ユニークなカスタムカーを製作することで知られる、ラポ・エルカン率いるガレージ・イタリアが特別な2台をオークションに出品すると発表した。

Wannenes アートオークションに、ラポ・エルカンが所有するアバルト595 コンペティツィオーネとフェラーリ GTC4 ルッソを2台セットで出品。いずれも"アズーロ・ラポ"と"ガレージ・イタリア・ブル"のツートンで仕上げられ、インテリアもブルーでカスタムされている。ガレージ・イタリアオリジナルのビスポークモデルである。推定落札価格は37万5000ユーロ〜75万ユーロとなっており、落札額は子供たちを支援するLAPS財団へと寄付される。



この出品について、ラポ・エルカンは次のようにコメントしている。「私はこの2台に愛着があります。どちらの車にも、私のお気に入りの色である、"アズーロ・ラポ"と"ガレージ・イタリア・ブル"が使用されています。購入したときはこの2台をユニークなカスタムの象徴にしたいという想いがありました。できるカスタマイズを追い求め、個人的に監修しました。しかし今回、心理的または社会経済的苦痛の状態にある多くの子供たちの生活を支援することを目的としているLAPS財団を発展させるため、2台をオークションにかけることに決めました」

オークションは7月16日にオンラインで開催され、他にもクラシックカーやパーツ、オートモビリアなどが出品される。