2021年上半期(3月〜8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スポーツ総合部門の第4位は、こちら!(初公開日 2021年8月20日/肩書などはすべて当時)。

「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う。」――2019年7月28日にこう呟いたのは当時、シカゴ・カブスに所属していた現サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手だった。

 これは毎週日曜日の朝にTBS系列で放送されている「サンデーモーニング」のスポーツコーナーでの野球評論家・張本勲さんの発言への批判投稿だったが、ダルビッシュはついにドラゴンボールを7つ集めて、神龍に願いを告げたのかもしれない。

 東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手に対する8日の同番組での張本さんの発言と、その後の謝罪が大炎上、番組と同コーナーの存続を問う声が広がっている。

張本氏「見ててどうするのかな」

 張本さんは8日の放送で入江選手の金メダル獲得について「女性でも殴り合い、好きな人いるんだね。見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合って……こんな競技を好きな人、いるんだ」などと発言。これに対して日本ボクシング連盟の内田貞信会長が「ボクシングを愛している方々のために、女性ボクサーのためにも誤解されたくない」と抗議し、TBSが同連盟宛に謝罪文を送付した。

東京五輪女子フェザー級決勝でフィリピンのネストイ・ペテシオ(左)に勝利し、金メダルを獲得した入江 ©Getty Images

 翌週15日の放送ではスポーツコーナーで司会の関口宏さんが冒頭で「お詫びをしなければなりません」と語り、フリーアナウンサーの唐橋ユミさんが「先週のスポーツコーナーで張本勲さんのコメントの中に女性及びボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆さま、そして視聴者の皆さま、大変申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 それを受けて関口さんが「私も会話の途中でも間違いを正せば良かったかと反省させられました」とコメント。そしてリモート出演の張本さんに「ハリさん、どう受け取っていらっしゃいますか?」と振った謝罪コメントがこうだったのだ。

「言い方を間違えて」が火に油を注ぐ結果となった

「今回は言い方を間違えて反省しています。以後気をつけます」

 実際に頭を下げて謝罪をしたのが唐橋さんで、張本さんは正面を見据えて一気に“謝罪”コメントを言い切っただけ。しかも「言い方を間違えて」という言い訳が火に油を注ぐ結果となったのである。

 もちろん問題のベースにあるのは張本さんのかなり偏った価値観にあるのは言うまでもない。

 広島に在日韓国人として生まれ、張本さん自身は様々な差別の中を生き抜いてきた人でもある。しかしその中で野球という天賦の才を武器に社会的な地位を得て、功なり名を遂げた。自分一人の力で人生を切り開いてきたという自意識も強く、だからこそ自らの成功体験に執着し、そこにしか価値を持てない。ジェンダーについても女性は「結婚して嫁に入るのが最高の幸せ」であり、男性に対しては「3歩下がって影を踏まず」「家で家庭を支える」という戦前からの古い考えに凝り固まり、それを信じて疑っていないことは窺える。

学生服を着ていたころの張本氏(1958年撮影) ©KYODO

なぜ批判を浴びているのかが理解できない?

 そうして80年余りの人生を過ごしてきたのである。実は世の中には他にも年齢に関係なく、こういう価値観をアップデートできない人は一杯いる。しかも70歳、80歳を過ぎた(50歳や60歳でもだが)そんな人々に、価値観の変革を求めてみたところでなかなか難しいのが現実なのである。

 女性蔑視発言で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長を辞任に追い込まれた森喜朗元総理や金メダルへの噛みつきで批判を浴びている河村たかし名古屋市長らも、同じ類の価値観の持ち主だ。だからおそらく本人は自らの発言や行動のどこが悪くて、なぜこうまで批判を浴びているのかが全く理解できない。

 その結果が張本さんと同様に問題意識に欠けた直後の謝罪に結びついてしまっている訳である。

 もちろん森元総理や河村市長など公職にある人や、また張本さんのようにテレビという公の場に出ている人が、そんな発言をすれば批判に晒されるのは当たり前だ。ただ、その一方で今回の張本さんの問題は、もう1つ、別の視点からも考えなければならない事があるはずなのである。

問題発言を繰り返しても、テレビ出演は続いた

 そもそもなぜ、張本さんはこれまでも散々、問題発言を繰り返してきたのに、公然とテレビに出演して、またぞろこんな問題を引き起こしたのか。張本さん個人の発言、価値観を責めるよりも、むしろそちらの方がより大きな問題ではないだろうか。

