先日閉幕した明治神宮大会で佐々木麟太郎(花巻東・1年)ら新たなスター候補たちが才能の片鱗を見せつける中、来季の注目投手の1人に挙げられるのが、市立和歌山・米田天翼(つばさ/2年)だ。明治神宮大会は出場ならずも、すでにセンバツの舞台を経験した右腕は、小園健太(DeNAドラフト1位)という大エースのもとで何を学んだきたのか。現在地に迫った。

 また、市和歌山から速球派のエースが現れた。

 米田天翼の評判を聞いた者は、きっとそう思ったかもしれない。

 市和歌山と言えば、昨秋から最速152キロのストレートを操る小園健太の名前が広く知れ渡った。ストレートの凄みだけではなく、スライダー、カットボール、2種類のツーシームなど多彩な変化球を面白いように操る。さらに絶妙なコントロール力も持ち、ピッチングの引き出しは未知数で、今年の高校2年生投手の中ではトップクラスの評価を得た。今秋のドラフト会議では1位指名の阪神と競合の末、DeNAが交渉権を獲得している。

 そんな大エースの背中をずっと見てきたのが1年下の米田だった。

 身体は174cm、78kgと小園に比べるとひと回り小さい。だが、その身体に詰め込まれたパワーは計り知れない。

「あの2年生も面白い素材」

 今春のセンバツ。2回戦の明豊戦で先発マウンドに立った米田は、初の大舞台にも物おじせず4回を投げ4安打1失点。エースの小園が注目される中、力のあるストレートは142キロを計測し、堂々たるピッチングを披露した。その当時から「あの2年生も面白い素材」と、マークするNPBスカウトも少なくなかった。

 今夏の県大会で唯一マウンドに立った3回戦・田辺工戦では、初回からいきなり自己最速の146キロをマーク。2回には148キロと更新し、炎天下にもかかわらず投げるごとにストレートはうなりを上げた。結局、7回を投げ切り、10奪三振、4安打無失点。特筆すべきは与えた四球はわずか1つだったことだ。

「小園さんが8割の力で投げているところを参考にしました。ストレートで押し切るところは押し切って、かわすところはかわすピッチングができました」

 この秋からは、小園からエース番号を引き継いだだけでなく、攻守の要だった松川虎生(ロッテ1位)をはじめ野手がほぼ入れ替わった。経験値から見ても米田はチームの大黒柱を担うことになったが、県大会の準決勝の和歌山商戦では、6安打2失点の完投勝ち。小園直伝のツーシーム、カットボールをうまく使いながら、最後まで相手に流れを渡さなかった。

 半田真一監督は、米田についてこう明かす。

「前チームから米田も期待の高い投手でした。普段の姿勢は……すごくストイックですね。練習でも、こちらが止めるまでずっとやっています」

 グラウンドではいつも最後まで残り、ランニングメニューやトレーニングで自身をとことん追い込む。以前、米田の隣にいた小園が「米田は本当にすごく練習するんです。おそらく、自分よりも(練習を)しているんじゃないですか」と苦笑いしていたことがあった。

 小園は米田にとってどんな存在だったのか。

「入学した時から目の前に小園さんがいて、最初は見よう見まねで小園さんの真似をしていました。練習が一緒になれば色んな質問もしました。変化球も教えていただきましたが、小園さんの強みである小さく曲がる変化球が自分の武器にもなっています。大げさかもしれませんが、自分は小園さんがいなければここまで投げられていないかもしれません」

 そんな偉大な先輩の背番号を引き継ぐとなれば、力まない訳がない。ましてや今春のセンバツでその実力の片鱗も一度披露していたことで「周囲からの評価や注目度も上がって、いいピッチングをしたいと思いすぎました」と、はやる気持ちが抑えられなかったことを猛省した。

「チームを勝たせることが大事」

「新チーム結成後は、まずは自分がチームを勝たせることが大事だと思いました。個々の練習ではランニングひとつでも、まず入りを大事にしようとしましたが、それができませんでした。なので、まずは練習の中でのひとつひとつの動きを見直していこうと思いました」

 ただでさえストイックな右腕が、一層練習の虫になった。ランニング1本でも力を抜かない。どんな状況でも先頭に立つ。細やかな自身の振る舞いも襟を正すことを心掛けた。

 近畿大会では初戦の神戸学院大付戦で序盤は毎回安打を許した。だが、5回終了後のグラウンド整備の時に気持ちをリセットし、6回からは「自分の自信のあるストレートで押していこうと思った」と割り切り、6回以降は1人のランナーも許さずに2−1で完投勝ちした。

 だが、準々決勝の天理戦はそうはいかなかった。

「あそこまで振れる打線は初めてでした。自分の持ち味は力強いストレート。制球力でも勝負できると思っていましたが、間違いなくストレートの強さとキレがなかったです。そこを磨かないといけない。本当に何もできなかった試合です」と4本の長打を含む10安打5失点で敗れた一戦を悔しそうに振り返った。

 それでも、この秋の経験で思い知ったことは数多い。

 スピードの数値だけを見れば小園には及ばないが、米田のストレートにはまだまだ成長曲線を描きそうなロマンを感じるのだ。厳しいコースを強気に攻め、体の力をボールに込める能力は大きな可能性も漂わせる。

 ただ、米田はここまでの自分をたどると、まだまだ課題だらけだと口にする。

近畿大会準々決勝・天理戦でホームランを浴び、責任を感じる米田(c)Sankei Shimbun

目指すは「伸びのあるストレート」

「小園さんというすごい先輩の姿を追って、良いピッチングをしたいと思いすぎました。この秋は初めてエース番号を背負わせてもらって、どこかで気負っていたのかもしれません。自分自身を見失った訳ではありませんが、周りを見られていなかったです。

 小園さんからは“思い切り自分の球を投げれば打たれない”と言ってもらったので、まずしっかり周りを見てそういう球が投げられるピッチャーになりたいです。小園さんは天性の才能がありますが、それがない自分はもっと練習しないといけないです」

 理想のストレートは、伸びのあるストレートだという。

「バッターのバットがボールの下にいってしまう。たとえば則本投手(昂大/楽天)の投げるような伸びるストレートです。キレにもこだわりたいですが、ワンバンになると思ったボールが低めにひざ下に伸びていくようなコントロールも意識していきたいです」

 小園からエース番号を継承しても、来年は米田独自の色で輝く。さらに威力がついたストレートで押し切る米田のピッチングを、来春、そして来夏は思う存分見てみたい。

文=沢井史

photograph by Sankei Shimbun