2021年上半期(3月〜8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。バレーボール部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年8月27日/肩書などはすべて当時)。

 ひとつひとつ積み重ねてきた成長を、コートの上で明確に表現した。バレーボールはやっぱり面白い。そう感じさせてくれた。

 東京五輪の男子バレーボール。日本勢が手にした58個のメダルという枠の中に彼らはいない。けれども、見る者の心に刻み込まれた記憶は、閉幕から時間が過ぎた今もなお色褪せないどころか、どんどん膨らんでいる。

 その中心にいたのは、石川祐希だった。

 8月3日の準々決勝ブラジル戦。前回のリオデジャネイロ五輪の覇者であり、世界ランキング1位の“王者”に対し、日本は0−3(20−25、22−25、20−25)で敗れた。数字だけ見ればストレート負け、というくくりにとどまるかもしれない。だが、1ポイント毎に見せた鍛錬の裏付けを感じさせるプレーや、それによって描かれた試合展開には、「オリンピックの準々決勝」にふさわしい熱量が確かに存在した。

 試合が終わると、石川は一度だけユニフォームの裾を引っ張り上げてぎゅっと噛みしめ、その後はキャプテンとしての役割に没頭した。一礼をした後に仲間を集めて円陣を組み、すがすがしさを湛える表情でこう言った。

「この悔しさを忘れずに次に繋げるしかない。またこのあとアジア選手権がある。そこに招集されるメンバーもいるし、今大会で終わりのメンバーもいる。それぞれ強くなって集まるしかない。次にまた進んでいこう」

 円陣を解いてからは涙がにじんで止まらない様子だった。ユニフォームで、指で、タオルで、何度も目元をぬぐった。すると、ベンチに座り込む石川のところに、ブラジルの主将であるブルーノ・レゼンデが行き、柔らかな表情で何やら声を掛けた。

試合後、涙を流す石川

「俺のトスに合わせてくれ」と要求したブルーノ

 今年4月に全日本男子の主将に任命された石川が、目指すキャプテン像として名前を挙げていたのがブルーノだった。

「表現力が豊か。勝ちたい思いが前面に出ている。リーダーシップを取っている姿勢がチームにも浸透している」

 石川が中央大学1年の冬に初めて行った海外チームはイタリアの強豪モデナだった。そこにはブラジル代表の正セッターとして08年北京五輪、12年ロンドン五輪で銀メダルを獲得していたブルーノがいた(その後、16年リオデジャネイロ五輪で金メダル)。

 日本のセッターが、アタッカーの打ちやすいトス、アタッカーの求めるトスを上げようと考える傾向にある中、モデナで出会ったブラジル代表セッターから「俺のトスに合わせてくれ」と要求されるのは、新鮮だった。

「もっと自分も強くなりたい。こういうチームで活躍したいという思いを持ったのは大学1年の時でした。一番影響を受けたのはあの時でした」

 かつて石川はそう話していた。モデナで受けた刺激が、後に石川をイタリアへ向かわせたのだった。

ブルーノ

石川が表現したかったリーダーシップ

 大学卒業後はプロとしてセリエAでプレーすることを選び、徐々にレベルの高いチームへの移籍を勝ち取り、「個」を磨いてきた。ここまでの成果が結実したのが東京五輪だった。

 ブラジル戦の2日前にあった予選リーグ最終第5戦のイラン戦では、日本が29年もの間、突破できずにいたベスト8の扉をこじ開けていた。ここ10年間にわたってアジア最強の座に君臨してきたイランに対し、勝った方がベスト8に進むという試合で、日本は3−2(25-21、20-25、29-31、25-22、15-13)で競り勝ったのだ。

 そこで対戦したのが、イランの頭脳であり、世界のベストセッターの1人であるマルーフ(ミルサイード・マルーフラクラニ)。石川が18−19シーズンに所属したシエナ時代のチームメートだ。

 石川には、17−18シーズンを終えた後に複数のチームからオファーが来たが、その中からシエナを選んだ決め手の1つがマルーフだった。

 国際大会で日本が打ちのめされてきたイランの司令塔という存在が、石川の好奇心をくすぐったのは間違いないだろう。シエナではシーズン途中で監督が交代するという難しい状況をともに戦い抜いた盟友でもあったマルーフ。東京五輪でマルーフがいるイランに日本が競り勝ったのは、石川の「成長」の証でもあった。

シエナ時代の石川の盟友マルーフは、イラン代表の司令塔だ

 イランを破り、ベスト4を懸けて挑んだブラジル戦で、石川は、強打と技ありのスパイクなどで両チーム最多の17得点を稼いだ。スパイクのモーションからトスを上げる「フェイクトス」でも魅せた。苦しい時には豪快なジャンプサーブでエースを奪い、仲間を鼓舞した。雄叫びを上げ、力いっぱいこぶしを握る姿は自身が表現したかったリーダーシップそのものだった。

