今年も箱根駅伝予選会がやってくる。

 全41校が2022年1月に行われる箱根駅伝の出場権10枠を巡って戦うことになる。

 選考方法は、シンプルだ。

 1チーム、10名から12名が出場(留学生は出場1人以内)し、上位10名の合算タイムが少ない大学を上位として、10校が本戦への出場権を獲得する。同タイムの場合は、上位10名の順位が少ない大学が上位になる。

「昨年以上の超高速レースになる」3つの理由

 今年の予選会は、高速化がさらに進むと予想される。昨年の3つのマイナス要素がなくなるからだ。

 前回はコロナ禍の影響で十分な練習を積めず、準備が足りない中、なんとか戦える状態にしてレースに臨んだ大学が多かった。また、初めてコースに変更され、展開を読むのが難しく、無観客、硬いロードコンディションなどレース環境についての情報も少なかった。さらに予選会当日は気温11.6度、冷たい雨が降り、時折、強い風が吹くなど厳しいコンディションでのレースを強いられた。

©JMPA

 一方で今年は、トラックシーズンから夏合宿と多少制限があったが、ほぼ例年通りの活動ができており、各大学ともに予選会にピークを合わせてきている。また、昨年のレース経験でコースを理解し、タイムの告知方法や周回遅れの回避を含めてレース戦術をしっかり立てられるようになった。気象条件も天気予報によると、晴れ、気温もそこまで高くはなく、ほど良いコンディションになりそうだ(10月22日時点)。

 さらにトラックシーズンでは、多くの選手が自己ベストを更新した。学生全体の走力が上がっている上にマイナスの要素が除かれると、力を発揮する選手が増え、必然的にタイムが上がるだろう。

ボーダーラインは「10時間33分を切る」か?

 昨年は、順大が圧倒的な強さを見せた。スーパールーキーだった三浦龍司(2年)は日本人トップのU20日本新となる1時間1分41秒をマーク、野村優作(3年)も1分台で走り、残る8人全員が1時間2分台を記録。10時間23分34秒の大会新でトップ通過を果たした。

 10位で最後の箱根の切符を掴んだ専修大の総合タイムは、10時間33分59秒だった。

 このタイムは、一昨年の予選会をトップ通過した東京国際大の10時間47分29秒をはるかに凌ぐタイム。この時は暑さの影響で全体のタイムが落ちたが、昨年も風雨の影響を受けている。平坦な周回コースに変更になったとはいえ、それでも14分近くタイムを縮めており、ここが今年のボーダーラインになるだろう。ただ、コンディションが良ければ、予選通過の最低ラインは、10時間33分を切ってくる。そうなるとアベレージで1時間3分18秒、km3分ペースで走らないといけない。これを10人揃えるのはハードルが高く、仮に貯金を作れる選手がいても基本的に1時間3分台内で走る力が選手には求められる。

 実際、昨年の専修大を見ると9名が1時間2、3分台でタイムを揃えてきた。ただ、各大学は予選会の超高速化を見越してスピードとスタミナ、その両輪の強化をしてきている。

 では、来年の箱根駅伝を駆ける権利を勝ち取る大学は、どこになるのか。

「なぜ予選会にいるんだ?」トップ通過争いは“3校”

 トップ通過を争うのは、明治大、中央大、法政大だろう。

 明大と中大に関しては、「なぜ予選会にいるんだ?」という声が聞かれるぐらい力が飛び抜けている。

 特に明大は、昨年の全日本大学駅伝3位、箱根駅伝は往路序盤のブレーキが原因で11位に終わったが、シード権を取れるオーダーだった。今年は鈴木聖人(4年)、手嶋杏丞(4年)の2本柱が5000m、10000mともに自己ベストを更新するなど好調だ。主力では富田峻平(3年)が外れたが、箱根4区7位の櫛田佳希(3年)が夏以降調子を取り戻し、メンバー入りを果たしている。チームには5000m、13分台が12人いるが、11人が今回のメンバー入りをしており、10000mの上位10人の合計タイムも出場校中トップ。選手層の厚さでは箱根のシード校に負けないレベルだ。山本佑樹監督は予選会でハーフを走って結果を出し、全日本大学駅伝に繋げてシード権を確保する戦略を考えている。予選会の通過順位にはこだわらないようだが、エントリーメンバーが力を発揮すれば、自然とトップ通過が見えてくる。

©Asami Enomoto

 中大は、主軸の三浦拓朗(4年)とエースの吉居大和(2年)らがチームを牽引している。トラックシーズンは大会を育成の場として位置づけ、戦力の底上げを図った。その結果、全日本大学駅伝の予選会では5位通過を果たすなど、中間層が充実。9年ぶりに伊勢路を走ることとなり、駅伝のサイクルも強豪時代に戻りつつある。主力の千守倫央(3年)を欠き、吉居も完全に復調しているわけではないが、トップ通過の有力候補であるのは間違いない。

 法政大は10000mの上位10名の合計タイムは出場校中7位だが、近々のレース結果を見ると全体の調子が上がっているのが見て取れる。9月の日体大記録会10000mでは内田隼太(3年)の28分台好走を筆頭に3年生が強く、ルーキーの小泉樹も自己ベストを更新するなど全体に勢いが出てきた。全日本大学駅伝予選会ではエース鎌田航生(4年)が日本人5位で引っ張って3位で突破した。箱根予選会もその順位内での通過は十分に可能だ。

〈有力候補〉上位5位に入るのは…?

