スポーツ界のスターが所有していたという車が売りに出されるということは珍しくない。デイヴィッド・ベッカムが所有していたゴージャスなアストンマーティンV8も話題になった一台だった。そして今回は昨年亡くなったディエゴ・マラドーナが所有していたポルシェ964が、オークションに出品されることが分かった。

出品される車は、1992年 ポルシェ911(タイプ964)カレラ2 カブリオレである。シルバーで仕上げられており、ヨーロッパの最終シーズンの真っ只中、1992年11月にマラドーナのもとに納車された。このモデルは964カレラ2 カブリオレ ワークスターボルックモデルで、およそ1,200台しか生産されていない。3.6リッターエンジンは250馬力を発揮し、最高速度は162mphだった。トランスミッションは5速MTを備える。

【マラドーナが所有していたポルシェ】(写真21点)

マラドーナが所有した後、911はマヨルカに住んでいたバイヤーに売却され、そこで20年間を過ごした。現在、走行距離は7万5,000マイルとなっており、美しく保存されている。内側に湾曲した5本のスポークを備えたこの1964年のポルシェカップ1ホイールは今見ても美しいものだ。キャビンも同様にオリジナルで、オレンジ色の針が付いたタコメーター、ブラックレザーのシート、およびこの時代の車ではあまり一般的ではなかったエアバッグが備わっている。

豊かな歴史を持つこのゴージャスなポルシェは、15万ポンドから20万ポンドの間での落札が予想されている。マラドーナファンにとっても、ポルシェファンにとっても魅力的な一台であることは間違いない。