高精度なメカニズムを心臓部に組み込んだ、ブルガリの新作「オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン」は、飛翔する蝶からインスパイアされたメタファーを思わせる機構を採用したモデル。針を支える円盤の上に2本の独立したひし形の針を配置。この針は動きながら格納される仕組みになっており、オート オルロジュリーの世界では他にない機構となっている。

【ブラックとゴールドカラーのツートンカラーが美しいモデル】(写真6点)

また、それぞれの針は回転しながら180度の半円状のミニッツトラックを交互に指し示す。そして12時の位置にあるジャンピングアワーの窓が時間を表示する一方で、2本の分針が順番に分を表示する仕組みだ。

最も格調高い複雑機構のトゥールビヨンにこの特許取得済みのパピヨンを組み合わせたブルガリの新作モデル。美しくスムーズな複雑機構によって刻まれる“時間“を、腕に乗せて楽しんでみるのもいいだろう。

オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン
BVL 332フライングセントラルトゥールビヨン、機械式マニュファクチュールムーブメント、手巻き、セントラルフライングトゥールビヨン、ジャンピングアワー、パピヨンミニッツ表示、ブラックマットダイアル、ピンクゴールド製パピヨンシステム、毎時21,600振動、パワーリザーブ約60時間、50m防水、2021年10月発売予定
価格:1480万6000円 (税込・予価)


ブルガリ
https://www.bulgari.com/ja-jp/