坊主頭、下宿生活、先輩たちの愛情溢れる指導、永遠に思える走り……。自身の礎を築いた原点で、いつだって思い出してしまう濃密過ぎる3年間。鹿実が誇る2人の天才が高校時代を語り合う。Number995号掲載『<名門高校OB対談>鹿児島実業・前園真聖×松井大輔「忘れもしない地獄の日々」』より全文掲載します(全3回の3回目/#1、#2も)。

「下下宿」と「上下宿」があるんだよな

前園 ユニホーム、よく持ってたね。

松井 実家にあったんですよ。親父が残しておいてくれたんです。

前園 すごいな。俺は実家にもあるかどうかわかんない。

松井 送って欲しいって頼んだら、「送料500万」って言われましたけどね(笑)。

前園 懐かしいなぁ。でも、俺と大輔は8歳違い。かなり違うと思う。もう共学?

松井 そうです。ヤットさん(遠藤保仁)のときから共学になったんですよ。

前園 校舎も立派なところに移ったあとだね。下宿は?

松井 最初の1年は下にいて、そこから上に移りました。

前園 「下下宿」と「上下宿」があるんだよな。上下宿は坂を上らなきゃいけないから結構大変。夏、はらら温泉入って上に上がると、もう汗かいてたでしょ。

松井 そうそう。

前園 そこからまた水浴びるってやつね。

松井 やってました(笑)。

鹿実時代の前園 ©AFLO

監督にめちゃめちゃ褒められて。それで…

前園 そもそも、大輔はなんで鹿実だったの? 選択肢がいっぱいあったでしょ。

松井 奈良育英、京都サンガ、ガンバ大阪とかの練習に参加して京都より西に行こうと決めてたんですよ。市船(市立船橋)からもオファーがあったらしいんですけどね。

前園 関東は考えてなかったんだ。

松井 チャラつくのが嫌だったんですよ。西に西に進んで行って、最後東福岡で終わろうと思ってたんですけど、あんまり欲しそうじゃなくて……。みんなから「欲しい、欲しい」言われてきたのに、「なんだよ」みたいになって。

前園 国見は?

松井 考えてませんでした。そんなとき友達が行くっていうから一緒に鹿実に行ったら、(松澤隆司)監督にめちゃめちゃ褒められて。それでだまされたってやつですね(笑)。

前園 そこは絶対に欲しいからね。

松井 ゾノさんは?

前園 地元の一番強い高校で選手権に出たいって思いからだよね。俺らの時代はテレビで見られるサッカーは選手権くらいだったから、あの舞台に立ちたいって思いが強かった。帝京の礒貝(洋光)くんとか国見の内田(利広)さん、高校では南宇和。活躍した選手や強い高校は印象に残ってる。鹿実は、そこまでインパクトのある選手がいなかったけどね。

松井 僕は2つ上、ヤットさんたちが出てた選手権は覚えてますね。

練習、なんとなく知ってましたが…行ったら地獄(笑)。

前園 それじゃ、練習がすごく厳しいとかは全然知らなかったの?

松井 なんとなくは知ってましたけど……。いろんなチームを見て、いい先輩がいないと面白くないなって思ったんです。見本になるような人がいないと。ヤットさんもいたし、2コ上の人たちはみんな強かった。鹿児島の人ってデカいじゃないですか。180cmくらいあって、ムキムキ。そういう人はなかなかいなかったんで、面白いなと思って。もともと中学校の先生にも「高校はフィジカルだよ。技術うんぬんじゃない」と言われていたんで、鹿実しかなかったわけですよ。自分が見たなかで一番強そうな高校は。

98年12月にはヴィッセル神戸と天皇杯で対戦したことも。ちなみに左の21番は那須大亮 ©Kyodo News

前園 うんうん。

松井 行ったら地獄でしたけどね(笑)。

前園 大輔の頃、厳しいトレーニングと言えば何があったの。男女共学で、グラウンドも近くにあったわけでしょ。合宿は?

松井 3部練習ですよね。

前園 地獄の3部練。そこは一緒なんだ。「ダッシュ期間」は?

松井 ……いや、毎日ですよ。

前園 何、毎日って? テスト期間にボール使わないで、ゴールラインからゴールラインまで何秒以内で走るっていうやつは?