 3強につづくのは、中央学院大、神奈川大、拓大、城西大あたりだろうか。

 中央学院大は、昨年の箱根駅伝予選会12位となり、本戦への出場を逃した。ほぼ無策で挑み、失速。「過信」と「慢心」が招いた結果とはいえ、その衝撃は想像以上に大きかった。その悔しさを忘れずに今年はスピードに力を入れ、チーム力をアップさせてきた。全日本大学駅伝予選会では10000m1組で伊藤秀虎(2年)らが流れを作ると3組目の小島慎也(3年)と武川流以名(3年)がワンツーフィニッシュを決め、栗原啓吾(4年)は総合9位の走りで、予選会突破を実現した。エースの栗原を軸に粘りのある走りで復活を印象付け、夏合宿も順調に終えた。最終的に松島匠(3年)、武川らがメンバーから漏れたが、吉田礼志(1年)ら4名の1年生の走りに期待が膨らむ。

 神奈川大は、主将の西方大珠(4年)が好調だ。10月の日体大記録会で5000m13分55秒68の自己ベストを出し、チームを引っ張る。中心は、7名がエントリーされた2年生になる。10000m28分52秒30の巻田理空、さらに高橋銀河、宇津野篤らがまとまって力を発揮すれば、安定した順位で予選通過を実現できるだろう。

 拓大は、全日本大学駅伝予選会では留学生のジョセフ・ラジニ(3年)が総合3位と好走し、4位で本戦出場を決めた。ラジニは昨年の箱根予選会ではトップで、9位通過に貢献している。箱根駅伝組は9名が残り、今回の予選会エントリーにはそのうち8名が入っている。全体では4年生の充実が目を引き、彼らが好走すれば予選通過は、決して難しいミッションではない。

昨年の箱根駅伝予選会では1位だった拓大の留学生ランナー・ラニ ©JMPA

 城西大は、箱根組が6名残り、その内5名エントリーした。主力が整わなかった全日本大学駅伝予選会は、13位に終わったが、今年、自己ベストを3回連続更新したエースの砂岡拓磨(4年)を中心に主将の宮下璃久(4年)が戻り、戦闘態勢が整った。エース格の藤井正斗(3年)の成長に加え、2年生も充実している。全日本大学駅伝予選会にエントリーした7名の2年生のうち、今回の予選会には5名がエントリー済み。この学年の中心選手である山本唯翔、野村颯斗に加え、スパートに強味を見せる山中秀真がどこまで上位に食い込めるか。

本選出場を狙う“ラストシート”の熾烈な争い

 ラストシートは、昨年同様、激烈な争いになりそうだ。

 昨年は、8位の法政から10位の専修大まで28秒差だった。11位の筑波大と専修大の差は18秒、12位の中央学院大とは37秒差だった。今年も、僅差で8、9、10位が決まりそうだ。争うのは、日体大、国士舘大、山梨学院大、専修大、駿河台大か。

 日体大は、エースの藤本珠輝(3年)が、昨年の予選会7位の好走でチームを牽引した池田耀平(現カネボウ)のような活躍ができれば、チームに勢いが出る。あとは、主力の大畑怜士(4年)らをはじめ、中間層を含めてどこまでタイムを伸ばせるか。

 国士舘大は、ライモイ・ヴィンセント(4年)が軸だが、出雲駅伝で東京国際大が留学生に頼らないチーム作りで優勝したように国士舘もその意識でチーム作りをしてきた。三代和弥(4年)ら6人の4年生がチームを引っ張り、ムードはいい。10000m上位10名の総合タイムは全チーム中6位。6年連続での箱根駅伝出場に向けて、上位での突破を狙う。

 山梨学院大は、留学生のポール・オニエゴ(4年)、ボニフェス・ムルア(3年)を軸に、松倉唯斗(4年)、木山達哉(3年)らがどこまでタイムを稼げるか。国士舘同様、留学生に依存するのではなく、日本人がどれだけ走れるかがポイントになる。

 専大は昨年、予選会を10位で通過し、本戦を経験、「今年も」という目標でチームが団結している。昨年、1年生ながらチームトップの1時間2分44秒・44位と好走した木村暁仁(2年)の不在は大きいが、留学生のダンカン・キサイサ(1年)、箱根経験者5人の走力を活かし、2年連続での箱根本戦を果たせるか。

昨年の箱根駅伝で、本線出場のラストシートを獲得し喜ぶ専修大の学生たち ©JMPA

 駿河台大は、全日本大学駅伝予選会では次点の8位。7位の日体大とは約29秒差で、あと一歩に迫り、大きな自信になった。ジェームス・ブヌカ(4年)がタイムを稼ぎ、主将の阪本大貴(4年)、今井隆生(4年)、清野太成(3年)、町田康誠(3年)の上級生たちが粘りの走りができれば、箱根が見えてきそうだ。

 他にも昨年予選会11位で悔し涙を流した筑波大、「立教箱根駅伝2024」事業で箱根駅伝出場を目指す上野裕一郎監督が指揮する立教大、古豪復活を目指す日大、これまで次点などで何度も泣き崩れた麗澤大もが虎視眈々と10位内を狙っている。

ミスは許されない…番狂わせは起こるか?

 箱根予選会は、アクシデントやミスが連続して起こると、一気に予選通過圏外に落ちてしまう可能性がある。箱根駅伝は何が起こるか分からないと言われるが、予選会も番狂わせが起こる可能性がゼロではない。凜とした独特の緊張感が漂う中、どこが出場権を獲得するのか。

 各大学の1年間の取り組みが問われるレースになる。

文=佐藤俊

photograph by JMPA