1983年、イタリア空軍フレッチェ・トリコローリのために開発された、クロノマット。これは、クォーツ時計が盛り上がっていたところに機械式時計復活へのムーブメントを生んだキーポイントとなる出来事である。

その約40年後、さらにあらゆる要望に応える万能な時計として、クロノマットB01 42は生まれ変わった。そして今回、クロノマットB01 42から、日本のマーケットだけのために作られた特別限定モデル「クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール」が発売された。

【日本限定モデルの拡大写真を見る】(写真3点)

新しいクロノマット・コレクションでは初となるマザー オブ パールを採用し、美しい真珠母貝の文字盤を持つ本モデル。サブダイヤル部分はブラックにカラーリングし、落ち着いた色味がエレガントな雰囲気を醸し出している。

搭載されるムーブメントは、頼性における最高の認定基準である COSC公認クロノメーター、キャリバー 01を搭載。また、12時間積算計の上部には、特別モデルにのみ与えられる“Special Edition“の文字が刻まれている。

クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール
ブライトリング自社開発製造キャリバー01、直径30mm 厚さ7.2mm、両方向巻き上げ式の自動巻構造、約70時間パワーリザーブ、コラムホイール式、垂直クラッチ、30分時計、12時間積算計、COSC公認クロノメーター、ブラック マザー オブ パール &スーパールミノバ 蓄光塗料を塗布した時針と分針
価格:116万円(税込)

ブライトリング
http://www.breitling.com/