松井 あぁ、それはゾノさんの時代ですよ。

前園 ほら。やっぱり違う。

松井 僕らの頃は、もうちょっと近代化というか(笑)。

前園 質がともなっているわけね。

松井 走る距離が決まっていましたから。400m×5本とか。1000m、800m、600m、200mか、3000m。

前園 ちゃんとインターバル入れて。

松井 そうですそうです。あとは、30分間走とかですかね。

前園 考えられたトレーニングだ。

松井 (ジョゼ・)カルロスがいたんで。

前園 ブラジル人コーチね。それはいいわ。メソッドに則ってやってるわけでしょ。

松井 機械をつけて心拍数160までとか。科学的トレーニングっていうんですか。

前園 俺らはもう190くらいイってるからね(笑)。

1人でも遅れたら本数が増える。それが地獄

松井 「昔の方がキツかった」って話は、よく聞かされてました。

前園 ダッシュ期間は、グラウンドの縦(約100m)を16秒で走って43秒くらいのジョギングで戻ってくる。それが50本から始まるんだけど、毎日5本ずつ増えていって、それを1週間やりとおす。

松井 えぇ!

前園 マネージャーが正の字を書いてて、1人でも遅れたら本数が増える。それが地獄。遅れると本数が追加されるから、遅いヤツはみんなで後ろから蹴飛ばしながら走る(笑)。当然ぶっ倒れるやつもいたけど、ヤカンの水をかけて、棒でケツ叩いて、また走る。

松井 あははは……。

前園 もうね、いまなら本当にダメ(笑)。最後は1秒早くスタートするとか、ターンを少し省略するとかしないと終わらない。監督が見てないところでマネージャーに正の字を1本追加させるとかね。それでも余裕で70、80本にはなる。

松井 それだけってことですか?

前園 ボールは使わない。テスト期間はダッシュ期間。それが地獄なの。試合で負けると、やっぱり走らされた?

松井 僕らのときは何人かの選手が横で正座。先輩がバリカンを持って出てきて、ハーフタイム中にバイ〜ンって(笑)。

前園 そのへんは変わってない。俺らの頃は強豪校が集まるフェスティバルとかで負けると、試合中にグラウンドの外周を四つ足で永遠に回るっていうやつがあった。膝をついちゃいけない四つ足だから、こういう状態だよ。最後はケツが割れる。

松井 ヤバっ。

前園「夜中に足上げ20分とか、ワケわかんない(笑)」

前園 下宿生活や上下関係は?

松井 1年生の頃は3年生が恐すぎて……。一度「試合に出ろ。意見も言った方がいい」と言われたんですけど断ったんですよ。京都の人間なんで、鹿児島の人たちからしたら「何、県外生が言ってる」ってなるじゃないですか。風当たりも強い。だから、もういいから僕に関わらないでって感じ(笑)。

前園 ホント恐いよな。洗濯当番もやってたでしょ。

松井 はい。だから、寝るのは3時でした。

前園 下宿先でね。先輩が先に寝てから洗濯して干して、寝るのは3時頃。それで朝練がある。地獄だよね。

松井 先輩から何か言われるたびに、ビクビクしながら生活していました。

前園 合宿に行っても夜中に呼び出される。伝統としてわかってるから、夜も眠れない。「はい、前園!」とか呼ばれてトレーニング。足上げとか腕立てとか。

松井 トレ!

前園 「はい、トレね」って。夜中に足上げ20分とか、もうワケわかんない(笑)。

松井 でも、高校時代の思い出が一番濃くないですか?

前園 そうだね。

松井 いつまでも話せます。本当にいろんなことがあったから。

前園 でも、一番帰りたくない場所。あの練習だけは本当に……。

松井 それはそうですね。

前園 よくやったなって自分でも思う。

故・松澤先生の自宅には松井、遠藤保仁らの写真が飾られていた ©Tetsuo Kasukawa

「ムリやり怪我したんです」「ちょっとよくわかんない(笑)」

松井 そう言えば僕、1回逃げ出したことがあるんですよ。

前園 マジで! どこを、下宿?

松井 みんながインターハイに行ってるとき、僕は怪我してたんです。というか、ムリやり怪我したんですよ。

前園 うん……って、ちょっとよくわかんないけど(笑)。

松井 いや、行きたくないんで。自分でコンクリートブロックか何か蹴って足を腫らして。「こっちとこっちのデカさがもう全然違いますし、本当にダメみたいです」って言ったら「下宿に帰れ」と言われて。でも、やることないんですよ。怪我してるし。だから無断で京都の実家に帰ったんですよ。

前園 勇気あるね。

松井 そうしたら、親父が「なんで帰ってきてんだ!」って怒って。そのまままた飛行機乗って鹿児島に帰りましたよ(笑)。

前園 あははは……。

格好いいサッカーをできない悔しさはあった

松井 ゾノさんの頃のサッカーは、鹿実伝統の堅守速攻ですか?

