レーシングドライバーのリー・キーンは、ルイジアナ州ニューオーリンズのエキジビションホール内でポルシェ・タイカンを時速165.1kmに加速した。そうすることで、彼は閉鎖された建物内における最高速度に達し世界記録を樹立した。

屋内で車両を走らせる最高速度を示すギネス世界記録のタイトルがある。これまでは、時速138.4kmだった。キーンは記録更新を試み、計画を熱心に進めた。彼は記録を破るために安全で速い、信頼できる車を必要としていた。そしてその基準を満たした車は、全輪駆動でグリップを最大化する強力なカーボンセラミックブレーキを備えた、ポルシェのEV タイカンターボSであった。停止状態からわずか2.8秒で100km/hまで加速するパワーを持つ。

【屋内での最高速度ギネス記録!】(写真12点)

適切な建物を選択することも同様に困難だった。ルイジアナ州ニューオーリンズのアーネストN.モリアルコンベンションセンターが選ばれた。100万平方フィートをわずかに超えるコンベンションセンターは、アメリカで最大の隣接展示ホールを誇り、今回の測定には理想的だった。磨かれたコンクリートの床は、高速で走ると氷のようになる。

「最初はこの記録的な試みの規模をちゃんと理解していませんでした。床が非常に滑らかなので、車を完全に信頼する必要がありました。それは本当に氷のようでした」とキーンは振り返る。「しかし、タイカンのシステムがその状況を理解し、まっすぐ進むために稼働しているのを感じることができました。それはとても印象的でした。不安定な床にも関わらず激しく加速することは信じられないほどです」

「屋内でのスピード感は非常に速く、停止するべき壁はすぐに現れました。それでもタイカンのブレーキは想像以上のものでした。私の能力を信頼し、建物内で時速165.1kmの記録更新を実現させてくれたポルシェに感謝します」