「マセラティ フオリセリエ」は、自分好みにユニークなオーダーができるマセラティのユニークなカスタマイズプログラムであり、先日発表された藤原ヒロシ氏によるデザインプロジェクト「フラグメント(fragment design)」とのコラボレーションが記憶に新しい。今回、フオリセリエから発表されたのはマセラティのブランドアンバサダーであり、モデナで生まれ育ったイタリア料理界のスターでもあるマッシモ・ボットゥーラがカスタマイズしたレヴァンテ トロフェオだ。同じエミリア地方を出自とする両者によって生み出されたのは、クリエイティビティ、表現の自由、鮮やかな人生を映し出した限りなくアーティスティックなものだ。

【泥はねを鮮やかなアートで表現した、ポップなマセラティ レヴァンテ】(写真7点)

マセラティ初のSUVとして登場したレヴァンテのハイエンドモデルであるトロフェオは、580psのV8エンジンがもたらすパフォーマンス、運転の楽しさ、スピードの全てを兼ね備える。今回のフオリセリエによるブルー・ストラダーレの外装にはマルチカラーのスプラッシュが施され、インテリアインサート、センターコンソール、ダッシュボードにもその意匠は採用されており、あらゆる観点から創造性を爆発させたマセラティとなっている。

マッシモ・ボットゥーラがこの車で表現したのは、レヴァンテのオフロードでのドライブから生まれるアクションペインティングのようなものだ。モーターバレーで育った彼は、かつて兄たちとともにヴィンテージカーでエミリアの田園地帯を走り回っていた。このような冒険的な日々の終わりには、車のボディは泥のしぶきで覆われ、「レースの傷跡」となっていたのだ。人生もまた同じようなもので、個々人がそれぞれの冒険の主人公となり、経験によって変化し、出会いによって形作られ、勝利と敗北を繰り返して強さを手に入れ、文化という鮮やかな色によって彩りを得る。そして最終的には、私たちは自分自身のままでありながら、何か違うものになっているのだ。この教訓を心に刻むために、マッシモ・ボットゥーラはオフロードレースの後、何日も車の泥を洗わないことを習慣にしていた。汚れでさえ美徳とするボットゥーラの繊細な感性のもと、この特別なレヴァンテ トロフェオは生まれたのだ。

マッシモ ボットゥーラによるレヴァンテ トロフェオ フオリセリエ・エディションは、7月1日よりモデナで開催されるモーターバレーフェスト2021で発表された。マセラティ フオリセリエプログラムとマッシモ ボットゥーラが共有する創造性のコンセプトを体現したこのモデルは、さまざまな経験を許容する創造性、美しさに対する繊細な感受性、そして人生の旅路における他者との出会いを通じて本当の自分を発見しようとする意志を表現したものに他ならない。また、フオリセリエコレクションは、今後もそのバリエーションを拡充していく見込みで、さらに完全なオーダーメイドの要望に応える「Sartoria」ラインも追加される予定だ。