モータージャーナリストとして第一線を走り続ける山口京一氏による新連載がスタート。「20年来の懸案であった、クルマ、人、自動車産業の話題を綴る。波乱、時に悲劇を交えた劇的な展開から叙事詩と形容したいのだが、その才能に欠けるので、散文となる」と自身は謙遜を込めて綴るが、その長いジャーナリスト人生における人脈と経験は計り知れず、ひたすら尊敬に値する。PART.1のテーマは、サー・アレック・イシゴニス。


タイトルの略"M.M.M."は、『Mini・MINI・Moulton』の頭文字で、クラシック・ミニ、現在にいたるBMW ミニ、そして小径輪自転車モールトンを指す。気恥ずかしいが、英語の子供数え唄、"Eeny, Meeny, miny, moe"をもじり、『いいね、ミニ、ミニ、モールトン』ではじめる。

『それは新しい。それは非凡である。それはシンプルだ』 —ネルソン提督トラファルガー海戦前、作戦計画について
 
それは新型車技術解説としては、新奇、異色で、簡潔な見出しである。大提督ネルソン卿の表現がふさわしい自動車があるとすれば、それは1959年夏、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション、略称BMCが発表したモーリス・ミニマイナー850/オースティン・ミニセヴンであろう。
 
このBMC解説書は、名イラストレーターのセイオ・ペイジと、自動車カートニスト、ラッセル・ブロックバンクのミニひとこまが含まれている。都度、紹介しよう。
 
8月26日、ロンドン南西サレー州チョーバム・テストコースにおいて、開発記号ADO15 (オースティン・ドローイング・オフィスの頭文字と設計順)のメデイア発表・試乗イベントが開催された。イギリスとヨーロッパから集まったメデイア、ジャーナリストたちは、この全長3m強の小さなクルマに驚嘆した。

チョーバム・テストトラックは、ロンドン南西方サレー州にある、森の中の3 . 2 kmコースで、ミニに最適なミニアルプス型サーキットだ。レースは開催されない。
 
やがて"The Mini"として世界的に知られるようになり、2000年夏まで約538万台が連続生産され、20世紀最後の年、英『AUTOCAR』誌の"ザ・カー・オヴ・ザ・センチュリー"に選ばれる(1位がフォード・モデルT、2位がMini)。まさに自動車史のエポックメイキング・カーである。

1959年8月26日、英サレー州チョーバム・テストコースで開催されたADO 15発表試
乗会のアレック・イシゴニ、当初のBMCの2ブランド、オースティン・“Se7en “(セヴンと発音)とモーリス・ミニマイナー。(BMC)
 
そして、ひとりの自動車エンジニアが世界的名声を博した。のちに大英帝国勲功騎士コマンダー、"サー"称号を授与されたギリシャ系イギリス人、アレクサンダー・コンスタンティン、通称"アレック"・イシゴニスは、1906年、ギリシャ・スミルナ、現在のトルコ・イズミルに生まれた。エンジニアであった祖父デモスティニスは、英政府資金投入事業スミルナ・アイディン鉄道建設の功により英国籍を与えられた。


 
イギリスで教育を受けたアレックの父コンスタンティンは、家業を継ぐためにスミルナに戻り、ヴュルテンベルク公国(現ドイツ、バーデン・ヴュルテンベルク州)出身のフルダ・クロコップと結婚した。アレック・イシゴニスは、ベルント・ピッシェツリーダー元BMW会長、元フォルクスワーゲン会長と母系姻戚の従兄弟であった。BMWは、ピッシェツリーダー期に英ローバー・グループを買収、その後の業績悪化で分割売却したが、Miniブランドのみは保持した。現在のMINIに至るR50計画を承認したのは、ピッシェツリーダー博士であった。

1922年9月、ギリシャ・トルコ戦争中のスミルナ大炎上の直前、英海軍は同市在住イギリス人を軍艦で近隣の英領諸島に緊急避難させた。マルタ島のテント生活を余儀なくされたフルダ夫人は、1923年、アレックの将来を憂い、敢えて病床にあった夫コンスタンティンを残してイギリスに渡る決意をする。非常に意志の強い女性で、生涯アレックの庇護者であり、彼の性格に大きな影響を与えたという。
 
