シボレーは、インディカーとの現在のエンジンパートナーシップ契約を新たに複数年延長することに合意した。シボレーは今後も10年間にわたり、NTT インディカー・シリーズに持続性と革新性を提供する。

インディカーの社長ジェイ・フライは「シボレーという偉大なパートナーとの長期にわたる複数年の契約延長を発表できたことは、驚くべきことです。車のイノベーション、新たな 2.4 リッターエンジンとハイブリッド技術により、インディカーはエキサイティングな時代を迎えようとしています」 と述べている。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、ハイブリッド技術を搭載した 2.4 リッターのツインターボ V6エンジンのインディカーへの導入は、2023年まで延期されることになった。シボレーとホンダとのパートナーシップにより、この新型エンジンは100馬力のパワーアップをし、最終的には 900馬力以上のパワーを生み出すことになる。



ゼネラルモーターズ(GM)の社長マーク・ロイスは、「シボレーは2012年に 2.2リッター ツインターボ直噴 V6エンジンを搭載して NTT インディカー・シリーズに参戦して以来、大きな成功を収めてきました。アメリカで唯一のオープンホイールレースシリーズにおいて我々のエンジン技術の完璧なショーケースであり、インディカーと共にこれから歩めることに興奮しています。チームオーナーのロジャー・ペンスキーと彼のチームが、最先端の、今なお発展し続けるインディカー・シリーズを、確実に更なるレベルへと高めてくれるでしょう」と述べている。



新設計のパワートレインシステムは従来の手動式のハンドヘルドスターターとは一線を画し、万が一マシンがコース上でストールしてしまった場合でも、ドライバーが素早く再スタートできるようになる。これは、AMRインディカー・セーフティチームにとってもメリットとなり、コース上での滞留時間を減らし、結果的にコーションフラッグの数を減らすことでファンエクスペリエンスを向上させ、レースの流れと時間を改善することができるのだ。