ポルシェジャパン株式会社は、タイカンに多目的のエレクトリックスポーツカーとして「タイカンクロスツーリスモ」、「タイカン4S クロスツーリスモ」および「タイカンターボクロスツーリスモ」の予約受注を3月5日(金)より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始する。

【オールラウンダーのタイカンがついにデビュー!】(写真10点)

ポルシェはタイカンにクロスツーリスモを追加することでフル電動スポーツカーシリーズのモデルレンジを拡大し、持続可能なモビリティの体系的な追求を継続する。タイカン クロスツーリスモは、タイカンのスポーツサルーンと同様に、800Vアーキテクチャーによる革新的なエレクトリックドライブを採用している。さらに、4WDとアダプティブエアサスペンションを備えた新しいハイテクシャシーが、オフロードでも妥協のないダイナミクスを保証する。クロスツーリスモは、後席乗員のために47mm高くなったヘッドルームと、大型テールゲートから積み込み可能な1,200リッターを超える積載量によって、真のオールラウンダーとなっている。

「ポルシェは、2019年の最初のフル電動スポーツカーの市場投入とともに重要なメッセージを発信しました。私達は持続可能なモビリティのパイオニアを自認しており、2025年までにポルシェが提供する全ての新車の半数が電気自動車、またはエレクトリックドライブを搭載するプラグインハイブリッド車になると考えます。2020年には、ヨーロッパで販売した全ての車両の3分の1にエレクトリックパワートレインが搭載されていました。未来はE-モビリティのものです。私たちは、タイカンクロスツーリスモによって、この方向へとさらに大きな一歩を踏み出します」

と、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは、さらに多目的になったニューバージョンのワールドプレミアにおいて述べた。