前園 それがすごく嫌だったんだよ。コンプレックスで。東のチーム、それこそ帝京とか市船とか清水商とかと試合するとチンチンにやられるわけ。あっちのチームは格好いいサッカーするでしょ。ポゼッションサッカーでテクニックもあって。それが悔しかった。俺たちは走るだけ、スピードだけだったから。鳥かごみたいな感じでボールを回されて、全然取れないんだから……。

松井 そうだったんですね。

前園 俺らの頃は読売ユースとかもすごく強くて、みんなチャラチャラした感じだった。俺たちが走らされている隣で、笑いながらサッカーしているように見えたよ。アイツらのような格好いいサッカーをできない悔しさはあった。だから全国で勝つしかない、結果で見返すしかないと思ってた。

松井 僕らの時代は、意外とサイドを使ったサッカーでしたね。昔の鹿実とは少し違ってサイドは速い選手、真ん中はデカい選手。みんな強くて、能力も高かったと思います。僕は中盤で自由にボールを持って、サイドアタッカーを生かすパスを出す役目だったので、すごく面白いサッカーをやらせてもらっていました。

前園 プレーに関して監督から何か言われてた?

松井 ボールを早く離せってことくらいですかね。ゾノさんもそうだと思いますが、中学時代までのお山の大将が集まってるわけじゃないですか。みんなドリブルしたがる。だから、早く離せって。

鹿実時代の松井 ©Kazuaki Nishiyama

前園 大輔は自由を与えられていたでしょ。

松井 僕と(田原)豊くらいですね。

前園 限られた何人かだよね。俺たちの頃は俺と、1年で入ってきた城(彰二)とアキ(遠藤彰弘)くらいかな。プレーに関して「これをやるな」って指示はなくて、逆に自分の得意なプレーを出さなかった場合には怒られた。自分の良さを伸ばしてくれた部分はあったかな。そこが松澤監督の良さだったと思う。

松井 選手それぞれの個性を殺さないように、ある程度の人たちには自由を、ある程度の人たちには規制を与えてやってたんじゃないかと思います。選手たちが自立することを促していたのかもしれません。

前園 厳しさだけだったら、鹿実からこれだけ個性的な選手が出てくるはずがない。

松井 本当にそう思います。選手権、ゾノさんは3年連続で行ったんですか?

前園 うん。

松井 すごいですね。

前園 鹿実しかいなかったからね。1年のときベスト8、2年のとき初めて国立に行って国見に負けて準優勝。3年のときは優勝候補と言われたけど、四中工(四日市中央工業)と両校優勝した帝京に準々決勝で負けたんだよ。

松井 僕たちは決勝で市船に負けました。市船はイタリアみたいに相手の良さを消して、FKとカウンターで勝負を決める。最後に勝つのは戦術を持ったチームなんだって思った。あの敗戦が生きたかどうかわからないですが、プロに行ったらこの市船のメンバーよりも絶対に活躍しようと、強く思いました。

南アフリカW杯での松井 ©JMPA

「みんながプロに行けるわけじゃないからね」

前園 高校サッカーは特別。俺の場合3年間しか一緒にやれないメンバーと最後っていう寂しさもあったけど、プロ化の話があったので、プロになってどう活躍するかってことを考えてたかな。終わったら次って感じ。そういう時期だった。

アトランタ五輪最終予選での前園、城ら ©Naoya Sanuki

松井 僕は京都サンガに決まってたんですけど、それでも国立に行って優勝することだけを考えていました。すべての高校生が持つ大きな目標、選手権で優勝するっていう目標に向かってみんなで走っていたあの時期は、すごくよかったと思う。そのために、誰よりも上手くなりたいと思ったし、メンタルも強くしないといけないと思った。一つひとつ階段を上っていく必要があって、そこで踏ん張れたからいまがある。

前園 みんながプロに行けるわけじゃないからね。社会人になったり大学に進んだり。なかにはサッカーを辞めるヤツもいる。高校サッカーは限られた期間のなか、ひとつの目標に向かってみんながチームワークを持ってやらないといけない。そこには厳しさがあるし、友情や仲間意識もある。Jリーグの下部組織とは違う良さが詰まっていると思う。ツラいことも含めたいろんな経験は社会に出たとき必ず役に立つ。そこが高校サッカーの良さじゃないかな。

<#1、#2からつづく>

文=粕川哲男

photograph by Masakazu Yoshiba