革新的なデザインや素材を起用し、現代的でスタイリッシュなウォッチを生み出すリシャール・ミル 。今回発表した新作モデルは、メゾンのアイコン的コレクションであるRM 07-01の限定モデル「RM 07-01 オートマティック カラーセラミックス」である。

【楽しい!かわいい!カラフルで華やかなリシャール・ミルの新作】(写真6点)

最先端の技術を駆使したセラミックスを採用し、ギヨシェを施したマテリアルの文字盤が輝きを放つ、美しいこのモデル。
16世紀に起源を持つ装飾技法であるギヨシェは、伝統に則り手回し旋盤で切り出された1本1本の線が、 交差したり重なったりし、グラフィカルなモチーフを作り出すというもの。その技は、修行を積んだ職人でないとなし得ない繊細な作業を必要とする。

また目を引く鮮やかなカラーにも注目したい。本モデルには、TZPピンク セラミックス(セルリアンxライラックのラバーストラップ)、TZPラベンダーセラミックス(コー ラルxタンジェリンのラバーストラップ)、TZPブルーセラミックス(オリーブxアクアのラバーストラ ップ)という3つのカラーバリエーションが用意されており、これらはマイアイミにあるアール・デコ建築にインスピレーションを受けているのだという。

バイカラーを組み合わせ、エネルギッシュな華やかさを備えたこのモデル。手仕上げのギヨシェ彫りを施した文字盤の輝きとを備える爽やかなRM 07-01の新作は、リシャール・ミルの時計の中でも最も楽しい3つのモデルと言えるだろう。

RM 07-01 オートマティック カラーセラミックス
自社開発キャリバー CRMA2、45.66 x 31.40 x 11.85mm (ムーブメントサイズ:29.90 x 22.00 x 4.92mm)、50m防水、ラバーxセラミックスxギヨシェ(RG)ダイヤル、25石、振動数28,800vph、パワーリザーブ約50時間、世界限定各50本
価格:1820万円(税別)


リシャール・ミル
www.richardmille.com