2024年シーズンに向けた合同テストが幕を開けた。

 今年のF1は史上初めて、全ドライバーが2年連続で同じチームから出場することになった。しかし、F1に同じシーズンは一度としてない。それは今年も同様で、そのことは2月に発表された新車を見てもわかる。

 車体製造に関する新レギュレーションが導入されて3年目を迎える今年は、どのチームも23年のレッドブルの長所を参考とし、大きく進化したマシンを登場させてきた。

 その中で特に目を引いたのは、昨シーズン後半にレッドブルの脅威となるほど急速に競争力をつけていたマクラーレンだ。「打倒、レッドブル」を掲げて製作された新車MCL38の発表には、巧妙なトリックが隠されていた。公開された写真は、空力パーツの一部がコンピュータによって加工されていたのだ。

 なぜ、マクラーレンはディテールを隠したのか。今年こそ、マクラーレンで悲願の初優勝を狙うランド・ノリスはこう語った。

「可能な限り長く知的財産を守りたいからさ。1週間後のテスト(2月21〜23日)で走らせれば公になるけど、それまで少しでも長く隠しておくことは、いまに始まったことじゃないよ」

 F1の空力の開発は、常にライバルチームのデザインを参考にしている。だから、新しいアイディアを投入するときは、ライバルチームにコピーされないよう、できるだけ隠しておくというのがF1界の常識だ。

ニューウェイの新たなチャレンジ

 追われる立場のレッドブルも新車RB20を発表したが、それは開幕3戦だけの限定仕様で、4戦目の日本GPからは大きく変身したアップグレード仕様が導入される見通しだという。しかもその仕様とは、メルセデスが昨年途中にあきらめた、空気抵抗の低減を狙う「ゼロポッド」コンセプトだという。

 昨年22戦21勝してもなお、進化を止めないレッドブル。その開発を指揮するのは、空力の鬼才、エイドリアン・ニューウェイだが、過激とも思えるチャレンジは果たして成功するのか。もし、成功した場合、ライバルチームはどうするのか。

 レッドブルを止めるのがどのチームなのかという興味とともに、今年は先鋭化した空力の開発競争の行方にも注目が集まっている。

 そのレッドブルと技術的な協力体制を築き、角田裕毅が所属するイタリアチーム「旧アルファタウリ」も注目の的となっている。その理由のひとつが新たなチーム名称で、今年1月にビザとグローバルパートナーシップ契約を交わし、発表されたチーム名は「ビザ・キャッシュアップRB・F1(以下、VCARB)」だったからだ。当初は長い、省略できないと、関係者の間でも不評だった。

 だが、昨年まで限定的だったレッドブルとの技術提携を、今年はレギュレーションの範囲内で緊密に行うよう大きく方向転換。ライバルたちにとっては脅威となっている。新車VCARB 01はサスペンションを前後ともにプッシュロッド方式にするなど、大幅に「レッドブル化」してきた。シェイクダウンを行った角田は新車の印象を次のように語る。

「去年の同じ時期と比べると、2歩も3歩も進歩した感じ。全体的に扱いやすくなってポジティブです」

新体制で注目度大のビザ・キャッシュアップRB

 チーム名とマシンだけでなく、体制も大きく変更となった。チーム創設時から代表を務めてきたフランツ・トストが昨年限りでその座を降り、代わって今シーズンから新生VCARBの指揮を執るのは、フェラーリから移籍してきたローラン・メキースだ。

 今年1月に移籍してきたメキースは、さっそく技術部門の体制強化に着手。ティム・ゴス、ギヨーム・カッテラーニ、アラン・パルメインの3人のビッグネームの獲得に成功した。

 ゴスはマクラーレンのエンジニアとして28年にわたって働き、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、ルイス・ハミルトンとも仕事をした大物。カッテラーニはロータス、マクラーレンで経験を積んだ後、レッドブル・テクノロジーに所属していたベテラン。その経験により、レッドブル化を進める新チームで重要な役割を果たすと考えられる。パルメインもまた、ベネトン、ルノー、ロータス時代に、フェルナンド・アロンソやキミ・ライコネンといったチャンピオンたちとレースをした経験があるベテランだ。

 今年は王者レッドブルだけでなく、「もうひとつのレッドブル」たるVCARBからも目が離せなくなりそうだ。

文=尾張正博

photograph by Getty Images / Red Bull Content Pool