結果を出せば一躍、眩いスポットライトが当たるスポーツの世界では、数々のヒーローとともに多くの“消えた天才”も生み出してきました。これまでNumberWebで公開されてきた記事の中から、特に人気の高かった「天才アスリート」にまつわる記事を再公開します。今回は大学駅伝から、服部凱杏さん編です!〈初公開:2023年10月16日/肩書などはすべて当時〉 

 10月14日、舞台は立川・国営昭和記念公園。

 例年とは少し違う好奇の注目も集めながら、立教大学は6位で箱根駅伝予選会を通過し、2年連続の本戦出場を決めた。上野裕一郎前監督が予選会直前に解任されるという逆風を受けながら、選手たちはそのタフさを存分に発揮した格好だ。個人14位に入った関口絢太(4年)を筆頭に、下級生主体ながら7人がハーフマラソンで63分台以内を記録するなど、盤石の安定感を見せた。

 予選会にエントリーされたメンバーやスタッフが部のテント前で喜びを爆発させ、歓喜に沸く江戸紫の輪から少し離れたところに、4年生の服部凱杏(かいしん)の姿はあった。

 昨年の箱根駅伝本戦で7区を走った服部だが、今回の予選会では14人の登録メンバーからも漏れていた。服部本人が振り返る。

「年始の箱根後から、ちょっと走りの感覚が良くなくて。4月頃から走るのをいったんやめていたんです。6月までは陸上から離れるというか……走る練習をストップして。6月からは夏合宿に向けて練習を積んでいたんですけど、小さなケガもあって間に合わなくて。そこからちょっと予選会への流れに乗るのが難しくなってしまいました」

 100回目の節目を迎える今季の箱根駅伝。

 中でも注目を集めるのは、多士済々の4年生ランナーたちだ。

「黄金世代」のはじまりは中学時代から

 東京五輪、ブダペスト世陸の3000mSCで入賞経験のある三浦龍司(順大)、昨季の箱根路“花の2区”で快走を見せた吉居大和(中大)、“常勝”駒大のキャプテンにしてエースの鈴木芽吹など、世界レベルの活躍を見せている選手も多く、大学陸上界でも史上屈指の活躍を見せている。

 実は彼らの世代が最初に話題になったのは、今から7年前の中学時代まで遡る。

 この年の中学陸上界は、異例づくしの1年間だった。800m、1500m、3000mの、中学で実施される中長距離種目のすべてで中学記録(当時)が更新されたのだ。しかも、ひとりではなく何人もの選手がそんな破格の記録をマークした。林田洋翔(現三菱重工長崎)、佐々木塁(現青学大)、馬場勇一郎(現明大)、そして服部。“BIG4”とも“四天王”とも呼ばれた4人のランナーを旗頭に「最強世代」として一躍、ファンの注目を集めることになる。

 そして、そんな黄金世代の中でも先頭を走ってきたのが服部だった。

 1500mで中学記録(当時)を更新し、全中では他の3人を抑えて同種目で優勝。ちなみに1500mには吉居も出場していたが、予選落ちに終わっている。全国中学校駅伝ではエースの集まる1区3kmで区間賞を獲得した。速いだけでなく、強さも兼ね備えた、まさに世代のトップランナーだった。

 高校は故郷の愛知から越境して強豪の長野・佐久長聖高に進学した。

 春先から好走を見せると、全国高校駅伝では1年時にいきなり2区で区間賞を獲得。チームの全国優勝に貢献する。トラックレースでも高校2年時には5000mの北信越地区大会で優勝。その際には同じ高校のライバルだった鈴木や、1学年上で青学大のエースだった岸本大紀(現GMO)にも圧勝している。その後のインターハイでも2年生ながら決勝まで駒を進めるなど、中学時代の前評判にたがわぬ強さを見せていた。

 ただ、現実世界でもフィクションでも、往々にしてヒーローは遅れてやってくる。今思えば、服部の覚醒はあまりに早すぎたのかもしれない。

「最後に気持ちよく走れたのが高2の北信越大会だった気がします。その頃までは順調に記録も伸びていたし、世代の中でもトップクラスをキープしていましたから」

 ところが、その頃を境に順風満帆だった服部のランナーとしての命運は大きく狂っていくことになる。

「最強世代」トップランナーだったはずが…突然の失速

 きっかけは、小さな足の痛みだった。

「それまでは大きなケガもなかったし、当時は我慢していい痛みと、悪化してしまう痛みの違いがわからなかったんですよね。多少痛みが出ても、『練習していれば治るだろう』と。周りのライバルたちの結果も気になって、『やらないと』という焦りもありました。少しずつ痛みが悪化して、たまにレストを入れても『いつまでも休んでいても治るわけじゃない。(練習)続けるか』みたいな自己判断で強行していた部分がありました」