「サンモニの張本氏、ついにやっちまった感がありますが」とツイッターに投稿したのは国際政治学者の三浦瑠麗さんだった。三浦さんは「ただ、わたしが共演者だったらもっとはやく物申していましたけどもね。社会でご老人に敬意を払うのとは違う、一段難しいタスクがテレビにはあるのですよ」と、むしろ出演させている側の問題を指摘している。

三浦瑠麗氏 ©Takuya Sugiyama

 実はそこが本質で、今回の騒動でもまず最初の責任はそんな張本さんの発言を放置してきた番組制作者とTBSにあるはずなのである。

 ご存知のように、張本さんの暴言はいまに始まったことではなく、これまでも何度も問題になってきている。

メジャー挑戦を「あんなレベルの低いところで」

 ダルビッシュにシェンロンへの願いを呟かせたのは、2019年の高校野球夏の岩手大会の決勝戦に当時大船渡高校の佐々木朗希投手(現ロッテ)が疲労から決勝戦の登板を回避したことに「ケガを怖がったんじゃ、スポーツを辞めさせた方がいい」と語ったことを引用してのものだった。

 もともと日本の野球と大好きな大相撲にしか興味はない。日本の野球人気を脅かす(?)サッカーと大リーグは大嫌い。そこで横浜FCの三浦知良選手への引退勧告をしたり、大リーグに挑戦する選手たちには「何のためにあんなレベルの低いところでやっているのか。早く(日本に)帰ってきた方がいい」とトンチンカンな発言をして顰蹙を買ってきていた。また自転車のBMX競技など、自分に馴染みのない競技には「何が楽しいんだか。やっている人の気が知れないね」と炎上発言を繰り返していたのである。

まさに堂々とした“炎上商法”だ

 ただ、張本さんがそういうトンチンカンな発言をすると、ネットニュースがすぐさま「今日はこんな問題発言をしました」と取り上げ、そこで「けしからん」と炎上する。そうなると番組への注目が逆に高まり、実はここ数年は「サンデーモーニング」の張本さんのコーナーはTBSの全番組の中でもトップクラスの瞬間視聴率を叩き出していたのである。

 まさに堂々とした“炎上商法”だ。

 だから番組制作者も局も、むしろ問題になることを歓迎してきたのか、まったく対処することはなかった。張本さん自身もそんな“炎上商法”に、むしろ使命感を感じてさらに面白い発言をしなければならないと、こうした発言を繰り返してきたような節も見受けられた。

「ついにこういうことが起こったか……」

 張本さんを知る多くの球界関係者からこんな感想を聞いた。

野球の技術については、他では聞けない話がある

 起こるべくして起こった。予測はできた。それは番組を管理している側に大きな問題があるということなのだ。

張本勲氏 ©Tadashi Shirasawa

 晩年の元ヤクルト監督の野村克也さんにも、その“ボヤき”をおもしろおかしく見せる番組があったが、それもTBSだった。

 急速に変化していく社会の中で、意識や価値観の変化にお年寄りがついていけないのは、仕方のないことである。そういうズレは見方によっては面白いし、笑いの対象になるのかもしれない。ただ、1つ間違えば批判を免れない問題を引き起こし、本人が社会からの攻撃対象となることがある。そういうリスクを80歳を過ぎたお年寄りに背負わせて、問題が起こったらフリーのアナウンサーに頭を下げさせる。それを会社は高みの見物というのでは、あまりに無責任と言わざるを得ない。TBSは今回の問題についてきちっと会見をして、これまでの経緯を説明した上で謝罪をすべきだろう。

 松井秀喜外野手が星稜高校から巨人に入団した1993年のプロ1年目のキャンプ。張本さんは臨時コーチとして松井選手の足を上げてタイミングをとる打ち方に「それではプロでは通用しない」と自らが実践してきた「摺り足打法」を伝授した。しかし松井選手はそれが合わずに逃げ回り、結局は張本さんの言うことを聞かなかった。ただ、それから2年後には徐々に足の上げ方が小さくなって、最終的には張本さんが教えていた「摺り足」に近いバッティングとなっていく。

 野球の技術については、張本さんの言葉にはまだまだ他では聞けない貴重な話が一杯あるはずなのだ。

 そういうレジェンドの言葉を伝えるのがメディアの役割であり、“炎上”や笑いの種にすることは、決して許されるものではないと思う。

文=鷲田康

photograph by Getty Images(L),Tadashi Shirasawa(R)