大分市に住む70歳の男性がおよそ850回にわたり、総額1500万円分の電子マネーを騙し取られる特殊詐欺事件が発生しました。

電子マネーによる県内の被害額としては過去最高です。

警察によりますと去年7月、大分市に住む自営業の男性の携帯電話に「当選おめでとうございます」などと嘘のメールが送られてきました。

その後、男性は誘導されたインターネットサイトで「32億円あまりの財産を受け取って欲しい」などといったやりとりを繰り返したということです。

その結果、半年間にわたりおよそ850回、コンビニエンスストアで購入した電子マネーの利用権総額1500万円分を騙し取られたということです。

県警によりますと電子マネーを購入させる手口の被害額としては過去最高ということです。