2021年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。将棋部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年10月15日/肩書などはすべて当時)。

いよいよ開幕した将棋界の最高峰タイトル「竜王戦」。観る将となったマンガ家の千田純生先生がなんと夫婦で「観戦プログラム」に当選したとのことで、3日間の貴重な体験をマンガにしてもらいました。

◆◆◆

(1)竜王コース(1人6万円)当選! 前夜祭から興奮

 10月7〜9日、豊島将之竜王と藤井聡太三冠が三たび対決する、竜王戦七番勝負第1局の「竜王戦プレミアム」に行けるという《僥倖》に恵まれました。

「あれ、第1局が行われたのって8、9日じゃなかったっけ」という方も多いかと思いますが、本イベントはその前日に開催される前夜祭を含めた計3日間を存分に楽しめるとのこと。

「棋士の緊迫感と将棋の醍醐味を心行くまで味わっていただくための特別プログラム」

 竜王戦プレミアムの紹介PDFを見た瞬間、将棋にハマって1年強の私たち夫婦は「よし、行こう」「叡王戦見届け人の250万円を思えば安いな!」と、竜王コース(1人6万円)に応募することに。金銭感覚が狂ってきているような気もしていましたが(笑)、無事当選して会場となったセルリアンタワー能楽堂へと勇躍……いや、ドキドキしながら正装で向かいました。

©Junsei Chida

 そして迎えた前夜祭当日、セルリアンタワー東急ホテルのボールルームへ。前夜祭の空間の豪華さから、竜王戦というものが将棋界にとって特別なものなのだと感じられました。

 対局者入場の際に僕は豊島竜王と藤井三冠の姿をしっかりと見ることができたんですが、妻は手にしていたスマホがムービーになったかと思えば、フリーズしてしまったり。結局どちらも中途半端になってしまい、「欲張らずにお姿を目にやきつけておけばよかった……」とガチで凹んでいました。「あ、明日取り返そう……」と、トータル3日間の竜王コースを申し込んでおいて、本当によかったなと思った次第です(苦笑)。

豊島竜王のあいさつに感じたトップ棋士の真摯さ

 前夜祭で一番印象深く感じたのは、豊島竜王のあいさつです。竜王戦には数多くの協賛企業がついていますが、あいさつの中で「読売新聞社様、野村ホールディングス様、東急グループ様……」とまったく淀みなく読み上げていました。その姿に対して対局者の藤井三冠はもちろん、将棋連盟会長の佐藤康光九段も熱いまなざしを送っていました。

 前夜祭の中では豊島竜王が何かを暗記しているような姿も拝見しました。こういった細かなところに対しての気配り、そして真摯に準備する姿勢が、トップ中のトップ棋士であり、そして多くのファンから愛される理由なのだろう――と感銘を受けました。

(2)棋士が「どこにでもいる」という非日常な3日間

 観戦プログラムに参加してみて感じたのは、棋士の方々や関係者の「将棋を様々な角度から楽しんでほしい」という思いでした。

 エンタメ性が強いもので言えば、藤井三冠が頼む「カワイイおやつコレクション」で、今回の「紫芋モンブラン・ハロウィンオータムシーズンコレクション」も堪能することができました(ランチも美味しかった……)。それと、佐藤九段が率先して豊島竜王と藤井三冠の特大パネルとともに、笑顔で写真撮影に応じているのも、ほっこりするというか(笑)。

 感染症対策を講じた中でも、棋士と直接触れ合える機会の多さには驚かされるばかりでした。僕たち夫妻が愛するJリーグでも各クラブのOBのトークショーなどがありますが、棋士同士の話が聞ける「竜王戦トーク」や「おさらい解説」などはサッカーと同じく楽しめるものでした。

 貞升南女流二段や山田久美女流四段の聞き手ぶりはアナウンサーのようですし、佐藤九段、中村修九段、鈴木大介九段、松尾歩八段、三枚堂達也七段、高見泰地七段の誰もが話がお上手だなとの印象を受けました。いわゆる「言語化」する能力に、棋士の人たちは長けているのかも……とも。

©Junsei Chida

 逆に言えば、当たり前のように棋士がウロウロしている様子に、こっちがド緊張してしまう場面が連続でした。

 例えば廊下の椅子に座っている佐藤会長が静かに予定表を見ていたり、お手洗いに行ったら隣が松尾八段だったり。そして高見七段が歩いていたので妻に「話しかけるチャンスだよ」と言われたのに、女性ファンの多さにオッサンの僕はモジモジして声をかけられず……名刺いっぱい持っていったんですけど(苦笑)、今度また機会があれば、ぜひ棋士の方とコミュニケーションを取ってみたいと強く思います。

