ボルボ・カー・グループは、完全自動運転の技術開発で世界をリードするWaymo(ウェイモ)と戦略的パートナーシップを結ぶことを発表した。

ウェイモは、ボルボ・カー・グループのL4(米国自動車技術者協会「SAEインターナショナル」によって定義されたレベル4の自動運転技術)指定パートナーである。両社はまず、ウェイモの完全自動運転技術「ウェイモ ドライバー」を、配車サービスのための全く新しいモビリティに特化した電気自動車プラットフォームに統合することを目的として協力していく。

「完全自動運転車は、これまでにないレベルまで路上の安全性を向上させ、人々の生き方、仕事、旅行に変革をもたらす可能性を秘めています」とボルボ・カー・グループの最高技術責任者であるヘンリック・グリーンはこのように述べ、さらに「ウェイモとのグローバルなパートナーシップは、ボルボ・カーズ、Polestar、Link & Co.にとって、新しくエキサイティングなビジネスチャンスを切り開きます」と続けた。

ウェイモの自動車分野の最高責任者であるアダム・フロストは、「ボルボ・カー・グループとの重要なパートナーシップは、ウェイモ ドライバーを数年間にわたり海外展開するうえで、競争の激しい自動運転分野において重要なマイルストーンを示しています。また、ボルボ・カー・グループは、路上をより安全にし、移動手段としてより身近で環境に優しい自動運転の未来を創造するという私たちのビジョンを共有しています。我々は最新の自動車パートナーとしてボルボ・カー・グループを迎えられることをうれしく思います」と述べている。