2021年から2022年(対象:12月〜4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。野球部門の第2位は、こちら!(初公開日 2022年1月12日/肩書などはすべて当時)。

 2022年が明け、令和も4年となった。昭和が終わって33年、プロ野球の歴史も86年になっているが、ここでは「昭和vs平成・令和」で、通算成績による番付を作ってみたい。

 まずは打者。平成元年は1989年だが、1985年以降にデビューの選手を「平成・令和」、それ以前を「昭和」と分けて、番付にした。

 根拠としたのはRC(Run Create)。安打、長打、盗塁、盗塁死、四死球、三振、犠打、犠飛などを加味した総合指標だ。打率が高いだけでなく、長打や盗塁が多く、出塁率が高い選手が得点が高い。

 成績は「日米通算」とした。NPBとMLBでは競技のレベルも環境も異なるので、単純な比較は軽々にすべきでないと承知の上で――平成以降の選手の通算成績を考えるときはMLBの成績を外すことはできない。選手が積み上げてきた成績を評価するために、あえて「日米通算」としている。

 なお、日米通算はNPBでのデビューから起算とした。MLBでプレーした後NPB球団に入った選手のMLB時代の成績は含まない。またアルフォンソ・ソリアーノは広島でデビューし、MLBに渡り日米通算で2097安打したが、このうち2095安打がMLBという数字のため、この番付には入れなかった。東は昭和、西は平成・令和と分けている。

横綱・王を筆頭に強打者がズラリ

 東の横綱は言わずと知れた王貞治。868本塁打はアンタッチャブルだ。大関はこれもアンタッチャブルな3085安打を打った張本勲。「喝!」でおなじみだった「日曜朝の顔」を昨年限りで退いた。関脇は2020年2月に亡くなった偉大な捕手、野村克也。監督としても南海、ヤクルト、阪神、楽天で采配を振るった。小結には3度の三冠王に輝く落合博満。中日監督として黄金期を築いた。

中日時代の落合 ©Sports Graphic Number

 前頭は40歳で二冠王、MVPに輝いた門田博光を筆頭に、ミスターカープ山本浩二、世界の盗塁王・福本豊、そしてプロ野球を「ナショナルパスタイム」にした史上最高のスター長嶋茂雄、連続試合出場記録を樹立した「鉄人」衣笠祥雄。山内一弘は野村克也が台頭するまで、プロ野球最強打者として君臨。シュート打ちの名人だった。

 昭和の幕内では、土井正博を除く全員が野球殿堂入り。近鉄、西武で2452安打、465本塁打を記録した土井正博がなぜ殿堂入りしていないのかは、殿堂入り表彰の時期になると話題に上っている。

 西は日米で活躍した大選手が上位に並ぶ。

イチロー・松井に続くのは誰だ?

 西横綱はイチロー、NPBで1278安打、MLBで3089安打。NPB通算打率.353、MLBでも.311、日本では史上最高の安打製造機、アメリカでは本塁打全盛の時代にあってスピードスターとして大活躍した。外野守備のすばらしさもあり、21世紀最高の外野手ともされ、2025年にMLBの殿堂入り資格を得れば1年目で殿堂入りすると予想されている。

 西大関は松井秀喜。NPBとMLBで10年ずつプレー。NPBでは球場サイズが大きくなった1988年以降、日本人選手としては唯一50本塁打を記録、MLBではヤンキースに入団。デレク・ジーターやアレックス・ロドリゲスなど並み居るスター選手に伍して中軸を打ち、2021年、大谷翔平に抜かれるまで日本人最多の31本塁打を打った。

ヤンキース時代の松井 ©Sports Graphic Number

 西関脇は金本知憲。広島、阪神で活躍。平成以降では最多の2539安打を打ち、1492連続試合フルイニング出場の記録を樹立した。

 小結は清原和博。PL学園時代から屈指のスラッガーとして知られ、歴代5位の525本塁打。主要タイトルはなかったが平成初期に最も投手から恐れられた打者だった。

 前頭筆頭には現役最年長の福留孝介。昨年から古巣の中日に復帰したが、NPBでは通算1951安打285本塁打、MLBでは498安打42本塁打。今季はNPB2000本安打、そして史上5人目の日米通算2500安打の期待がかかる。福留に続くのはこちらもPL出身の松井稼頭央。NPB時代はイチローに次ぐ安打製造機ぶりで、MLBとの通算ではイチローの4367安打に次ぐ2705安打を記録した。

西武時代の松井稼頭央 ©Sports Graphic Number

 さらに現役の青木宣親。昨シーズン最終盤まで通算打率でNPBトップに立ったほどのハイアベレージで、日米通算では2593安打。前頭7枚目のタフィ・ローズは外国人選手では最上位だ。

若大将、ミスタータイガースから最後の三冠王まで

 十両、幕下を見ていこう。

 昭和では十両に大杉勝男、加藤英司、昨年亡くなった大島康徳、そして若松勉、有藤道世、江藤慎一と、昭和の時代を彩った各球団の主軸打者が並んでいる。十両までは松永浩美を除いて全員、2000本をクリアしている。

 幕下筆頭には掛布雅之。RCでは田淵幸一よりも上位に来ている。通算1656安打だが貢献度は高かったのだ。さらに幕下4枚目には現巨人監督の原辰徳の名もある。

89年の原辰徳 ©Sports Graphic Number

 「若大将」は2000本安打は打たなかったが、主軸として活躍。幕下10枚目には初代ミスタータイガースの藤村富美男の名前もある。平成・令和の十両、幕下。十両筆頭は現時点で「最後の三冠王」の松中信彦。2枚目の坂本勇人は今季中に新入幕する可能性が高い。

 十両尻には、38歳にして西武の4番、中村剛也の名前がある。幕下筆頭には、同い年の松田宣浩がつけている。

「通算打率1位」の男が三段目に食い込む

 外国人初の2000本安打のアレックス・ラミレスは幕下4枚目。幕下の下位には内川聖一、糸井嘉男、中島宏之とベテラン現役選手が並んでいる。

 三段目を見ると、昭和では、このクラスになると野球殿堂入りしているのは戦前や1リーグ時代にデビューしたオールドタイマーだけになる。戦後のプロ野球を盛り上げたヒーローたちだ。レロン・リーは、昨年最終盤に青木宣親が「通算打率1位」の座から陥落したことで、オールタイム首位打者に復帰している。

 平成・令和では、丸佳浩、浅村栄斗、山田哲人、柳田悠岐と今働き盛りの現役選手が並んでいる。これから番付を上げていくだろう。

1〜3段目の拡大図は番付をクリックするとご覧になれます ©Kou Hiroo

 番付からは漏れたが現レッズの秋山翔吾がRC832、パイレーツの筒香嘉智はRC736、ともにMLBでは苦労をしているが、こうした選手にも注目したい。

 この番付は、プロ野球86年の歴史を築いてきた新旧のバットマンの総まくりでもある。野球ファン各位の新年の話題作りに役立てていただければ幸いだ。<投手編に続く>

文=広尾晃

photograph by Sports Graphic Number/Kou Hiroo