南海トラフ地震が発生した時に迅速な初動対応が取れるよう日出町が訓練をしました。

高知県沖を震源とするマグニチュード8.4の地震で町でも震度5強を観測し、津波が襲ってきた想定です。職員44人が10班に分かれ道路や建物、ライフラインなどの被害状況を確認し共有するまでの流れを確認しました。8日は、大きな地震の揺れを体感できるシミュレーターを使った研修を開き、職員の防災意識を高めたいとしています。