戦争で財産のほとんどを失ったフルダは、すでに入学許可を得ていた名門プライヴェート校、オウンドル・スクールを断念し、アレックをバターシー工芸専門学校に入学させた。ロンドン南西部バターシーに所在した同校は、『ロンドンの非・富裕層に高等教育を与える』ために、1891年創立された学校であった。以後、大学認可を受け、現在のサレー州サレー大学に至る。
 
アレック・イシゴニスは、スミルナ時期には、学校教育を受けず、同地の富裕イギリス人在留子女の通例である家庭教師に学んだ。バターシー校で数学試験に3度失敗したとは、多くのイシゴニス伝記に記されているが、知能、才能ではなく、むしろ学校式勉学の知識不足ゆえであった。イシゴニス自身、すっかり数学嫌いになったらしく、「純粋の数学なるものは、すべての創造的天才の敵」とまでいった。バターシー卒業後、イシゴニスはロンドン大学校外課程を終了し、大学卒の資格を得た。
 
1928年、イシゴニスは、ロンドンの設計事務所に設計兼製図エンジニアとして入社した。ここでの仕事を通し、大手メーカー、ルーツ・グループ上級車ハンバーのチーフエンジニアが彼の才能に着眼し、スカウトした。ハンバーは、当時、前輪独立サスペンション開発中で、彼もそのメンバーに加わった。


 
また、イシゴニスはモーターレーシングに熱中し、小型車オースティン・セヴン・アルスターを改造し、ヒルクライム、スピードトライアルなどに出場していた。イシゴニスは、1936年にモーリス社に移るが、ライバルのオースティン社は、彼の新構想レーシングカーのために、ワークス仕様の過給サイドバルブ・エンジンを供与した。1938年に完成したのが有名な"ライトウエイト・スペシャル"で、彼はアルミ表皮、ベニア板サンドイッチ構造ボデイを手叩きでつくり上げた。サスペンションはフロント・ウイッシュボーン、リア・スイングアクスルのフル独立式で、フロントに圧縮、リアに伸び作動ラバースプリングを用いた。リアは、艦載機カタパルト用織布補強ラバーバンドだったらしい。
 
第二次世界大戦前、アレック・イシゴニスが設計製作し、自らヒルクライム、スピードトライアルに出場した超軽量レーシングカー、"ライトウエイト・スペッシャル"。全輪独立サスペンションで、ラバースプリングを用いるが、アレックス・モールトンとの協力以前だ。ジョン・クーパーによると、戦後、ブライトン・スピード・トライアル(1マイル加速レース)で彼のF3クーパーと対決したという。(BMC )

あるレースで、リア・ラバースプリングの枚数を減らしたら、サスペンションがネガティヴ・キャンバーとなり、コーナリングスピードが飛躍的に上がった。イシゴニスのジオメトリー真理の発見であった。エンジンは、アルスターの750ccを移植した。車重わずかに267kgで、そのうちの20%がエンジンだという。
 
イシゴニスは、第二次大戦後もライトウエイト・スペシャルを走らせたが、エンジンはモーリスの実験型OHC を積んだ。このクルマは現在も健在で、英ヴィンテージ・スポーツカー・クラブのイベントに出場していた。
 
ウィリアム・モーリス、のちに爵位授与されナッフィールド卿 ( 1877 〜1963年) は、16歳にして自転車製造修理店を開き、1901年にモーターサイクル製造、1912年には最初の自動車、"ブルノーズ"(ラジエーターが雄牛の鼻に似ていた)・モーリスを製作した。 

モーリス社設立し、英民族系大メーカー、ナッフィールド・オーガニゼーションに育てたウィリアム・モーリス,騎士称号サー・ウィリアム、爵位受勲しナッフィールド卿。1962年にポーズするのは、イシゴニス・コンセプトの第2作、ADO 16 "1100 "のモーリス版。ナッフィールドとオースティンが合併して形成されたBMCは、ロングブリッジ、カウレーにそれぞれの開発センターを維持した。ADO 16はカウレーが開発した。ナッフィールド卿は、ADO 16 "1100 "の発表翌年に死去した。

モーリスは、ライバルの大量生産メーカー、オースティンに対抗すべく、経営不振に陥っていたウーズレー、ライレー社を買収した。さらに、彼の個人趣味としてスポーツカー部門、MG(モーリス・ガラージ頭文字)を設立する。総称、ナッフィールド・オーガニゼーションを形成した。
 