 そうして、痛みが出れば少し休んではまた練習を再開し、結果、悪化することを繰り返した。そんなことをしているうちに、痛みは少しずつ大きくなっていった。

 ケガそのもの以上に深刻だったのが、痛む箇所を無意識にかばって走るあまり、段々と好調時の走り方を思い出せなくなっていったことだった。

「ふと『あれ、以前はどうやって走っていたんだろう……』と。それまでは考えたこともなく走れたのに、どうしても戻すことができなくなって」

「走る」という単純動作の繰り返しである長距離競技において、通常は身体の動かし方を深く意識することはほとんどない。だからこそ、一度それを気にしだすと、かえってどんどん正解を見失っていった。

「高2の冬頃からはもうずっとダメでした。調子が良いとか悪いとか、そういう次元じゃないんです。常にどこかが痛くて、そのまま走るから走り方も安定しない。でも周りの活躍は気になるから、(練習を)止められないんです」

 高3の夏のトラック路線は、それでもなんとかごまかしながら1500mと5000mでインターハイまではたどり着いた。だが、全国の舞台で予選落ちに終わると、負のスパイラルはどんどん深まっていった。

 迎えた12月、高校最後の都大路。

 すでにチームのエースとなっていた鈴木を軸に、この年も佐久長聖高は全国で3位に食い込んだ。だが、そのメンバーに、世代を引っ張ってきたはずの服部の名前はなかった。

「結局2年目の不調をそのままずっとひきずって3年目に入っちゃって。練習も休むタイミングがわからないまま続けてしまって、最終的に都大路もメンバーから外れることになってしまいました」

駅伝強豪校ではなかった立大を選んだ理由は…?

 そんな失意の服部が進学先に選んだのが立大だった。

 同時期に立大は100回大会での本戦出場を目指して「箱根駅伝2024」事業を始めた。服部はその1期生にあたる。入部を決めた一番の理由は、同じ高校のレジェンドでもあった上野前監督の存在だった。「世界を視野に」という勧誘時の熱量も相まって、当時は強豪校とは言えなかった同大に進学を決めた。

 そして新天地で、ようやく服部はすこしずつ輝きを取り戻す。

「監督がすごく休ませてくれて。『とにかく痛いなら(練習を)止めな』と言われて。それまでは休むのが怖くて、つい少し痛みが治まって来ると走ってしまっていた。でも、大学に入ったらすぐ『とにかく完治させてから』と。それで、少しずつ練習が積めるようになりました」

 トレーニングをこなせるようになると、すこしずつ記録の伸びも戻ってきた。2年時には1500mで日本最高峰の舞台である日本選手権に出場すると、全日本大学駅伝の予選会でも好走。トラックレースでも自己ベストを連発するなど、かつての輝きを取り戻しかけた瞬間もあった。

 ただ、その頃からまた走りに「感覚のズレ」が起きるようになっていった。

 自分のイメージと体の動きが一致しない。思った通りの動きができない。その感覚は、今も服部を苦しめているという。

 そしてその間に、かつては服部の後ろを走っていたはずの三浦や吉居、鈴木といった同期のライバルたちは、どんどん手の届かない世界へと走っていった。

「『悔しいな』という気持ちも最初はあったんです。でも、途中からもう尊敬の気持ちというか。『すご……』と思うだけみたいな。ここまでくるともう、過去の栄光とか、プライドとか言ってられないなという感じです。すごすぎて……」

 一度頂点を極めた選手だからこそ、そこから振り落とされる苦しさは、勝ったことがない選手よりもはるかに大きなものだ。服部本人は飄々と振り返ってくれたが、人生の多くを懸けて手にしてきたプライドをかなぐり捨てるのも、相当の葛藤があったことは想像に難くない。

 ただ、それでも服部は走るのを止めようとは思わなかったという。

 その理由を尋ねると、少し考える仕草をしたあとで、こんな風に答えてくれた。

「うーん……やっぱりどこかで自分自身に期待しているんですよね。それは今でも変わらない。周りから見れば無謀に見えるのかもしれない。でも『すごいな』と思う反面で、客観的に『あいつらができるなら、自分だってできるはずだよな』という風に思っている部分もあるんです。だから、心が折れるとかはなかった。箱根についても、本戦は絶対に走るつもりでいるので」

「往路の主要区間を走れるようにならないといけない」

 箱根本戦まで、あと2カ月強。

 2年連続で予選会を上位で通過し、すでに「箱根常連校」に片足を突っ込みつつある立大で、予選会のメンバー外という立ち位置から、本戦の出場候補に滑り込むのは決して簡単なことではない。

 それでも服部は、「1区、2区とか往路の主要区間で、上位で走れるようにならないといけないとは思っています」と、負けん気の強さも見せる。

 かつて全国の頂点に立った天才ランナーの目は、土壇場でもまだまだ死んでいなかった。

 諦めなければ、可能性は常に存在する――。

 いつだって、ヒーローは遅れてやってくるのだから。

文=山崎ダイ

photograph by Yuki Suenaga