28日午後、大分空港で飛行訓練をしていた小型機が着陸の際滑走路を外れました。

乗員にけがはないということです。

国土交通省大分空港事務所などによりますと、午後2時10分ごろ訓練用の小型飛行機が着陸の際滑走路の左にそれて機体が180度回転。その後停止しました。

教官と訓練生など合わせて3人が乗っていましたがいずれもけがはないということです。

小型機は正午過ぎに大分空港を発ち戻ってくる予定でした。

事故の影響で一時離発着ができませんでしたが、午後4時ごろ運航が再開されました。

滑走路閉鎖により出発便・到着便、合わせて5便が欠航し、1便が行き先を変更しました。

この後も遅れが発生する見通しです。