自宅で過ごす時間が増えている昨今だが、オクタン読者の皆様は家で自動車に触れて、眺めて、うっとりする。そんな休日をお過ごしではないだろうか。今回は、見ても触れても乗っても楽しい、遊び心を刺激するような、大変魅力的なメルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲンを紹介したい。東京タワーのふもと、東麻布にショールームを構える輸入車販売店「AUTO DIRECT」に入庫した1990年 250GD ウルフだ。

【無骨だけどスタイリッシュ!人とは違うゲレンデに乗りたいならおすすめの1台】(写真24点)

モデルコード「W461」のゲレンデヴァーゲンは、通称“ウルフ“と呼ばれている。ドイツ軍がこれらの特定の軍用車に対して与えたコードネームに由来しており、ウルフの名がつくには折り畳み式のフロントガラスであること、オープントップであること、250GDであることといった条件が必要だ。

1989年にシャシーを大幅に更新し、フロントエンドを変更した新型W463が登場した後、W460の生産は1991年に終了、W461に切り替わった。W461は、W460と基本的に同じシャシーを持ちながら、パワートレインはW463、ボディはW460のものを採用している。W463がより快適で優れたドライビング・ダイナミクスを求める消費者を対象としているのに対し、W461は特に軍、公共機関、非政府組織向けに作られている。

250GDは、1981年にアルゼンチン軍に正式に軍用車として採用されて以降、オーストラリア、スイス、NATO、国連、ドイツと世界各国で正式採用されてきた。泥や岩、水中や雪など、あらゆる状況に対応できるように作られている。今回の車両はNATO軍で使用されていた250GDをフルレストア、ボディはもちろん、サスペンション、フレーム、エンジン、ミッション、クラッチ、ブレーキなど、およそ1000時間をかけて新車当時を超えるコンディションを復活させた1台となっている。リアにはスペアタイヤ、ジェリカンも装備され、ロングドライブにも出かけることができる。

外装色は思わず二度見してしまいそうなソーラービームイエロー×ブラックのユニークなカラーリング。ヘッドライトまわりやグリルはオプションでブラックがセレクトされている。内装には色味のマッチしたブラウンビニールを採用。リアのフロアにはウッドを使用し、高級感と落ち着きを感じる空間となっている。

オープンエアでの解放感も抜群なこの250GDウルフは、メルセデス・ベンツ Gクラスを専門に手掛けるアメリカのプロフェッショナルチームによりレストアが施されている。レストアチームの豊富な知識と情熱、技術のもと、この車両は1000時間近くかけて作られた、まさにオーダーメイドのマスターピースだ。

輸入車販売においてトータルで質の高いサービスを展開しているオートダイレクトでは、空冷ポルシェや特別仕様のビスポークポルシェ、アストンマーティンを中心に新車からヴィンテージカーまで幅広く取り扱っている。大規模な専用駐車場での徹底した管理、日ごろのメンテナンスはもちろん、レストアの相談や保険適応、24時間警備のストレージサービスまで、トータルでカーライフをプロデュースしている。今回の250GD ウルフが気になった方は、気軽に問い合わせてみてはいかがだろうか。

他にもたくさんの写真を掲載しているため、こちらの画像ギャラリー【全24点】をチェックしてほしい。


AUTO DIRECT
〒106-0044 東京都港区東麻布1-13-2
営業時間:火〜土 10:00 - 18:00 日・祝日 11:00 - 18:00
定休日:月曜日
TEL:03-5573-8777
https://www.auto-direct.jp/