ハイゴ-ポルシェは、約30年間行方不明になっていたが、イギリスで発見された。ラリー用ポルシェとして知られるこの一台は、約40年前にディーター・ロッシュアイゼンによって製作された。その後、ヴァルター・ロールらによってセットアップされたレプリカモデルが3台製作されている。

1976年、ロッシュアイゼンはテスト部門のメカニックとしてポルシェに入社。それから4年後にはクラウス・ヘッセとコンビを組んで、国内ラリーや国際ラリーへの参戦をスタートした。「このシーズンで、わたしたちは資金を使い果たしてしまいました。そこでレーゲンスブルクで行われた国際ラリー参戦の祝勝会で、ハイゴ-ポルシェを売ることにしたのです」当時、まだ20代半ばだったロッシュアイゼンは、ドイツを代表するラリー・ドライバーのヴァルター・ロールから、イギリス人のバイヤーを紹介された。

それから30年が経った2009年11月、ロッシュアイゼンに1本の電話がかかってきた。電話の主はイギリスのストーク=オン=トレントに住むスティーブン・デイビス。シェフィールドで1台の車を購入したという。「ボロボロの布で覆われた車を、裏通りにある自動車修理工場で発見したんです」。

ハイゴ・ポルシェ(写真7点)

デイビスが購入したポルシェ 911 SCは、ロスマンズのカラーリングが施されていた。「ガレージに放置されていたため、工場の汚れがこびりついていましたよ」と彼は笑いながら話す。

この車でデイビスは、様々なイベントやラリーに参加した。ある日、ワークショップでロスマンズ・カラーの下にある別のカラーリングについて尋ねられた。もちろん彼は真相を知らなかったのだが、資料を探し、かつてこの911 SCには今とは違ったカラーリングが施されていて、ヴァルター・ロールのドライブでラリーに参戦していたことを発見したのだ。

ロッシュアイゼンは「最初、この車がまだ存在しているなんて信じられませんでした」と話す。「我々のマシンは、特にロールケージのウインドウフレームへの溶接方法が独特でした。1979年、私たちはこのハイゴ-ポルシェをジャンプによるねじれにも耐えられるよう、ラリー専用に作り上げたのです」。当時のポルシェのデザインスタジオで働いていたジンジャー・オステルによるアイデアでカラーリングは施された。



「ジンジャーは911を照明の下に置いて、ペトロール・ブルー・メタリックとグランプリ・ホワイトを車に照射しました。マルクトレドヴィッツ・ラリーが開催されたとき、車をチェックするためにパルクフェルメに向かっていると雪が激しく降ってきました。降り続く雪の光跡とグランプリホワイトのボディが完璧に調和して、信じられないほど美しかったことを覚えています」と、ロッシュアイゼンは振り返る。

デイビスは、写真をもとに911 SCを当時のコンディションへと戻すことを決める。30年近く放置されていたポルシェのレストア作業は2010年に完成し、その年開催された国際的なヒストリックモータースポーツショー「レースレトロ(Race Retro)」で公開された。

「スティーブは私に『君のレーシングスーツもパッキングしたから、一緒に特別なコースを走ろう』といってくれたのです。心に残る瞬間でした。自分の車と二度と会えないと思っていましたから」とロッシュアイゼンはいう。

ドイツに戻ると、ロッシュアイゼンはレストアショップのオーナーである友人のラファエル・デュエスを訪ねた。そこで彼は白い911Gモデルと出会う。彼はデュエスにこのクルマをどうする予定なのか聞いてみると、「特に何もないね。この2年間はずっとリフトの上に置かれっぱなしだよ」と答えたそうだ。

911Gモデルを発見したディーター・ロッシュアイゼンは、2台目のハイゴ-ポルシェを作ろうと思いついたのだ。

ロッシュアイゼンと友人のデュエスに、以前のスポンサーであったハイゴ・オートテクニックのマネージングディレクターであるヘルムート・ヘイルマンが加わり、プロジェクトを立ち上げた。彼らの目標は既存のラリーカーよりも、さらに美しく素晴らしく仕上げることだった。

それから1年半後、プロジェクト"ハイゴ–ポルシェ II"が完成した。そして、セットアップテストの担当ドライバーとして白羽の矢が立ったのが、彼らの旧友ヴァルター・ロールだったのだ。ロッシュアイゼンはレストアしたハイゴ-ポルシェのミニチュアカーを友人に配っていたのだが、そのミニカーを偶然手に入れた男がいた。



「2005年、ディーターがこのミニカーをプレゼントしてくれたのですが、このポルシェが欲しいと、すぐに思ったのです。すごくかっこよかったです」と、語るのはクラウス-ヨルゲン・オースだ。彼はフランクフルトで通信会社を経営しており、ビジネスパートナーのウド・ミュラーと共同でハイゴ・ポルシェを製作する夢を実現することにしたのであった。

プレゼントしてもらってから8年後、2013年に彼らはデュエスにハイゴ–ポルシェ 911 SC RS Evo IIIをオーダーした。これもまた、ロッシュアイゼンとヴァルター・ロールによってセットアップされている。このEvo IIIには最高出力340psを発揮する3.4リッター 水平対向6気筒エンジンを搭載している。1979年のオリジナルモデルより62psパワーアップしている。「ダックテール型のエンジンカバーとターボエクステンションは、FIAグループ4公認パーツが取り付けられています」

かつてヨーロッパ・ラリー選手権やWRCで駆け抜けていたハイゴ-ポルシェは、現在もヒストリックラリーイベントで大活躍している。

セットアップを行ったヴァルター・ロールは、「ラファエル、ディーター、そして私は、いろいろな足回りを試しながら少しずつ開発作業を進めました」と話す。彼はヨーロッパ最大級のヒストリックラリーイベントを併催するエイフェル・ラリーでハイゴ-ポルシェのレプリカをドライブしている。

「エイフェルでは、最新のラリーカーとの比較ができました。Evo IIIは余計な装飾もなく、正しい方向に進んでいることを確信しました。このクルマに座れば、誰もが自分はなんでもできると感じるでしょう。完璧なドライブを披露できるか、できないかだけです」。ウド・ミュラーは「この911をドライブすると、自分とクルマが一体になるんです」と話す。

ハイゴ・ポルシェを生み出す最初のアイデアから40年が経ち、ロッシュアイゼンの夢は再びフィールドに舞い戻ったのであった。