製品、生産面大改革を実行したのが、1923 年にウーズレー入社、32 年にモーリス役員となるレナード・パーシー・ロード、のちに受勲しサー・レナード、そして爵位を受けたランブレイ男爵ロード卿だ。レナード・ロードの手法は直裁的であり、およそ騎士、貴族に似つかない粗野な言葉を使ったという。1935年発表の小型車モーリス・エイトは、「英国フォードYタイプの影響大」と評されたのは、ロードの最短直行アプローチを示す。


 
ロードはアレック・イシゴニスの才能に着目した。1999年、ミニ40周年イベントに来日したイシゴニスの右腕、ジャック・ダニエルスはこう語った。「モーリス時代、レナード・ロードの下には、4人の将来を嘱望されたエンジニアがいた。エンジンのトム・ブラウン、ボデイのエド・ボイル、車軸のニック・カウレー、そしてサスペンションのアレック・イシゴニスだ。1年後に3人が去り、結局、イシゴニスだけが残った」

戦前、2次グループで天与の才を認められたイシゴニスだが、同グループ・チーフエンジニアは彼には実戦型補佐が必要と考えた。イシゴニスの生涯の技術右腕、そして晩年の旧知旧友を排した彼の最後を看取ったのがジャック・ダニエルスだ。(BMC )
 
そのロードも、1938年、もともと性格が正反対で軋轢の絶えなかったウィリアム・モーリスと決別し、モーリスの宿敵、ハーバート・オースティンの会社に走る。驚くべきことに、オースティン本拠ロングブリッジ工場の生産・開発部門は、この粗野な男、レナード・ロードを抵抗なく受け入れた。現場型の馬が合ったのだろう。彼は1939年に新型車オースティン8、10、12HPを矢継ぎ早に打ち出し、成功を収めた。
 
ダニエルスは続ける。「ナッフィールドの新技術ディレクターとして着任したウーズレー出身のA. G.オークは、イシゴニスに大いなる可能性を見出した。しかし、経験不足の彼には右腕となる設計エンジニアが必要だとも感じた。オークは、私にイシゴニスと組むよう提案した」と。
 
ジャック・ダニエルスこそ、イシゴニスの天才的発想を図面、製品としてまとめ上げた卓越した設計、実践エンジニアとであった。来日の際、彼自身の言葉で、「どうゆうわけか、イシゴニスと私は、"gelled together"、ゼリーのようにぴったり息が合ったのだ」また、こうもいう。「イシゴニスはインスピレーション啓示型、私はパースピレーション汗かき型なのだ」

DO15発表会でエンジンルームを覗き込むのは、レナード・パーシー・ロードBMC会長。イシゴニスのADO15 、16 、17 の大・中・小プロジェクトの仕掛け人だ。1896年に工業都市、コヴェントリーの庶民の末子で、工業高校から軍需産業で生産技術を習得し、ウーズレイからモーリス/ナッフィールドに移る。モーリスで頭角を現すが、ウィリアム・モーリスと軋轢が絶えず、ライバルのハーバート・オースティンの会社に移る。英産業への貢献から騎士称号、そして爵位を受け、ランブレー男爵となる。(BMC )
 
ダニエルスは15歳にしてMG社最初の有給実習社員として入社した(当時は、技術習得のため、無給年季奉公が普通だった)。彼は名エンジニア、H.N. チャールズの薫陶、指導を受け、設計の才能を発揮する。ダニエルスは、1935年のMG野心作で、SOHCエンジン、Y字形バックボーンフレーム、トーションバー全輪独立サスペンション採用したレーシング・モデル、R タイプの全図面を描いた。
 
第二次世界大戦中、イシゴニスは空挺部隊がパラシュートで落下させる1人乗りカートなどの戦時プロジェクトに専念した。一方、ダニエルスは、ナッフィールド・グループが受注した超大型戦車トータース(亀)のために、32本のトーションバーを用いた複雑なサスペンション設計をした。この戦車は、大き過ぎて実戦には向かなかったという。

ジャック・ダニエルスは、巨大戦車"(亀)"の32本のトーションバーを用いたサスペンションを設計した。6台試作されたが、大きすぎて実戦には使われなかった。
 
1943 年からはイシゴニス・ダニエルス・コンビは、戦後を見据えた小型車計画"モスキート(蚊)"に着手する。戦後のナッヴィールド・グループからのちのBMCに至る長期の大ヒット作、モーリス・マイナーとなるプロジェクトである。


文・写真:山口京一 Words and Images: Jack YAMAGUCHI