナ・カージナルス戦で、相手選手がインターセプトから100ヤード近くを独走。ほかの選手が追走を諦める中、メトカーフは猛然と追走し、タッチダウン直前でタックルして阻止。時速36.44kmで駆け抜ける姿が全米を熱狂させた。

 このプレーをみた人たちが「メトカーフは100mで米国代表になれるんじゃない?」とSNSで大盛り上がり。

 米国陸連はすぐに反応し、「オリンピックの100mやリレーチームにDKメトカーフはどうか、というコメントが届きましたが、NFL選手の皆さん、『リアルなスピード』に興味があったら、オリンピック選考会にぜひご参加ください」とツイート。

 メトカーフはそれに返信することはなかったが、シーズン終了後、ひそかに練習を積んでいた。

 レース6日前に、陸上スパイクを地面に置く動画をアップ。それは100mのレースへの参戦表明だった。

 米国陸連などからメトカーフの100m挑戦のニュースが発表されると、陸上やアメフトだけではなく、まさに全米のスポーツファンの話題になった。

レース参加に“あの選手”は「そもそも敬意が感じられない」

 メトカーフの挑戦には、多くの意見が飛び交った。

「楽しみ」「絶対にTVを見る」という声がほとんどだったが、否定的な意見もあった。

 アトランタ五輪200m、400mで2冠のマイケル・ジョンソンは「陸上競技は魅力的な競技だから、わざわざアメフト選手を呼んで注目を集める必要はない。そもそも敬意が感じられない」と怒りのツイート。それに賛同する関係者や選手もちらほら見られた。

 自分たちの聖域に、違うスポーツの選手が入ってきてほしくないというのは暴論だ。過去にマイケル・ジョーダンは野球、ウサイン・ボルトもサッカーに挑戦したことがある。

2018年には、オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズFCに練習生として入団しているウサイン・ボルト ©Getty Images

 一方で興奮が抑えられないアメフトライターやファンたちは「メトカーフの最高時速36.44kmを100mに換算すると9秒88。期待できる」と机上の空論をSNSで展開する始末。ちなみにボルトの最高時速は44.72kmで100mに換算すると8秒05(世界記録は9秒58)。陸上の100mというのはスタートから最高速度を出すのは当然ながら不可能で、また90m以降に減速するため、「ずっと最高時速で走り続けられたら」というのは成立しない。

 場外での舌戦をよそに、対戦する陸上選手たちは、「アメフトと陸上のスピードは別物。そもそも100m走りきれるのかな。それが心配」、「色々言う人がいるけど、勇気のある挑戦だと思う。ベストを尽くしてほしい」、「メトカーフの挑戦のおかげで話題になってありがたい」など、好意的な声が多かった。

「五輪選考会の標準記録も可能だと思っていたけど…」

 5月9日にカリフォルニア州ウォルナットで行われた大会の100m予選。2組目2レーンに入ったメトカーフは、スタート前、顔がこわばり、かなり緊張しているように見えた。

 前日も念入りにスタート練習をしていたが、その成果もあり、号砲が鳴ると勢いよく飛び出した。スタートからの爆発力は陸上選手にまったく劣らなかった。

 スタートから加速部分での予想外の善戦に「おおおっ」と期待した人も多かった。

©Getty Images

 腕を大きく振って、193cm、108kgの体を必死に前に進ませる。60mくらいまでは大善戦したが、後半、スルスルとスピードをあげた選手たちに置いていかれ、残念ながら同組最下位に。しかし専門外の選手が人生初の100mレースで出した10秒37という数字は、誇れる立派な記録だ。

 だが周囲の賞賛をよそに、本人は悔しそうな表情も。

「自分が世界レベルのアスリートにどれだけ通用するのか試してみたかった。こういう機会をもらえたこと、速い選手と走れたことに感謝している。正直、オリンピック選考会の標準記録(10秒05)も可能だと思っていたけど。アメフトのスピードとリアルなスピードは全然違うね。世界レベルの選手と走れて光栄」

 謙虚な言葉が印象的だった。

 レースからも真剣さが十分に伝わってきた。後半、離されてからもほかの選手に視線を移すことも、スピードを緩めることもなく、ゴールだけを見ていた。「ベストを尽くした」という言葉通り、まさに全力疾走だった。

©Getty Images

 過去に陸上経験はあったものの100mをレースで走るのは初めて。未知の領域で恥をかき、アメフト選手としての評価が下がる可能性も少なからずあった。だが彼は勇気をもって舞台に立った。その姿に、「メトカーフ、すごいな。俺、ファンになった」とSNSで賞賛の声が多く上がったのも頷ける。

アメフトと陸上では全然スピードが違う

 決勝の優勝タイムは9秒96。メトカーフはそれを観客席で見守った。

「アメフトとは全然スピードが違う」と口にしたように、当然ながらスピード対決は陸上選手に軍配が上がった。

 しかし短期間でスタートや難しい加速部分を習得し10秒37という数字を出した身体能力に、陸上選手、関係者たちは驚き、感心していた。また自分たちの競技に真剣に取り組み、全力で向かってきてくれたことに大きな刺激を感じたはずだ。

 米国のオリンピック選考会まであと1カ月。標準記録突破に向けて再挑戦も期待されたが、「自分の力も分かったし、アメフトの合宿もあるのでもう遠慮します」と苦笑い。10秒を切る選手とのレースを体感し、その道のりの厳しさを痛感したようだ。

「NBAやMLBの選手はどうだろう」次の挑戦者は?

 今回の挑戦をワクワクしながら見守ったスポーツファンは、「陸上選手の走りは格が違う。メトカーフでダメなら、もう他に戦える選手はいない。NFLで誰かいないのか」、「NBAやMLBの選手はどうだろう。どの選手なら100mで対抗できるだろう」と、すでに新たな挑戦者探しを始めている。外野が机上の空論をぶつけ合うよりも、現実のレースの方が面白いことに気づいたのだろう。

 メトカーフが予想以上の走りをしたため、ほかの俊足選手たちは参戦しづらいかもしれない。でもまた誰かがスタートに立ってくれるのを心待ちにしたい。 

文=及川彩子

photograph by Getty Images