日産自動車は、同社が描く未来のモビリティ社会をインタラクティブに体感できる、体験型エンターテインメント施設「ニッサン パビリオン」を期間限定で、横浜みなとみらい21地区にオープンした。

「ニッサン パビリオン」では、日産の電動化・自動運転化など、「ニッサン インテリジェント モビリティ」が描く未来のモビリティ社会を、さまざまな体験コンテンツを通じて、幅広いゲストに届ける。

日産の社長兼CEOの内田 誠氏は、オープンセレモニーにおいて、「日産自動車のデザイナー自らがデザインしたこのニッサン パビリオンは、最先端のテクノロジーや革新的な商品を通して、日産が描く未来のモビリティ社会を、見て、感じて、ワクワクして頂ける場所です。このパビリオンでご体感いただける数々のテクノロジーは、日産の”挑み続ける精神”の一端です。私たちは事業構造改革に取り組みながら、近い将来、ひとつひとつ、現実の技術や商品として、皆さまにお届けして参ります」と述べた。



ニッサン パビリオンは、同施設のコンセプト、「人間の可能性を拡張する」をキーワードに、技術のイノベーションを通じて日産が描く近未来の暮らしを、エンターテインメント、アート、メディアなど各種コンテンツ、インスタレーション制作で活躍するクリエイターの視点や解釈により具現化している。

7月15日にお披露目した新型クロスオーバーEV「日産アリア」の展示や同乗体験をはじめ、見えないものを可視化する技術「Invisible to Visible(I2V)」を駆使したコンテンツや「Formula E」レースのバーチャル体験などは、小さな子供から大人まで幅広い方に楽しんでいただけるアトラクションだ。また、運転支援技術「プロパイロット」、サービスやコミュニケーションの可能性を無限大に広げる「コネクティビティ技術」などといった日産の技術や取り組みを題材にしたエンタメ体験では、車やその技術が可能にする人の感覚の拡張、移動により生まれる人と人の繋がり、より強靭に活性化する街の姿などを、見て感じていただくことができる。



さらに、パビリオン内には日産が目指すエネルギーのエコシステム「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」を導入した「NISSAN CHAYA CAFE(ニッサン チャヤ カフェ)」を併設。このNissan Energyは、電気自動車で来場したゲストが、カフェ横の駐車スペースに駐車すると、電気自動車の電力がカフェへ給電、その電力はカフェで使用する電気となる、という画期的な仕組みとなっている。駐車料金無料という特典に加え、カフェで使用できるコーヒークーポンもサービス。なお、NISSAN CHAYA CAFEでは、地産地消にこだわって開発したオリジナルメニューを提供する。



尚、本パビリオンで使用する電力は、100%水力由来の電力を使用し、CO2排出のないゼロエミッションを実現している。

併せて、3年に一度、横浜市で開催される現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ」と同時期に開催する「日産アートアワード」の2020年度入賞者新作展も「ニッサン パビリオン」にて開催。

オープンは2020年10月23日までとなっている。ぜひ一度、足を運んでいただきたい。