藤井三冠、豊島竜王が「間近にいる」衝撃

 そして何が一番驚いたって、対局者が“普通に間近にいた”ことでした。

 封じ手見学が終わった時に能楽堂出口でスタッフさんと話していたら、豊島竜王がスタスタと後ろを通り過ぎていったり、2日目の朝見学のために集合していたら、エレベーターからひょっこり藤井三冠が1人で現れて、歩いていったり……。サッカーでたとえるなら、大事な代表戦のハーフタイム中に、大迫勇也選手や久保建英選手の間近にいるようなものじゃないか――と思うと、より一層震えました(笑)。

 将棋の参加型イベントについてもぜひ触れておきたいです。

 僕たち夫婦はご想像通り、棋力はほぼ皆無です。それでもわかりやすく、なおかつ深い解説で「棋士はこのようなことを脳内で考えているのか」と感心するばかりでしたし、「次の一手」予想会は抽選で「豊島竜王のサイン色紙を筆頭に藤井三冠やトークショー参加の棋士、女流棋士のサイン、そして竜王戦グッズがもらえるという豪華なものでした。案の定外れましたが、こういった「将棋に参加してもらおう」というコーナーがあるからこそ、初心者の僕たちも気軽に参加できるのだなとうれしく思いました。

 そして、こういったイベントに目を輝かせて参加していた多くの子供たちの姿を見て、将棋界の未来は明るいのだろうと心から嬉しくなりました。今からでも遅くないから将棋、覚えようかな(笑)。

(3)対局場は、現実を超えた異空間だった

 前夜祭や各イベントだけでも満足だったんですが……この「竜王戦プレミアム」、メーンイベントは「対局観戦」でした。そもそも棋士の対局姿を見られるだけでも貴重なのに、大事な大事な竜王戦の開幕局。どのような空気感なのか全く想像できないまま、能楽堂の客席へと着席しました。

 その空間は、まさに現実を超えた世界に飲み込まれたようでした。

 能楽堂は、誰もが一切音を立てない沈黙の世界。僕たちは緊張で固まる中で、立会人の中村九段と会長の佐藤九段、記録係が正面に座り、先に対局場に登場した豊島竜王からは、あふれ出るオーラが。続いて藤井三冠が入場してきて、まさに張り詰めた空気感が充満していました。

 藤井三冠も豊島竜王も映像を通して見ていると、柔らかな表情を浮かべたり、かわいらしさや親しみを感じるお二方ですが、対局場で見たのは「頭脳の格闘技」に挑む勝負師の姿でした。

 藤井三冠と豊島竜王の対局姿は、二頭身キャラクターで描けない。

 鋭く、そして透き通るような視線で盤面を眺める様子を見た結果、このようなイラストになりました。

©Junsei Chida

 1日目は17時から封じ手まで1時間もの長時間、対局の現場にいたわけですが、これほどまで無音の中だからこそ、2人の頭脳は究極のレベルで機能しているのだな……と想像しました。

 そして「棋は対話なり」という格言がありますが、この空間にい続けると、お互いの考えが共鳴することがあると記事で読みました。まるでマンガのような世界ですが、それは実際に起こりえることなのだろうとも実感しました。

異空間の中でも、2人はさらに別の空間にいた

 究極の戦いの中で、もう1つ異空間だなと思ったのは「温度」でした。室温が低めに設定されていたようで、半袖では寒いかなと感じるほどでした。しかし対局者の2人は羽織を脱ぎ、手汗をハンカチで拭き、汗ふきシートで顔を拭っていた姿が印象的でした。

 舞台の熱気は、観覧席とは全く別の世界。異空間の中、2人はまた別の空間で戦っている――。いつもは中継などで評価値を見ながらワイワイと楽しんでいるわけですが、あの静謐な空間は、今後将棋を見る際に絶対に忘れないでおこうと思う、唯一無二の体験でした。

 そんな熱量をヒシヒシと感じながら、藤井三冠の先勝で終わった第1局会場を後にしました。ただただ圧倒された雰囲気の中で、妻がひそかに思っていたことが。

「藤井三冠のスラッと一直線に伸びた背筋、すべりたいと思っちゃった……」

 観る将としてお恥ずかしい限りですが、真剣勝負から柔らかい楽しみ方まで、将棋のすべてが詰まっていました……またぜひ、どこかの将棋イベントに行ってみようとの思いを強くした3日間でした!(構成/茂野聡士)

2021年 将棋部門 BEST3


1位:竜王コース(1人6万円)当選! にわか“観る将”マンガ家が、目の前で藤井聡太三冠を見てガチガチになった話
https://number.bunshun.jp/articles/-/851518

2位:藤井聡太三冠「46敗」の研究(驚きの勝率0.842)…デビュー丸5年、藤井三冠19歳が負け越している棋士は何人いる?
https://number.bunshun.jp/articles/-/851379

3位:藤井聡太“竜王”の優勝賞金4400万円、羽生善治“七冠”時は総額1億6500万円、無冠の今は?〈意外と知らない棋士の収入事情〉
https://number.bunshun.jp/articles/-/851378

文=千田純生

photograph by 日本将棋連盟/Junsei Chida