試合後のブルーノ「彼はまだキッズのようだったから」

 ブラジルに敗れ、東京五輪の戦いを終えた日本チームの様子をしばらく見届けてから取材エリアに行くと、英語対応しているブルーノがいた。どうしても聞かねばと思い、「石川と試合をして、どんな印象だったか」と質問した。ブルーノは筆者の方に顔を向けてこう言った。

「祐希のことですね。今日の彼は世界のベスト・ウイングスパイカーの1人だったと思う」

 そして「私は彼を本当に誇りに思う。なぜなら2014年にモデナで一緒にプレーした時、彼はまだキッズのようだったから」と続けた。その場に居合わせる各国メディアに、まずは石川との関係を端的に説明したのだ。そして、「キッズ」というウイットに富んだ表現で各国の記者たちに笑みが浮かんだのを確認すると、間髪を容れずに言葉を継いだ。

「それが今では、さまざまなことがインプルーブしている。彼は、コート内だけではなくパーソナリティーの面でもチームのリーダーだ。彼の未来は間違いなく輝かしいものになる。私は彼がすべてにおいてベストになることを期待している」

 石川への思いは朗々とした口調にもにじみ出ていた。

ブルーノが「まだキッズのようだった」と振り返った2014年モデナ在籍時の石川

ブラジル戦に敗れた石川の涙の意味

 準決勝に進むことになったブラジルの選手たちが取材エリアを先に引き上げ、日本の選手が姿を現したのはその後だった。石川は最後にやってきた。

「まず今日の試合に関しては、ブラジルのパワーに押し切られて負けてしまったという形です」

 試合を丁寧に振り返り始めた。

「1セット目に関しては、序盤から少しもたつきがありましたけど、それ以降はサイドアウトを切って、ブレイクを取るところは取れていたので、前半の差かなと思います」

「2セット目に関しては、前半、中盤、終盤の前辺りまでは非常にいいバレーをしていたのですが、相手のサーブに崩されて、そこから最後までは相手の勢い、パワーに押し切られました」

「3セット目は、2セット目の勢いのまま、相手のブロックに捕まってしまって流れを切ることができなかった。日本が取り切れなかったというより、ブラジルに阻まれたという印象が僕は強いです。単純にブラジルより実力がなかったと思います」

 続いて、涙の意味を聞かれた石川はこう言った。

「単純に悔しかったです。もちろんまだまだ課題はあったのですが、今大会非常にいいプレー、いいパフォーマンスを、僕だけじゃなくてチーム全員していたので、それでもこの結果になってしまったことが非常に悔しくて、ああいうふうに泣いてしまいました」

 一方で、達成できたと感じていることについても言及した。

「初めてオリンピックの舞台でプレーさせていただいて、感謝の気持ちしかありません。個人的には、この舞台は恩返しや感謝の気持ちを伝える場だとずっと言っていて、少しでもコートの上でそれを表現できたのかなと思います」

「予選ラウンドでは試合ごとに成長していたと感じています。成長できていたからこそ、準々決勝を懸けた予選ラウンドの最終戦(イラン戦)で力を発揮できたと思います」

声を出し、大会を通じてリーダーシップを発揮し続けた石川

五輪での強豪との対戦で石川が感じたこと

 ブラジル戦でブルーノとわたり合ったことについてはこう答えた。

「個人的にブルーノ選手と戦えたことは非常に嬉しいです。イランのマルーフ選手や、カナダのマール選手(スティーブン ティモシー・マール=ミラノ所属)選手のようなチームメートと、こういった特別な舞台で戦えることは、僕自身とても幸せなこと。そういう選手たちがもっと増えるように、僕もトップに登りつめていきたいと感じます」

 話しているうちに、これからの全日本に対しての思いが次から次へと出てきた。

「僕自身、目標としていたところまでは達成できなかったので、正直悔しい。僕の実力が足りなかった。僕の責任だ。そう感じています。もっともっと僕がプレーヤーとしてもチームの柱としても成長しなければいけないと改めて感じました。まだまだだなと思っています。もっと強く、チームの支えになるようなキャプテンになっていけるように、これから努力していきたいです」

 東京五輪では、その石川の背中を見てきた若い力が台頭した。日体大2年生の高橋藍はブラジル戦後の取材エリアで、石川が歩んできた道を追いかけたいかと聞かれ、うなずいた。

「その気持ちはもちろんあります。高さへの慣れという部分でも自分自身の成長に必ず繋がると思う。海外に行きたいという思いは、すごく強くあります」

 西田有志は東京五輪の閉幕から間もなく、イタリア・セリエAのビーボ・バレンティアへの移籍を発表した。ブラジル戦後の取材エリアでは「発表までまってください」と言いながらも「冒険したいんです」と海外への意思を表明していた。

 この後はすぐ、9月12日からアジア選手権が始まる。パリ五輪は3年後。次は開催国枠ではなく、予選を勝ち抜いて出場権をつかみ取らなければならない。簡単なことではないが、厳しい予選を戦いながら成長することで「メダル」を手にするための実力がついていくと考えれば楽しみではないか。

 男子バレーは東京五輪から強くなった。いずれそう語られる日が来る。そのための日々は始まっている。

文=矢内由美子

photograph by JMPA