40歳での鮮烈なFA宣言、巨人へ電撃移籍した落合博満……1993年12月のことだった。
あれから30年。巨人にとって落合博満がいた3年間とは何だったのか? 本連載でライター中溝康隆氏が明らかにしていく。連載第8回(前編・後編)、巨人1年目落合博満40歳は濃いシーズンを送る。野村ヤクルトとの大乱闘から1週間……あの完全試合の夜、落合は槙原寛己の大ピンチを救っていた。【連載第8回の後編/前編へ】

◆◆◆

「ゴネ得」週刊誌から叩かれた槙原寛己

 男の人生なんて一寸先はどうなるか分からない――。横浜スタジアムでの先発試合が3回途中で流れた翌16日、槙原寛己は元広島投手で脳腫瘍により亡くなった津田恒実のドキュメンタリー番組を食い入るように見た。前夜にNHKで放送された番組を妻が録画しておいてくれたものだ。ふたりはともに1981年ドラフト1位でプロ入りしている同期生で、津田は1982年、槙原は1983年の新人王に輝いている。背番号17は福岡遠征のため自宅を出る直前まで、そのビデオを見ると、こんな言葉を呟いたという。

「津田さんは野球がやりたくてもできなかった。オレは投げられるだけ幸せだと思うよ」

 前年オフ、FAでの他球団移籍が報道される中、長嶋茂雄監督から17本のバラ(実際に数えたら20本だった)を送られ、巨人残留を決めた槙原だが、前年の推定年俸7800万円から1億2000万円への大幅アップに加え、功労金4000万円、3年間のトレード拒否権といった当時としては破格の好条件は、“ゴネ得”と週刊誌から叩かれた。しかも、春季キャンプは右ふくらはぎ痛で出遅れた上に、復帰後すぐに今度は左ヒザ痛でリタイア。チーム投手最高給でありながら、度重なる離脱は自己管理の甘さを指摘された。

落合「何やってんだ!」

 5月18日の福岡ドームの試合でさえ、直前に門限を破り、1か月の外出禁止を言い渡され、18日に勝利投手になればそれが解かれる自由への戦いだった。初回、槙原はカープ打線を三者凡退に抑え、その裏に四番落合博満の右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打で巨人が先制する。そこから快調に飛ばし、5回二死で金本知憲を投ゴロに打ち取り、これで勝ち投手の権利だと思った瞬間、気持ちが緩んだ槙原は危うく痛恨のミスをしかける。

「余りに浮かれたボクは、ボールを中途半端に1塁に放ってしまいました。ボールは、フォーク以上に、明白に落ちました。そう、ワンバウンドです。『!』1塁の落合(博満)さんが、必死になって体で止めてくれた。『何やってんだ』って顔してましたよ。ありがとうございます、落合さん。自由を得られたのは、落合さんのおかげです」(プロ野球 視聴率48.8%のベンチ裏/槙原寛己/ポプラ社)

 ここがゲームのターニングポイントだった。九死に一生を得た背番号17は、その後危なげなくひとりの走者も許さないまま、9回表のカープの攻撃を迎えるのだ。午後8時14分、広島27人目の打者・御船英之の打球は一塁側ファウルグラウンドに力なく上がり、落合が構えたミットにおさまった。その普段は常に余裕すら感じさせるオレ流らしからぬ懸命な打球の追い方と、三塁を守る長嶋一茂のバンザイと、マウンド上でジャンプする槙原の姿は、「平成唯一の完全試合」として人々に長く記憶されることになる。

長嶋監督「落合の後押しがあったから…」

「5、6回あたりから“これ、行っちゃうな”というのはあったよ。意外に早かったわけ、これ行くなと思ったのは。だから、守っていて固くなるということはなかった。流れの中でわかるんだよ、これは行く、行かないというのが。あの試合に関しては1回もマウンドに行っていない。絶対、流れを断ち切ったらいかんと思っていたから。それだけは気を遣っていたんだ」(激闘と挑戦/落合博満・鈴木洋史/小学館)

 オレ流も絶賛したその投球内容は、打者27人に対して全102球、奪三振7、内野ゴロ11、内野フライ6(うち捕邪飛1、一邪飛2)、外野フライ3で史上15人目の完全試合を達成。前半は速球で押し、中盤以降はフォークやスライダーを低めに決めゴロの山を築いた。1978年の今井雄太郎(阪急)以来16年ぶりの偉業で、いまだにドーム球場唯一の完全試合でもある。

 当日、落合もそのバットコントロールを高く評価する広島の前田智徳は、クリーンアップを組む江藤智とともに故障で欠場しており、若かりし日の眼光鋭い前田は、「ワシと江藤さんのいないカープから完全試合して嬉しいかって、槙原さんに言うといてください」なんて強烈なコメントを残している。

 球団通算7000試合目のメモリアルゲームを、これ以上ない最高の形でものにした長嶋監督は、神宮での乱闘騒動以降の重い雰囲気を振り払うかのように、グラウンドに飛び出して背番号17に抱きつき祝福。試合後は、「確かに槙原も凄かった。それで目立たなくなってしまいましたが、(先制打を放った)落合の後押しがあったからこそ、槙原の快挙になったんですよ」とここでも40歳の四番打者を立てることを忘れなかった。

巨人OBが落合に苦言

 しかし、一方で満身創痍のまま試合に出続ける背番号60に対しては、相変わらず批判的な声もあった。

 400勝投手の金田正一は「週刊ポスト」の自身の連載「カネヤンの誌上総監督」において、「はっきりいって、マスコミから同情されるようでは選手生命はおしまいなんですよ」とオレ流に苦言を呈している。

「スポーツマスコミはこぞって『耐える4番』と、まともにバットが振れる状態ではないことを強調し、落合も打席で空振りをした直後に痛みをこらえるようにしゃがみ込む。こういうことはチームが好調だから許されとるが、プロフェッショナルとしてはあるまじき行為なんじゃ」(週刊ポスト1994年5月20日号)

 しかし、故障が癒えると徐々に落合のバットは上向いていく。5月26日の阪神戦を雨で流すと、全試合出場中の落合は「最高の雨。恵みの雨。とにかくうれしい雨。いまは雨が一番だよ」と体を休め、一時は2割2分台にまで落ち込んだ打率もじわじわと2割7分台にまで回復。

 5月31日の中日戦では延長10回に松井が、プロ初の第8号サヨナラアーチを東京ドームの右翼席上段に叩き込んだ。これには長嶋監督も「ウチはこういう野球、ドラマチックに行くんです。報道陣のみなさんも楽しんでますか」と上機嫌だ。巨人は13勝6敗の4月に続いて、5月も13勝10敗で乗り切り、26勝16敗の貯金10。2位中日に3.5ゲーム差をつけて首位を快走する。

 そんな好調を維持する長嶋巨人において、ひとり取り残された男がいた。

 開幕直前に左アキレス腱の部分断裂を負い、ギプス姿のままジャイアンツ球場でリハビリを続けた背番号8。昨年までの四番打者、35歳の原辰徳である――。

<前編《落合もケンカ…伝説の大乱闘》編から続く> ※次回掲載は12月10日(日)予定です(月2回連載)。

文=中溝康隆

photograph by Sankei Shimbun