この限定版のアストンマーティン・ヴァンテージは、60台生産されたヘリテージ・レーシング・エディションのなかでも、「ガルフ・ブルー」で仕上げられたわずか12台のうちの一台という、非常に希少なモデルである。ル・マンで優勝したDBR9に敬意を表したカラーリングで、香港には1台のみが新車でデリバリーされた車両だ。新車時の定価は348万香港ドルだったというこの限定車が、野生生物と環境問題を支援するため、香港とマカオのアストンマーティンのディーラーであるMF ジェブセン・グループから寄贈された。

【超希少なガルフ・カラーのアストンマーティン・ヴァンテージ】(写真2点)

現在、このヴァンテージはザ・ペニンシュラ香港で展示されており、5月7日から6月5日まで実施されるボナムスのオンラインオークションに特別に出品されている。購入希望者は、6月5日(土)18時のオークション終了時まで入札を行うことができる(最低価格は90万香港ドル)。収益はカドリーファームと植物園に寄付され、絶滅危惧種の保護と地域の生態系の回復のためのプロジェクト資金として活用されるとともに、自然保護を主な目的としてピックアップされた慈善団体のリストから、落札者が選択した団体へも寄贈されることになる。セールのより詳しい情報と入札登録方法については、bonhams.comを参照のこと。

貴重なヒストリックカーのオークションを主催することで世界的に有名なボナムスが、香港で自動車のセールをおこなうのは今回が初めてのことである。ボナムス・グループのマルコム・バーバー共同会長は、次のようにコメントしている。「ボナムスがこれまで長い間取り組んできた市場である香港に、コレクター向けの自動車サービスを拡大できることをうれしく思います。このエキサイティングな瞬間は、MFジェブセンとザ・ペニンシュラの価値あるサポートのおかげであり、大変意義深いことだと思っています」