フォルクスワーゲンは、その歴史の中で最も重要な車の75周年を12月27日に祝った。1945年12月27日、ビートルとして知られるタイプ1の量産を開始したのだ。

その日の前に、ドイツのヴォルフスブルクファクトリーとビートルはどちらとも厳しい未来に直面していた。車は第二次世界大戦前に開発されたが、紛争中に製造されたのは630台のみだった。戦後、ヴォルフスブルクがあったゾーンを支配していたイギリス政府は、職員が移動するための車両を必要としていた。当局は1945年8月に工場に2万台の車を注文し、数週間後にその数を2倍にした。



当初の目標は、月に1000台の自動車を生産することだった。しかし当時、原材料と燃料を手に入れるのは困難であった。フォルクスワーゲンは1945年のクリスマスの2日後にタイプ1の量産を開始し、12月31日までに合計55台の車を製造した。車は主に手作業で組み立てられたため、工場は1946年初頭までの月間目標である1,000台に達さなかった。状況が改善するにつれて生産量は大幅に増加。1949年にビートルをアメリカに導入したことで人気が劇的に高まり、アイコン的存在となったのである。

ビートルを作った工場はヴォルフスブルクだけではなかった。生産は、アウディの故郷であるインゴルシュタット、オーストラリア、ブラジル、メキシコ、南アフリカなど、他のいくつかのドイツの工場でも行われた。総生産台数は2150万台を超えるビートルは世界中のファンに惜しまれつつ、2019年に生産を終了している。